Colorful Instagram

【厳選】岐阜のインスタ映え×フォトジェニックスポット10選!!

白川郷や高山の街並み、美濃焼と和の魅力がギュッと詰まった岐阜県。有名な観光地以外にも、素敵なフォトジェニックスポットが実はたくさんありました!その中でも特にインスタ映えする写真が撮れるスポットを厳選してご紹介します。

奥飛騨温泉郷

北アルプスの麓にある、国内屈指の露天風呂天国「奥飛騨温泉郷」。
ここでのおすすめフォトジェニックスポットは、温泉郷の中で一番北アルプスに近い新穂高温泉近くの新穂高ロープウェイからの眺め。穂高連峰や槍ヶ岳を望むパノラマな景観は「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にも二つ星で掲載されています。
散策終わりには新穂高温泉の、囲いも何もない大自然の中の天然露天風呂でひとっ風呂浴びるのもおすすめ。
もう一つのおすすめフォトジェニックスポットは「日本の滝100選」にも選ばれた平湯大滝。特に素敵なインスタ映え写真が撮れるのは、毎年2月中旬に行われる「平湯大滝結氷まつり」の時。落差64mの滝が凍った氷柱が、夜にライトアップされ幻想的な輝きを見せます。ぜひ温泉に泊りがけで楽しみたいイベントです。

information
【名前】平湯温泉 宿泊案内所
【電話番号】0578-89-3030
【住所】岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763−191
【営業時間】 9時00分~17時00分

【Goolge Map】

Cafe+Mamae

Cafe+Mamae」は陶器の街として知られる岐阜県多治見市にあるお洒落なカフェ。
ここの看板メニューはインスタ映えな可愛い手まりプレートランチ。
健康な料理を作ることを信念にした元和食料理長が作る、どれも手の込んだ一口サイズの料理たち。インスタ映え良し!味良し!体に良し!なランチです。
手まりプレートランチは、ごはん・スープ・ドリンク付きで、手まりの数は3種類から選べます。プレート価格は、9品980円、12品1280円、15品1580円。どれも身体に優しくパクパク食べられるので、お腹がすいている人や男性は15品プレートがおすすめです。

information
【名前】Cafe::Mamae カフェママエ
【電話番号】0572-26-7007
【住所】岐阜県多治見市宝町10-72-3
【営業時間】11:00~17:00
【Google Map】

白川郷

のどかな田園風景の中に合掌造りの家が点在する白川郷。世界遺産に登録され、国内外から観光客が押し寄せる人気観光スポットです。
白川郷でのおすすめフォトジェニックスポットは、荻町城跡展望台からの眺め。ここからは合掌造りが点在する荻町全体を写真に収めることができ、天気が良ければ白山連峰をバックに撮ることができます。
もう一つのおすすめ穴場的フォトジェニックスポットは、荻町集落の南の端にある「かん町」。山と田んぼの間に合掌造り家屋が3棟綺麗に並んでいて、観光ポスターでもよく使われている撮影ポイントです。どの季節に行っても美しい景色が撮れるスポットです。
どぶろく造りで有名な白川郷。そんなどぶろくを使った「どぶろく風ソフトクリーム」がここの名物スイーツ。散策の途中のおやつにおすすめです。

information
【名前】白川郷観光協会
【電話番号】05769-6-1013
【住所】岐阜県大野郡白川村荻町1086
【通常開園時間 9時00分~17時00分
【Google Map】

高山の街並み

江戸時代の街並みが今も色濃く残る高山は、岐阜県でも人気な街。良質な水、米に恵まれていて、通りになんと7軒の酒蔵がある高山。それぞれの酒蔵では試飲もできるので、酒蔵巡りも楽しみながら、素敵なインスタ映えスポットを見つけることができます。日本酒好きさんにもおすすめエリアです。
歴史的な家屋を撮るのに一番おすすめなスポットは「大新町」。国指定重要文化財になった住宅が立ち並ぶエリアです。古い町並みから少し外れたところにある高山昭和館もフォトジェニックなスポットです。館内に入れば、そこは昭和30年代の日本。昭和レトロな撮影ポイントが満載です。高山を歩くなら、インスタ映えグルメも楽しんでもらいたいところ。イチオシは最高等級の飛騨牛を使った握り寿司。古い街並みを背景にパチリと一枚撮っちゃいましょう。

information
【名前】飛騨高山観光案内所
【電話番号】0577-32-5328
【住所】岐阜県高山市昭和町1丁目1−1
【営業時間】8時30分~19時00分
【Google Map】

 

多治見市モザイクタイルミュージアム

外観からすでにフォトジェニックな多治見市モザイクタイルミュージアム。世界的に有名な建築家が設計した建物は、粘土の山をイメージして作られたそうです。
中に入っても、天井からキラキラと吊るされたタイル簾や、タイルを使った可愛い作品が展示されています。4階には、大正・昭和で実際に使用されたタイル製品の膨大なコレクションも展示されています。ほっこりとした可愛いインスタ映え写真を撮りたい人におすすめなスポットです。

information
【名前】多治見市モザイクタイルミュージアム
【電話番号】0572-43-5101
【住所】岐阜県多治見市笠原町2082−5
【営業時間】9:00~17:00
【Google Map】

岐阜メディアコスモス

岐阜メディアコスモスは、市立図書館や交流センターがある複合施設。和モダンのフォトジェニックな建築で、インスタ映えスポットとなっています。建物最大の特徴である波打つ木造格子屋根の外観。そして中の市立図書館に入ると、それぞれのエリアを天井から大きなグローブが包み込んでいて、まるで不思議な森の中にいるような空間が広がっています。建築好きな人、モダンな空間で写真が撮りたい人におすすめなスポットです。

information
【名前】岐阜メディアコスモス
【電話番号】076-220-6682
【住所】岐阜県岐阜市司町40−5
【営業時間】9:00 – 21:00
【Google Map】

養老の滝~養老公園

広大な自然の養老山麓にある養老公園。
ここはただの公園ではなく、摩訶不思議でユニークな写真が撮れるアートスポット。一番有名なフォトジェニックスポットが、床をそっくりそのまま反転させた天井がある養老天命反転地記念館。床と天井を一緒に入れて写真を撮ってひっくり返せば、人が逆さまで天井にいるような摩訶不思議写真が撮れます。
もう一つのフォトジェニックポイントは、現代作家が作った養老天命反転地。斜面にそってすべてのオブジェが斜めに作られているので、カメラも同じく斜めに傾けて撮影すると、人が傾いているような不思議な写真が撮れます。インスタで養老天命反転地のタグで検索すると、面白い撮り方のインスタ写真がいっぱい出てくるので、行く前にはぜひポーズや撮り方の参考にしてみて下さいね。養老公園から歩いて30分のところにある日本の滝百選に選ばれた養老の滝も撮影必至なスポットです。

information
【名前】養老公園
【電話番号】0584-32-0501
【住所】岐阜県養老郡養老町高林1298−2
【営業時間】9:00〜17:00
【Google Map】

 

本町オリベストリート

https://www.instagram.com/p/

/?hl=ja&tagged=%E6%9C%AC%E7%94%BA%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88

古くから窯業が盛んで、美濃焼で有名な多治見にある本町ストリート。古い蔵や古民家をリノベーションしたショップやカフェ、ギャラリーが集まっていてお洒落な街として最近注目されているエリア。飛鳥時代からつづく美しい美濃焼を展示したショップや古民家ギャラリーは、どこも素敵なインテリアでフォトジェニックポイントとなっています。土日のみ開いている「骨董・アンティーク三角屋」は、本町ストリートの中でも特に人気なお店。昭和30年代の雑貨や骨とう品がセンスよく並んでいます。可愛い外観や店内を撮影しながら、掘り出し物を見つけてみてはいかがでしょうか?ただし平日はお休みなので、旅行で行く場合は注意が必要です。
ランチをするなら「うつわとごはんカフェ温土」がおすすめ。ここでは、作家ものの美濃焼の器でごはんが食べられます。彩り豊かな丼メニューと美しい器でインスタ映えもばっちりです。

information
【名前】本町オリベストリート
【電話番号】0572-23-5444
【住所】岐阜県多治見市本町5丁目5−9−1
【営業時間】-
【Google Map】

日本大正村

大正時代の重厚感あふれる建造物や、レトロで可愛いカフェがある日本大正村
大正村に着いたらまず行きたいのが「日本大正村役場」。ここは有形文化財にも登録されている歴史ある建物。そこでは、一日2,000円で着物と袴がレンタルできるサービスがあります。ハイカラさんになりきって、大正の建物をバックにインスタ映え写真を撮ってみてはいかがでしょうか?
大正のモダンな文化に触れられる大正ロマン館もおすすめスポットです。モダンな西洋建築と敷地内にあるバラ園もフォトジェニックな撮影ポイントです。
大正村内の「甘味処まろにえ」は、地元のお母さんたちが運営していて、地元の野菜を使ったお惣菜やパンが食べられます。モーニングやランチにおすすめです。

information
【名前】日本大正村
【電話番号】0573-54-3944
【住所】岐阜県恵那市明智町456
【営業時間】 9時00分~17時00分
【Google Map】

ひるがの高原

標高約1,000mのところにあり、夏に人気なフォトジェニックスポットひるがの高原。約1万株のコキアが植えられたコキアパークのおすすめ撮影時期は秋ごろ。一面に燃えるような赤に染まったコキアが撮影できます。また、高原テーマパーク「牧歌の里」の広大な花畑には、5月はチューリップ、6月~8月はラベンダー、8月~9月にはコスモスは四季折々の花が咲きます。撮りたい花の時期に合わせて遊びにいってみてはいかがでしょうか?園内には動物たちと触れ合える広場もあり、可愛い羊や牛、馬たちを間近で撮影できますよ。ここでは、牧場のしぼりたてミルクから作られたソフトクリーム(360円)が人気メニュー。小腹がすいた時におすすめです。また、飛騨牛を使ったバーベキューもあり、景色を楽しみながら郷土の味を堪能できます。

information
【名前】牧歌の里
【電話番号】0575-73-2888
【住所】岐阜県郡上市高鷲町鷲見2756−2
【営業時間】-
【Google Map プラグイン】

まとめ

白川郷や高山や多治見の街並みには、ここではご紹介できない程、まだまだ素敵なフォトジェニックスポットがたくさんあります。街歩きや伝統工芸のお買い物、カフェなども楽しみながら、自分だけのインスタ映えポイントを見つけてみてくださいね。