Colorful Instagram

山形には、あなたの知らない「さわやかな魅力」がたっぷり!

東北の観光地と言ったら、どんなところを思い浮かべますか?政令指定都市の仙台市、日本三景で有名な松島、金色堂で有名な平泉の中尊寺など様々な名所を思い浮かべると思います。その際、新幹線や飛行機で仙台に入り、仙台を拠点にして観光するというケースが多いですし、ツアーもそういったプランが多くあります。このとき、仙台駅から高速バスでわずか1時間、本数も1時間に4〜6本、片道1000円弱という山形を選んでみてください。観光地も、風景も、食も、すべてそろっている山形に、きっとあなたもファンになることでしょう。

霞城セントラル

山形駅に到着して、まず訪れてほしいところが霞城セントラルです。山形駅から直結している24階建の高層ビルで、最上階には無料で入れる展望ロビーがあります。足下にはビルの名前にもなった「霞城」つまり「山形城」の城跡や、新幹線も到着する山形駅が見えます。また、山形市中心部の繁華街や、スキー場や温泉で有名な「蔵王」の眺めも雄大に広がります。昼だけでなく夜景も美しいのが特徴で、夜の帳が下りると一挙にムードある雰囲気に変わります。四季折々で表情も変わり、空気の澄んだ冬は一面雪景色の美しい展望が広がります。

【名前】霞城セントラル
【住所】山形県山形市城南町1-16-1
【電話】023-647-7211
【営業時間】7:00〜22:00

山形市郷土館

霞城セントラルで市内を一望した後は、足下に広がる「霞城公園」に行ってみましょう。山形市は戦争で空襲を受けなかったので、明治時代の建物がたくさん残っています。その一つが、明治時代に県立病院として建てられた「山形市郷土館」です。西洋風をイメージして建設された「擬洋風」の建物で、柱、らせん階段、ロビーの吹き抜けなど、至る所に和風テイストが盛り込まれている独特のセンスが特徴です。情報が乏しかった時代の建築家が完成させた美しいこの建物は、国の重要文化財に指定され、なんと無料で楽しむことができます。

【名前】山形市郷土館(旧済生館本館)
【住所】山形県山形市霞城町1番1号
【電話】023-644-0253
【営業時間】9:00~16:30

霞城公園

市民の憩いの場にもなっている霞城公園は、山形城の二の丸のお堀の内側一帯の広大な公園です。一辺が500メートルもの大きさで、はるか上空の宇宙空間に浮かぶ人工衛星が写した写真を見てもわかるくらいの広さです。
霞城公園が一番美しいのは桜の季節で、山形県内の中でも屈指の人気を誇ります。およそ1500本もの桜が咲き誇り、夜になると石垣からこぼれんばかりの桜がライトアップされます。お堀の水面にもその姿が映り、幻想的な風景が広がります。そのほとんどが樹齢100年のソメイヨシノですが、樹齢600年のエドヒガン、新品種のヤマガタカレン(山形霞憐)など多種多様な桜も楽しめます。

【名前】霞城公園
【住所】山形県山形市霞城町1-7
【電話】—
【営業時間】5:00~22:00 (12月~3月は、5:30~22:00)

山形城跡

かつて、日本で5番目に広い敷地面積を持っていた山形城。三の丸までの面積は、姫路城を上回る広さでした。国指定の史跡であり、日本百名城にも数えられています。少しずつ復元工事が進んでいますが、山形城で最も有名なのは、二の丸の大手に位置する「二の丸東大手門」です。広大なお城にふさわしく、立派な大きさであるのが特徴です。また、そのそばには、山形城を整備した最上義光の騎馬像が建立されています。かつて上杉軍が攻めてきたときに、義光自ら陣頭に立って決戦の場へ向かう勇壮な姿を再現したものです。全国の武将騎馬像の中でも特に美しいと言われています。

【名前】霞城公園
【住所】山形県山形市霞城町1-7
【電話】—
【営業時間】5:00~22:00 (12月~3月は、5:30~22:00)

東沢バラ公園

山形市から、北へ進んでみましょう。バスで1時間強、在来線だと40分くらい乗ったところに「村山市」というのどかな町が広がります。ここに、日本有数の規模を誇るバラ園と、3つの湖が広がる美しい公園があります。東京ドーム10個分(7ヘクタール)の広さに、世界各国の750種類のバラ2万本が咲き誇ります。バラまつりが行われる6月上旬〜7月上旬と9月上旬〜10月上旬には、イベントも盛りだくさんです。
風景が美しいだけでなく、香りが素敵なことでも人気です。平成13年には環境省から「かおり風景100選」の認定を受け、平成27年には「恋人の聖地」にも認定。きれいな写真だけでなく、一生の思い出になるかもしれませんね。

【名前】東沢バラ公園
【住所】山形県村山市楯岡東沢1-25
【電話】0237-53-5655
【営業時間】9:00〜16:00(売店、バラ交流館)

ろば珈琲

山形市内のカフェの中でも有名なのが、山形警察署の前にある「ろば珈琲」です。入り口にはかわいいロバが描かれたお店の看板があって、自家焙煎のおいしいコーヒーを出してくれます。店主は世田谷にあるコーヒーの名店「堀口珈琲」で修行し、山形でお店を構えました。器にもこだわっていて、有田焼の素敵なカップとソーサーです。県内外の人たちがひっきりなしにやってくる人気店で、店内にはゆったりくつろげるテーブルが3席。北国・山形のさわやかな風とともにコーヒーを楽しめるテラス席もありますよ。

【名前】ろば珈琲
【住所】山形県山形市南原町1-27-24
【電話】023-673-9369
【営業時間】10:00〜19:00(月・火は休み。祝日のぞく)

さいごに

仙台を拠点にして東北観光の一環として山形に訪れるのも一つですが、一日では回りきれないほどの素敵な風景や体験ができるのが山形です。今回は6カ所を厳選してご紹介しましたが、山形県は、すべての市町村に温泉があって、海の食べ物も山の食べ物も豊富なところ。紹介しきれないほどの魅力が詰まったところです。山形新幹線に乗れば東京から一本。大阪や札幌、名古屋からは飛行機で直接アクセスできます。旅の目的地を山形にしてみませんか?