可愛さ美味しさ銀河級♥インスタで話題のギャラクシードーナツが可愛すぎる!


宇宙一インスタ映えするドーナツかもしれません。

アメリカでブレイクしている「ギャラクシードーナツ」なるスイーツ。

日本でもフォトジェニックだと話題を集めています。

今回は、ギャラクシードーナツの甘い誕生秘話と作り方、そしてギャラクシードーナツを楽しめるお店をご紹介します。

ギャラクシードーナツとは?

ギャラクシードーナツは、名前のとおり銀河のような模様をしたドーナツのことです。

その引き込まれるような色合いと同じ柄が2つとできないユニークさでアメリカを中心に人気を博しています。

星をあしらったキュートなギャラクシードーナツです。銀河感が増していますね。

こちらは深く複雑な色合いで、本当に宇宙の深淵を覗いているかのよう。

手のひらに収まる宇宙、食べられる芸術作品といったところでしょうか。

愛から生まれたギャラクシードーナツ

ギャラクシードーナツを最初に作ったと言われているのは、イランでお菓子職人をしているエディさん。

病気で療養している彼女の恋人を元気つけようと思い、ギャラクシードーナツを作ったのが始まりだそうです。

病気の彼のためにすべて植物由来の材料で作ったとのこと。

想い人へのいたわりが優しい宇宙を作り上げたわけですね。

ギャラクシードーナツの作り方は?

ギャラクシードーナツは、アイシング(焼き菓子をコーティングする甘いクリーム状のペースト)を銀河模様にして作ります。

大まかな作り方は以下のとおり。

①ボウルにココナッツオイルと豆乳、粉砂糖を混ぜて練る
②食用色素を適量落としたら爪楊枝など細いもので曲線を描くように混ぜる
③作ったアイシングでドーナツをコーティングして冷やす

大理石の模様を描くように模様をつけるのがコツです。

ギャラクシードーナツを買える場所は?

ギャラクシードーナツを楽しみたい。

でも、手作りはちょっと難しい。

そんな人も多いですよね。

実は、日本でギャラクシードーナツを販売している場所があるんです。

ジャックインザドーナツ

北は山形県から南は沖縄県まで店舗を展開するドーナツ専門店「ジャックインザドーナツ」では、カラフルなギャラクシードーナツが目玉商品の1つになっています。

ブルー系だけでなく、赤や黄色、白などさまざまな色をした銀河を楽しむことができます。

プラネタリウムと楽しめるギャラクシードーナツ

プラネタリウム鑑賞とギャラクシードーナツの堪能を同時にできる場所もあります。

2018年12月、有楽町にオープンした「コニカミノルタプラネタリアTOKYO」。

8Kの高解像度シアターと特設シートが話題を集めています。

その館内に併設された「cafe Planetaria」では、惑星をイメージしたカクテルやドリンクとともに、ギャラクシードーナツを楽しむことができるのです。

プラネタリウムとギャラクシードーナツの相性はバッチリ、デートでもレジャーにもピッタリですね。

ギャラクシーなスイーツはほかにも

ギャラクシーな模様はドーナツの専売特許ではありません。

最近では、さまざまなスイーツが銀河模様で彩られています。

ギャラクシーマカロン

色とりどりの銀河で彩られたマカロン。

こちらは、福島県いわき市にある「パティスリー アンプルール」で販売されています。

ギャラクシーケーキ

スイーツの王様であるケーキにも銀河の波が押し寄せています。

こちらは韓国のカフェで食べられるギャラクシーケーキ。

グラデーションが見事でインスタ映え間違いなしです。

惑星チョコレート

銀河できらめく惑星をかたどったチョコレートセット。

種類ごとに味もしっかり違います。

オシャレなプレゼントにはもちろん、自分へのご褒美にもぴったりでしょう。

こちらはネットショップで買うことができます。

見て楽しい、食べて美味しいギャラクシースイーツの世界にどっぷり浸かってみてはいかがでしょうか。