【目の温活】目もとのおすすめ疲労回復グッズ6選!!

更新履歴
– 2019-06-19 最新情報を元に加筆修正

現代は、仕事でも私生活でもパソコンやスマートフォンが必需品となっています。あまりに目を酷使し続けると、目がしょぼしょぼしたり、視界がかすんで見えるという疲れ目の症状が現れます。

そのような日常的な疲れ目を取ってくれるのが、目疲れ解消グッズです。目の疲れを癒やしてくれるグッズを活用すれば、慢性的な目の疲れを予防してくれるため、いつもスッキリした目でいることができますよ。

そこで今回は、疲れ目に悩む方にオススメの疲労回復グッズ6商品を厳選してご紹介します。

①ほっと見えマスク

通常、アイマスクといえば明るいところで寝るために使うものでしたが、最近は目の疲れを癒すために使われることが多くなっています。

仕事や勉強で一日中目を酷使すると、一日の終わりには目にかなり疲労を感じますよね。また、パソコンやスマホ、テレビを見ている時間が長い方も眼精疲労を感じるはず。人間は加齢によって涙の量も減り目が疲れやすくなるので、目を酷使する方は適切なケアが必要です。

最近のアイマスクには温熱タイプが充実しており、目を温めながら疲れを取ることができます。目の疲れは知らず知らず溜まっていくため、その日の疲れはその日のうちに解消することが大切です。

数あるアイマスクの中でも日頃の眼精疲労にオススメなのが、「ほっと見えマスク」です。

口コミやSNSでも話題になっている「ほっと見えマスク」は、グラフィコというメーカーから販売されているアイマスクです。一箱5枚入りで価格は640円とお手頃価格なのも嬉しいですね。仮面舞踏会型のデザインも人気です。

「ほっと見えマスク」の最大のポイントは、「アイマスクを付けながら物が見える」という点です。通常のアイマスクといえば、目を全体的に覆うために、真っ暗になって前が見えませんよね。目のケアをしたいけど、真っ暗になってしまうためアイマスクを諦めてしまうことはありませんでしたか?

「ほっと見えマスク」なら、目の部分に穴が開いて正面が見えるため、アイマスクで目を温めて疲れをケアしながらスマホやテレビも見ることができるで便利なのです。また、仕事の合間にアイマスクを付けてケアをしても、アイメイクが崩れることがないので女性にも役立ちます。

そして、「ほっと見えマスク」にはルテインのほか、三大美容成分としてコラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドが含まれているため、目を温めてケアをするだけでなく、美容対策も同時にできる商品です。

家でアイマスクをしながら、スマホや読書、ネイル、家事、マッサージなど何でもできるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

②めぐりズム・蒸気でホットアイマスク・ラベンダーセージの香り

めぐりズムの商品のシリーズで最も人気の高い商品は、特許取得済みの「蒸気でホットアイマスク」です。開封するとアイマスクがすぐに温まり、約40℃の蒸気が10分間ほど持続して、疲れた目を心地よく温めてくれます。

人気のポイントは、使い捨てタイプのため仕事や旅行など外出先にも手軽に持ち運ぶこともできるという点です。

めぐりズムの「蒸気でホットアイマスク」は、さっと取り出してすぐに使えるので、寝る前の目元のケアや、デスクワークの休憩時間などのちょっとした時間にもリラックスできるため、人気商品となっています。

そして、耳に引っかけて使用するデザインなので、寝転がっていてもズレることなく目元にぴったりフィットします。こちらのアイマスクはラベンダーセージの香りで、疲れた目を癒しながらストレス解消やリラックス効果も期待できます。

一日の終わりやおやすみ前に使用すると、慢性的な眼精疲労を予防できるためおすすめです。蒸気の温熱効果と、ラベンダーセージのリラックス効果のおかげで、良質な睡眠を導いてくれますよ。

めぐりズムの「蒸気でホットアイマスク」には、たくさんの香りのタイプがあるため、香りが苦手な方にはシンプルな無香料タイプを選ぶと良いですね。

③UHAグミサプリ・めぐみアイ・ルテイン カシス&ブルーベリー味

「日頃の目の疲れが気になるので、気軽に疲れを軽減したい」と思っているなら、グミタイプの美味しく食べられるサプリメント「めぐみアイ」がオススメ。

めぐみアイには目にいい成分ルテインが含まれており、お菓子を食べる感覚で気軽に目の疲れをケアできるアイテムです。ルテインには目の黄斑の色素密度を上げる働きがあり、ブルーライト、紫外線の光から目を保護してくれる働きがあります。1日2粒を目安に美味しく食べるだけなので、続けやすいのも嬉しいポイント。

めぐみアイは、普通のグミと味も食感もお菓子のグミと変わりなく美味しいと口コミでも好評です。1日あたり40mgも摂取できるようなサプリもありますが、めぐみアイはお菓子感覚で気軽に続けられる機能性表示食品になります。

めぐみアイなら、いつでもどこでも美味しく食べて、楽しく目の疲れをケアすることができますよ。

④さくらの森・めなり・ビルベリー&ルテインサプリメント

眼精疲労に効果的なサプリメントは、有効成分のビルベリーまたはルテインのどちらかが配合されているものが多いですが、「さくらの森・めなり」は、2つの有効成分が取れるサプリです。

「さくらの森・めなり」の最大の特徴は、ルテイン以外に、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、クロセチン、ビタミン、βカロテンといった眼精疲労に効果的な成分が含まれている点です。

また、視界の歪みやかすみに有効なゼアキサンチンも配合しており、大きな期待ができるサプリと言えます。目に負担がかかると活性酸素が細胞を老化させますが、ルテインの抗酸化作用には活性酸素を除去する力があるため、老眼の予防にも効果的です。

一日に必要なルテインの量は6~10㎎と言われているので、業界でもトップクラスの12㎎も配合されている「さくらの森・めなり」を摂取すれば、十分にカバーできますね。

「さくらの森・めなり」は、目の疲れに効く成分がバランス良く入っている、瞳の健康をしっかり守ってくれるルテインサプリです。

今までのルテインサプリで効果を感じなかった方は、一度「さくらの森・めなり」を試してみてはいかがでしょうか?

⑤桐灰化学・あずきのチカラ・目もと用

あずきの天然蒸気でしっかり温める「あずきのチカラ」は、電子レンジで温めて使うタイプのアイマスクです。

マスクを温めることであずきから蒸気を出すという、自然派ながら新しいタイプのアイマスクといえます。人気のポイントは、およそ250回使用できるという繰り返し可能なアイマスクであること。

中にあずきが入っているのでしっかりとした重みがあり、目に乗せたときに程よい刺激が気持ち良く感じます。

目に当たる部分は綿100%で、眼球に当たる部分は温まらない構造になっているため、肌が敏感の方でも安心して使うことができます。

気をつけたいのは、100%本物のあずきを使用しているので、電子レンジで温めすぎるとあずきが焦げてしまう可能性がある点です。

安心して使うために、電子レンジにかける時間は500Wで40秒、600Wで30秒と、時間を守るようにしましょう。

価格は700円ほどで250回使えるため、1回あたりのコストが3円くらいというかなりコスパの良いアイマスクです。

毎日アイマスクを使うのでコスパが良く効果的なものを探している方におすすめです。

⑥【第2類医薬品】Vロートプレミアム

有効成分が国内最多の12種類配合されている高級目薬「Vロートプレミアム」。

眼精疲労に有効な成分が国内最多の12種類配合されている目薬ですから、それたけで効果が期待できますね。眼精疲労タイプの目薬で現在一番売れている商品です。

気になる効果は、目の筋肉であるピント調節筋をほぐしてくれたり、涙液を保持して目の渇きや角膜を保護する効果、そして、スマホやパソコンのブルーライトによる炎症を鎮める効果が期待できます。

日頃からスマホやパソコンをよく使うデスクワーカーの方にはピッタリの目薬と言えます。

目が疲れたときに、1回1、2滴を1日5、6回使用すれば、慢性的な眼精疲労も予防できます。清涼感レベルが高いので、一瞬にして疲れ目をシャキっとさせることができますよ。

口コミを見ると、「充血することが減った」「目が痒くなることが減った」「目の疲れが減った」「偏頭痛、首のコリがなくなった」という声が多く見られます。

ブルーライトの疲れ目のケアにぜひ試してみてはいかがでしょうか?

オススメの疲労回復グッズのまとめ

今回は、疲れ目に効果的な人気のアイテムを6商品ご紹介しました。疲れ目はその日のうちに解決すると、慢性的な眼精疲労を予防することができます。

今回ご紹介した6商品はどれも口コミで人気のアイテムばかりですから、ぜひ日頃の目のケアの参考にしてみてください。