【colorful – マーケティング】個人アカウントの参考インスタグラムアカウント

昨今では数多くのインスタグラム達が誕生し企業達はビジネスに関して注目しています。そんな絶好の機会に個人アカウントとしてインスタグラムアカウントを成功させたいので参考になるアカウントはたくさんあります。

自分のアカウントと比較してどこを改善するべきかしっかりと分析を行うことが大事です。今回の記事ではアカウントの運用としてNG例、OK例と個人アカウントの参考にしたいインスタグラムアカウントを紹介していきます。

個人アカウントのNG例 OK例

まずはNGの例から説明します。並べてみたときに全体が揃っていない、統一感がない、何をしている人なのか、何を伝えたいのかわからないというようになんの特徴もないようなのはNGになります。

この人といえばこれ!というようなブランディングができていないので、この運用を続けてもユーザーからはこの人は何系の人なのかも伝わらないのでフォロワーを獲得するのが難しくなってしまいます。

OKな例をみてみますと、アカウントに統一感がでています。色味であったり、写真の方向性が定まっているので、パッとみたときにカチッと揃っています。

ここですごく重要なのが、この人といえばこうだよねというイメージを思ってもらえるようなブランディングを成功させることです。例えば、「カップル」「オシャレ」「ファッション」というのをパッと見でも投稿をみてイメージを伝えることがポイントです。このようなイメージを意識して投稿を行いましょう。

個人アカウントの参考にしたいアカウント

@tomoyoshi_takada

男性のファッション系のインスタグラマーの方が参考にして欲しいのがこちらです。日本の方なんですが、ファッショナブルでスタイリッシュなイメージであり、全ての投稿はご自身が洋服を着ているコーディネート写真になっていて統一感があります。日本の男性のインスタグラマーは例としてあまり多くないのですが、こちらはフォロワーも多く参考になるポイントが非常に多いです。

@001y_k_

こちらは旅行、ファッション系の女性のインスタグラマーのアカウントになります。ストーリーがハイライトに上手にまとまっていたり、日常のストーリー投稿、共感できる文章が上手に書かれているので是非参考にしてみてください。

@halno

こちらはホウキにまたがってジャンプをしている様子の写真を国内、世界中で撮影して投稿されているアカウントです。全ての投稿は絶対ホウキにまたがって写真をとっています。こういったようなものがブランディングになるんだなと参考になるのでチェックしてみてください。

上記のアカウント等を是非参考にして、自身のアカウントのブランディングやインスタグラムの活用に役立ててみてください。

最後に

今では国内のインスタグラム利用者が3300万人を突破しています。それだけ利用者がいればフォロワーを集めるのは簡単だと思う人もいるかもしれませんが、実はその正反対なのです。多くのユーザーが存在しているからこそ埋もれやすくなってしまいます。この記事で紹介したアカウントを参考にして埋もれないようなアカウント作成を目指しましょう。