Colorful Instagram

ブランディングとオシャレを両立した、無印良品のInstagram

無印良品はシンプルかつおしゃれな雑貨を揃えているとして、人気の高いお店のひとつとなっています。Instagram内でも、見る人を惹きつけてくれるような写真が日々投稿されています。

商品の魅力だけでなく、詳しい使い方や店舗の様子などが描かれており、毎日見ても飽きさせません。

そこでこの記事では、無印良品のInstagramについて詳しく見ていきます。

無印良品とは?

もともとは西武百貨店系列のプライベートブランドとしてスタートした無印良品。シンプル、ミニマルで長く愛用できるデザインが人気を博し、現在は世界各地にも店舗展開するグローバルブランドとしても有名です。

雑貨、文房具から衣料品、家具、食料品まで幅広い製品展開。ファミリーマートやサンクスなどのコンビニエンスストアでも販売しており、気軽に手に入る高品質な製品が魅力のブランドです。

無印良品のInstagram投稿写真ピックアップ

無印良品は、2015年からInstagramの公式アカウントを開設し、現在まで投稿を続けています。

https://www.instagram.com/muji_global/?hl=ja

1日1回程度、コンスタントに投稿される無印良品の写真は、ブランドイメージさながらミニマルで洗練された上質な「作品」ともいえる内容ばかりです。

単に自社製品の宣伝ではなく、ブランドのイメージ向上や、フォロワーのコメントを理解したインタラクティブな投稿などで、幅広いファンを獲得しています。

では、無印良品のInstagramの投稿を分類して、魅力を探っていきましょう!

プロジェクト

自分の好みやスタイルを作る人を撮影していく「i am MUJI」など、ライフスタイルに寄り添ったプロジェクトもInstagramで展開しています。

「i have a dream」と書かれた壁の前を自転車で走る男性。男性の心の中を示しているものでしょうか。

子供を学校に送る男性を写した1枚。ハッシュタグの「家庭を大切にしている人」にあるように、無印良品が大切にしたい人をこのプロジェクトで扱っているのでしょうか。

ベルリン市民、または訪れた人が立ち止まり眺める川、だそうです。人のよりどころになるものを取り上げています。

製品の特長を伝える動画シリーズ(What Is MUJI?)

無印良品のInstagramの投稿は、いくつかシリーズ化しているものがあります。「What is MUJI?」では、無印良品の製品の由来や、使い方を動画で解説しています。

コットンシャツの原料である綿花から綿を摘んでいるところを紹介。品質がわかることで、より無印良品のシャツに愛着がわきそうです。

夏に活躍する冷水筒も、無印良品の製品はなんと横におけるので冷蔵庫の中で収納しやすいのが特徴です。これは動画で紹介されて気づく利点ですね。

ありふれた傘も、自分だけのしるしがつけられる無印良品の傘。しるしのつけ方を動画で解説しています。

モデル着用のコーディネート写真

無印良品が提供するファッションアイテムも非常に人気が高いです。Instagramでもモデル着用のコーディネート写真が見られますが、シンプルなデザインを活かした内容となっています。

生活に溶け込んだ子供用のプリントシャツ。余分な装飾を省いたTシャツは子供らしさとデザイン性を両立しているように見えます。

ブラックのトップスとインディゴブルーのデニムという抜け感のあるコーディネートですが、どこか無印良品らしさを感じさせるスタイルです。

男性のシャツカジュアルスタイルも、無機質な空間で撮影されており無印らしさを感じさせます。

おしゃれな食料品

カレールーやデザートなど、無印良品の食料品もオーガニックなイメージで人気です。

子供の頃を思い出すクリームソーダも、無印良品なら着色料を使用せず、健康的なみずみずしいミントブルーのヘルシーなソーダに。

フランスパンと宇治抹茶を使ったラスクは、濃い緑が抹茶をふんだんに使ったことを想像させ、風味が写真からも伝わります。

特に人気の高いインテリア写真

「Compact Life」と銘打った無印良品のインテリア写真は、無駄のない洗練されたインテリアが多く、取り入れやすいデザインで部屋づくりの参考になります。

窓が大きく、日当たりのいい部屋は無印良品の低めの棚やホワイトのソファーが本当によく似合います。

たくさんあるとごちゃごちゃする収納も、デザインが統一されている無印良品を使うとコンパクトに整頓できてしまいます。

パイン材で統一した家具を使った子供部屋は、まるで北欧のインテリアのようにオシャレ!

世界各地の無印良品ショップ

グローバル展開をしている無印良品は、世界中の店舗情報をInstagramでアップしています。世界の無印良品が垣間見えますよ。

サウジアラビア1号店の様子。アラビア文字以外は日本の無印良品とほとんど変わりがなく、改めて無印良品の計算されたデザイン性が際立ちます。

ミラノの旗艦店オープン時の、路線バスに無印良品の広告が。色が同じせいか不思議と違和感がなく溶け込んでいるように見えます。

ニューヨークの無印良品店舗での展示風景。なんと無印良品で作った東京の風景だそう。

無印良品のInstagramアカウントの魅力とは?

1.統一感のある投稿によるブランディング

無印良品のInstagramの投稿を見ていると、まず印象的なのは「アカウント全体の統一感」があげられます。

これは、製品を使った投稿写真はいずれも無印良品のデザイン性を引き出す、余分な装飾をそぎ落としたシンプルな写真が多く使われているからだと想像できます。

製品を活かすことを第一に考えて撮影をするから、おのずと無印良品の世界観がそのままInstagramのアカウントに引き継がれるのではないでしょうか。

2.製品の特長を活かしたオシャレな投稿写真

中でも特にインテリア関連の写真が当てはまると思いますが、ぱっと見オシャレに見えることも無印良品のInstagramの特長です。

インテリア系の投稿写真は、無印良品の製品が多く使われていますが、それだけでなく、インテリアコーディネートのいいお手本にもなっています。

無印良品を買わずとも、真似したくなるインテリアでフォロワーからの人気も高そうです。

3.販売促進にも利用できる動画活用

無印良品のInstagramの動画は、短い時間の中で製品の利用方法をわかりやすく提示しています。トレイなどの収納は、利用例がわかることで購入後のイメージがつきやすくなるでしょう。

これらの動画はブランディングというよりも販促としての意味合いが強いように思います。

Instagramの投稿内容の中でも、目的別に投稿のバリエーションを設けていることで、無印良品のアカウントは統一感がありつつ、単調にならず見ていて飽きないのではないでしょうか。

無印良品 vs 他ブランドアカウント

無印良品のInstagtamアカウントを、他のブランドアカウントと比較してみてみると、よりその独自性が際立って見えてきます。ここでは、ユニクロとニトリの2つのブランドアカウントを見ていきます。

ユニクロ

https://www.instagram.com/uniqlo/
こちらもグローバルに店舗展開を進めているユニクロのInstagramは、モデル着用や置き写真など、自社の衣料品の写真が多く掲載されています。

衣料品に限定されますが、ミニマルなデザインは無印良品と似ています。Instagramではファッションスナップがメインとなっており、無印良品のようなプロジェクトやシリーズを通したライフスタイル型の投稿は見られません。

ニトリ

https://www.instagram.com/nitori_official/?hl=ja
「お、ねだん以上!」のキャッチフレーズが有名なインテリアメーカーのニトリのInstagramアカウントは、インテリアスナップのバリエーションがとにかく豊富。

食事の写真などは特に、インスタ映えするような撮影方法を取り入れており、Instagramのトレンドを取り入れたアカウント構成になっています。

まとめ

無印良品のInstagramのアカウントは、「無印らしさ」が全面に出ているアカウント作りに成功しています。他のブランドアカウントを見てもわかるように、独自性をInstagram上で表現するのは案外難しいものですが、無印良品は見事に実現しています。

自社製品の機能性やデザインを最大限生かした写真の他、世界中の人々のライフスタイルによりそうようなプロジェクトなど、無印良品の取り組みは目が離せません。

誰もが1度は使ったことのある無印良品。今後も引き続き注目していきたいと思います。