Colorful Instagram

インスタグラム内の動画再生回数が分かるように!、などなど[今週のInstagramニュース] – 2016/02/19

こんにちは!Colorful-Instagram編集部 Curatorのmichelleです。今週、話題になっているInstagramトピックをキュレーションしてお届けします。
忙しいインスタグラマーのために、Instagramニュースを3分ぐらいでサクッとまとめ読みできるコンテンツになっていますので、一週間のキャッチアップにどうぞご利用ください!

前回のまとめニュースはこちらから

インスタグラムが複数アカウント機能をテスト中!?、などなど[今週のInstagramニュース]

インスタグラムが複数アカウント機能をテスト中!?、などなど[今週のInstagramニュース] – 2016/02/05


インスタグラム内の動画再生回数が分かるように!

インスタグラムは過去6カ月の間に動画再生時間が40%以上も増えているニーズに応え、動画の再生回数が確認できる表示に変更になったようです。3秒以上、動画コンテンツを再生した場合に1回とカウントするようですね。いいね数が表示されていたところが置き換わる形です。いいね数をみるには、再生回数の表示をタップすると従来通り確認することができるようです。

インスタグラム、動画の再生回数表示を開始
参考:インスタグラム、動画の再生回数表示を開始
http://markezine.jp/article/detail/23911

インスタグラムの傾向でグラミー賞を大予想!?結果はいかに??

2月16日(現地時間15日)グラミー賞の発表が行われ、7部門にノミネートされていたテイラー・スウィフトがグラミー史上初の2度目の年間最優秀アルバム賞を獲ったと話題騒然でしたね。
毎年、大注目のグラミー賞ですが、インスタグラムの傾向からグラミー賞を予想したサイトがあり、そういう側面かもインスタグラムが使えるのだなと目からウロコでしたのでご紹介&答え合わせしてみました!

 


【年間最優秀楽曲賞】
1. Blank Space – テイラー・スウィフト(@taylorswift)
2. Thinking Out Loud – エド・シーラン(@edsheeran)
3. See you Again – ウィズ・カリファ(@realwizkhalifa)
↑エド・シーラン 『Thinking Out Loud』でした。惜しい!

【年間最優秀アルバム賞】
1. 1989 – テイラー・スウィフト(@taylorswift)
2. Beauty Behind the Madness – ザ・ウィークエンド(@abelxo)
3. To Pimp a Butterfly – ケンドリック・ラマー(@kendricklamar)
↑大正解!

【最優秀ロック・アルバム賞】
1. 『Hold Back the River』 – ジェイムス・ベイ(@jamesbaymusic)
2. 『Ex’s & Oh’s』 – エル・キング(@elleking)
3. 『What Kind of Man』 – フローレンス・アンド・ザ・マシーン(@florence)
↑ミューズ『Drones』、全然違いました!

【最優秀ラップ・アルバム賞】
1. 『The Pinkprint』 – ニッキー・ミナージュ (@nickiminaj)
1. 『Compton – ドクター・ドレ―(@drdre)
2. 『To Pimp a Butterfly – ケンドリック・ラマー(@kendricklamar)
↑ディアンジェロ『Black Messiah』とこれもかすってもいないですねー。

結果、あまり当たってはいないようですね。インスタグラムでの人気と実際の受賞にかかわる評価は違うと言ったところでしょうか? ここに掲載した以外にも予想が載っていますし、グラミー賞受賞者リストも掲載しておきますので、ぜひ気になるアーティストや部門をチェックしてみてください。

グラミー賞受賞者完全リスト
出典:http://www.rollingstonejapan.com/articles/detail/25432



参考:グラミー賞直前!インスタグラムで見る受賞者予想!
http://www.qetic.jp/web-app/174741/174741/

らぶりつ?ジードラ?エゴサ??若者がよく使うネット用語を知ってますか?

様々なジャンルの若者のネットリテラシーにフィーチャーする若者生態バラエティ番組「みんなのクラウド教室 イケメン編」が計4回配信されるとのこと。その中のコーナーとしてネットリテラシークイズが出題され、イケメンの出演者が答える形式の番組のようです。その配信にあたり実施された特別アンケートがいろいろ衝撃なのでご紹介します。

 

らぶりつ・ジードラ・エゴサ・若者がよく使うネット用語!

若者たちに「よく使うネット用語は何?」という質問の回答がこちら。エゴサーチすら略すんだ…と白目になりました(苦笑)

■らぶりつ ・・・ツイッターの機能である、「ハート+リツイート」のこと
「#らぶりつください」のように、いいねとリツイートをしてほしいときに使うとのこと。

■ジードラ・・・ネット上のサーバーにデータを保存するサービス「Google Drive」の略
大学生がサークルなどの資料や画像などのやり取りで使うようです。

■エゴサ・・・・・エゴサーチの略
インターネット上で、自分の本名やハンドルネーム、運営しているサイト名やブログ名で検索して自分自身の評価を確認すること。

その他、イマドキの若者たちはYahoo!やGoogleを使わないなど、興味深い結果が盛りだくさんです。

参考:Yahoo、Google検索なんてもう古い!?イマドキ若者はTwitter・Instagramで検索!ネットでは「らぶりつ」「ジードラ」「エゴサ」が流行!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000011944.html

Twitterの伸び悩みはInstagramが伸びてきているから?

記事によると「TwitterはもともとPCでの使用を前提に作られたサービス」で、Instagramの投稿はそもそもスマホからしか出来ないなど、スマホでの使用を前提に作られたサービスという点が大きいのではないかと分析。
Twitterでは「役立つ投稿」をするとフォロワーが増えるがSNSが「情報収集」のために使われているから。しかしInstagramは趣味・嗜好が近い人をフォローする点が気軽で、「ビジュアルで勝負できる」ので、ビジネスとしての使い方もインバウンドのお客様を取り込むなら絶対にやるべき、とのこと。
「たぶんアニオタとか、コスプレーヤーが始めたら海外からかなりフォロワー付くと思う。」とも書いてますが、私もそう思います!

参考:Twitterが限界なのは、Instagramとの比較をしてみるとよくわかる
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=25169

 

It’s embarrassing to be seen without make-up!(すっぴんだから恥ずかしいわ!)

明るくて、ちょっぴりあわてんぼう。 “永遠の小学5年生” リカちゃん人形のSNSがアツいのですが、こんな小学生いたら絶対嫌だ…というぐらいセレブ感が溢れているインスタグラムになってます。

さて、そんなリカちゃんの公式アカウントがある日インスタグラムに投稿した1枚の写真。「すっぴん写真」を大公開! って、どっから突っ込んでいいのやら。

ちなみに彼女は主婦の強い味方”クックパッド”にもアカウントを持っているのですが、公式写真のヘアスタイルとか「どこの有閑マダムだよ!」としか言えない風貌のアイコン写真で、おばあちゃん直伝のキュウリの浅漬からマイメロ型のイチゴムースなど、これまた小学生とは思えないクオリティの料理写真をアップしまくってますので、昔リカちゃんで遊んだな〜というアナタはご覧いただきツッコミをいれてあげてください。
リカちゃんのキッチン(公式) − クックパッド

参考:リカちゃんがインスタグラムで「すっぴん写真」を大公開! ってアナタ……たしか小学5年生だよね?
http://youpouch.com/2016/02/11/335072/

  • Tags: