朝と夜で違う顔になる東京タワーの魅力

長年、東京のシンボルとして親しまれている「東京タワー」。タワーだけあって、東京の色々な場所から見ることができるランドマークですよね。しかし、東京スカイツリーが完成してから、あまり日の目を浴びることも少なくなってきていると思います。

しかし、そんな今だからこそ東京タワーの魅力に再び注目してみたいと思います!昼と夜で顔を変える東京タワー。そこにはあまり知られることのない、様々な魅力を体験することができる場所だったのです!

東京タワーについて

東京タワーは、東京都港区の芝公園にあります。今から約60年前の1958年に完成し、完成以来、東京の人気観光スポットとして長年親しまれています。現在は国内のみならず、海外からの観光客も多く訪れ、その人気は衰えていません。

戦後の日本では、新しいテレビ局が誕生する度に、新たな電波塔を建設していました。このままテレビ局の数だけ電波塔を建て続けていたら、景観が損なわれることから、複数の電波塔を一つにまとめようとする動きがおこり、着工からわずか1年半、1958年12月に東京タワーが完成したのです。

現在も変わらずテレビやFMラジオなどのアンテナとして総合電波塔の役割を担っている東京タワーですが、もちろん展望台としても根強い人気を誇ります。高さ150mにあるメインデッキ(旧大展望台)と、高さ250mにあるトップデッキ(旧特別展望台)から眺める東京の全景はまさに圧巻。今では東京タワーに訪問する約3.5割が外国人観光客で、世界中の人から愛されています。

昼の東京タワーの楽しみ方

カジュアルに楽しみたいなら、日中に訪れるのもオススメ。チケットを購入し、エレベーターに乗り込むと、45秒で地上150mの展望台へあっという間に到着。エレベーターを降りると眼前には大パノラマの東京の風景がどどーんと広がっています。

東京の景色が一望できるので、観光名所を探しながらわいわい楽しむことができます。天気のいい冬の朝には富士山も見えるとのこと。あたたかい季節はどうしても遠くが霞んでしまうので、朝の時間帯のほうがすっきりとした風景を楽しむことができます。

ぐるっと回っていると突如神社の境内が現れます!「タワー大神宮」と呼ばれるこの神社は、伊勢神宮より御神霊をお招きし、天照皇大神を祀っている由緒ある神社。東京23区で一番高いところに位置する神社であることから、「高くなりたいもの」にご利益があると言われています。

東京タワーを利用した朝活イベントも!

また定期的に東京タワーで開催されている「ASAYOGA」というイベントが開催されています。営業前の大展望台を貸し切って行うスペシャルなヨガレッスン!朝陽が降り注ぐガラス張りの展望台で、都心の景色を眺めながら楽しめるとあって、感度の高いオトナ女子を中心に人気を集めているんです。

東京タワーの展望台内で毎回人だかりができているのは、ガラスの床から地上を見下ろせる「ルックダウンウィンドウ」。実際乗ってみると、想像以上に高く、また「抜けたらどうしよう…」という不安から足がすくんでしまいました。

もちろん抜けることはないので、ご安心を。この窓は特殊なガラス素材でできており約1.5トン以上の重さにも耐えられるんだそうです。

また東京タワーでは、土・日・祝日限り150mメインデッキ(大展望台)への「昇り階段」を開放しています。 東京タワーの「昇り階段」はフットタウン屋上からメインデッキまで続く約600段の外階段で、景色を眺めながら、そして風に吹かれながら、東京タワーを昇ることができるんです。普段は体験することのできない階段から昇ってみる東京の景色もまた格別なものになるのでしょうね!

やっぱり夜景でしょう!

夜になるとまた東京タワーは表情を変えていきます。こちらのお写真は世界貿易センタービル展望台 シーサイド・トップから見た東京タワーを交えた景色です。

とっても綺麗なこちらの夜景はなんだか映画のワンシーンや絵画の様に美しいですよね。なんだかロマンチックですね。こういう綺麗な東京タワーの夜景を見ながら大切な家族や友人、恋人と過ごしてみたいものですよね。きっと一生の思い出になる事間違いなしですね。

昼と夜とではガラリとその雰囲気を変える東京の街。遠くまで見渡せる清々しい昼の景色も、キラキラ輝く夜の景色ももちろん綺麗ですが、東京タワーにのぼるときに一番おすすめしたいのが夕暮れ時の風景ですね。移り変わりゆく景色をぼーっと眺めているだけで時間が過ぎるのを忘れられます。

さいごに

朝も夜も魅力がたっぷりな東京タワー。季節ごとにさまざまなイベントやイルミネーションが開催されており、何度訪れても飽きさせません。東京観光はもちろん、デートやおでかけの途中に訪れて東京タワーの魅力を再発見してみてください。