Colorful Instagram

沖縄県宮古島でおすすめの絶景スポットと人気カフェ

憧れの南の島、沖縄県宮古島。旅先で素敵な写真をたくさん撮って、インスタグラムでちょっぴり自慢したいですよね。
太陽の光を受けて輝く真っ青な海、まぶしいほど白い砂浜。海風になびく髪。そして海をのぞむカフェでは美味しいスイーツと一緒に記念撮影。
今回はそんなインスタ映えするスポットをご紹介します。さあ、日常を忘れて楽しんじゃいましょう。

与那覇前浜ビーチ

ここ、沖縄県宮古島の与那覇前浜(よなはまえはま)ビーチは、宮古島で最も人気のあるビーチのひとつです。「東洋一美しい!」とも言われていて、透明感のある鮮やかな青と、7kmの長さを誇る白い砂浜との対比がとても綺麗。
砂浜の白さは、光を反射してレフ板の効果もありますので、肌を美しく見せてインスタ映え間違いなしです。向かいの来間島まで繋がる来間大橋も旅情感たっぷり。
運が良ければ、海上の青空を飛行機が横切ることもあるので、そんなシーンを写真におさめるのも素敵ですね。

【名前】与那覇前浜ビーチ
【住所】沖縄県宮古島市下地与那覇1199番

伊良部大橋

伊良部大橋(いらぶおおはし)は、沖縄県宮古島と伊良部島とを結んでいます。全長3,540m。なんと、日本一長い橋なのです。
島側から海のむこうへ伸びる橋を写真におさめた後は、いざ橋へ。橋の上は駐車禁止になっていますので、徒歩や自転車が良いでしょう。
橋の途中から眺める海は限りなく青く、旅ならではの非日常を味わうことができます。橋には起伏があって、坂道を上った最も高い場所が絶景スポットです。
また、宮古島から大橋への入り口付近には「島の駅んみゃ~ち」があり、その屋上からの景色もおすすめです。

【名前】伊良部大橋
【住所】沖縄県宮古島市平良久貝

soraniwacafe

沖縄県宮古島から伸びる伊良部大橋を渡って伊良部島へと足を延ばしてみましょう。そこにはとてもお洒落なホテル併設のsoraniwacafeがあります。
もちろんカフェ利用のみでもOK。テラス席で海風を肌に感じながらのんびりするのも良いですが、海に面した側は全面ガラスになっていますので、2階席から海と空を眺めるのも最高です。インスタ映えもバッチリです。

【名前】soraniwacafe
【住所】沖縄県宮古島市伊良部字伊良部721-1
【電話】0980-74-5520
【営業時間】木~火:11:30〜18:00
(季節により木曜が休みや長期休暇の場合があります)

aosoraパーラー

aosoraパーラーは、沖縄県宮古島から西に延びる来間大橋を渡った来間島にある、人気のオリジナルスムージー専門店です。一番人気は、契約農家で栽培されたマンゴーを使ったマンゴースムージー。
その他にも15種類以上、ビタミンたっぷりのスムージーがあります。美味しくて体に良いだけじゃなく、どれもカラフルで見た目がとても可愛いのです。思わず写真に撮りたくなること請け合いです。

【名前】aosoraパーラー
【住所】沖縄県宮古島市下地来間104-1
【電話】0980-76-3900
【営業時間】10:00~18:00(不定休)

島バールsanufa

沖縄県宮古島のパイナガマビーチの近くにあるピンクの建物。そこが島バールsanufa(サヌファ)です。お昼はお洒落なカフェ風のランチを食べることができますが、夜になるとまた違う雰囲気に。美味しい料理とお酒で心も体もリラックスできます。泡盛を使ったオリジナル・カクテルもあり、沖縄ならではの味を楽しめます。店内の水色の壁も素敵なので、綺麗色のカクテルと一緒に写真を撮りたくなります。

【名前】島バールsanufa
【住所】沖縄県宮古島市平良下里52-1
【電話】0980-72-1777
【営業時間】金~水:12:00〜15:00、18:00〜翌1:00

下地島

沖縄県宮古島から伊良部島へ渡り、またその先の橋を渡ると、下地島に到着します。
ここは小さな島ですが見どころいっぱい。まず有名なのが、空港進入灯を設置した赤い桟橋です。海の青とのコントラストが美しく、人気の写真スポットになっています。
そして島の西にあるのが「通り池」です。長年の浸食で鍾乳洞の天井部分が落ちてしまい、池になったといわれています。
また、島の北側の断崖絶壁には「フナウサギバナタ」という渡り鳥を模した展望台があります。ここからの眺めはまさに絶景。水平線をバックにした記念写真がおすすめです。

【名前】下地島
【住所】沖縄県宮古島市下地島

さいごに

今回は、沖縄県宮古島の絶景スポットと人気カフェをご紹介しました。ここでしか見ることのできない圧倒的な自然を切り取ってインスタグラムにアップ。
見る人の旅ゴコロをくすぐること間違いなしです。カフェも沖縄の島野菜を使ったランチなど、普段味わえないメニューがありますので、旅先ならではの写真でみんなの興味をひいちゃいましょう。