Colorful Instagram

【まとめ】インスタグラムの非公開アカウントを見る方法を教えます!

Instagramでは、自分の投稿内容を「非公開」に設定することが可能です。たとえば、親しい友人同士のみで情報交換したい時などにはとても便利です。非公開に設定していると、そのアカウントの投稿を見られるのはフォロワーだけとなるので安心ですね。

しかし、非公開アカウントにしていても、ある方法をとれば、見ることもできますし、第三者によってインスタグラムで投稿した画像や動画が公開されてしまうこともあるのです。

どうしても非公開の投稿を見たい人にとっては、参考になる情報ですが、非公開にしたい人にとっては怖い情報です。参考までに、インスタグラムの非公開投稿を見る方法をご紹介します。

Instagramを非公開にしていても安全ではない!

Instagramでは、オプション機能にて自分のアカウントを「非公開」にすることができます。この設定を行うと、そのユーザーの投稿は「フォロワー以外は見ることができない」状態になるのです。

この機能を回避して、非公開のアカウントの中身を見たいと考える人もいるかもしれませんが、基本的には「不可能」です。そんなことができてしまったら「非公開」機能の意味がありませんよね。
それでも、どうしても「非公開」に設定された投稿を見たいと思う人もいるかもしれません。そんな場合には、奥の手を使用すればインスタグラムの非公開投稿の内容も見ることができるようになります。

また、自分のアカウントを「非公開」にしているので、安心だと思っている人は、「非公開」の投稿も見られる可能性があるということを認識しておいた方が良いでしょう。

非公開アカウントだから、見つかる可能性がないと考えるかもしれませんが、Instagramはそこまで安全ではありません。非公開に設定していたとしても、プロフィールページまでたどり着かれてしまうと、設定されたプロフィール画像が見られてしまいますし、連絡先などをプロフィールページに設定していると電話番号などでアカウントを検索されて見つけ出されてしまうこともあるのです。「非公開」にしているからといって、決して安全ではないことを覚えておきましょう。

 

方法その1、正攻法

Instagramで、アカウントを「非公開」にしていても、フォロワーは非公開アカウントの投稿内容を見ることができます。

そこで、最も正攻法の行い方としては、非公開アカウントの人に対して、フォローさせてくださいというフォローリクエストを行うのです。非公開にしている人の承諾を得ることができれば、晴れてフォロワーとなることができ、非公開アカウントの投稿の中身を見ることができます。

もし、インスタグラムでお友達を見つけて、そのアカウントが非公開に設定されているような場合、自分も仲間に入れて欲しいなと思ったら、この方法を試して見てください。この方法は最も合法的な行い方です。

この方法を取る場合にも、非公開に設定しているユーザーが、フォローリクエストを送って来た人が本当に友人なのか判断に迷うこともあるでしょう。フォローリクエストを送る前に、もし、プライベートメールアドレスを知っているのであれば、別途メールで連絡しておくと良いかもしれません。

他の方法としては、自分もInstagramに投稿を行い、自分であることが証明できるような投稿を行い、その後でフォローリクエストを送って見ると、相手も安心してフォローリクエストを承認してくれるでしょう。
逆に、非公開にしている人がフォローリクエストを受け取った場合、相手が本当に友人であるのかしっかりと確認した方が良いでしょう。

方法2、グレーな方法

ここで紹介する方法は、少々グレーな方法です。そのためあまりお勧めはできません。

Instagramの関連アプリとして「Repost for Instagram」というものがあります。このアプリはインスタグラムの投稿を、まるでツイッターのリツイートや、フェイスブックのシェアのように他の人に公開するために、自分の投稿として拡散させることができるのです。

そこで、非公開設定しているユーザーでも、そのフォロワーがリポストを行なった場合は、リポストを行なった人の投稿として、非公開の投稿を見ることができるようになるのです。リポストのアプリを使用すると、元の投稿が非公開であるかどうかは全く関係なく公開することができるのです。インスタグラムでは非公開アカウントでも、リポストを行なわれていれば、投稿内容が見れちゃうということですね。

 

誰かがリポストしてくれれば投稿を見れるようになりますが、この場合の悪い人は本人の確認を得ずにリポストを行なった人です。そのため、非公開の記事がリポスト機能によって見れてしまったとしても、見た人には落ち度はありません
この方法は、ちょっと裏技的な方法ではありますが、もし自分が自分の投稿を非公開機能により守っているのであれば、フォロワー達にリポストしないでねと、あらかじめ伝えておいた方が良いでしょう。

また、世の中には上の写真のようにInstagramが非公開としている、リポストができるアプリがあることを覚えておいた方が良いですね。インスタグラムでは非公開アカウントでも、このような方法があるので非公開アカウントの方で絶対に投稿を見られたくないという方は気をつけましょう。

完全にブラックな方法にて公開されることもある

次に記載する方法は、完全にブラックで悪質な方法です。しかし、あなたが被害者になる可能性もあるのです。滅多にあることではありませんが、そんな被害に会うこともあると認識しておいた方が良いでしょう。
ブラックな方法としては、2種類あります。

一つ目は、「自分の非公開アカウントがハッキングされてしまう可能性」で、二つ目としては、「自分の非公開アカウントのフォロワーがハッキングされてしまう可能性」です。

なかなか、あることではありませんが、可能性はゼロではありませんので、覚えておいた方が良いでしょう。Instagramでは、非公開アカウントでもハッキングされてしまえば、せっかく隠しておいた情報も漏れてしまいます
もし、セキュリティーをバッチリと行うために、本人がしっかりとパスワードを頻繁に変えるなどの努力をしたとしても、フォロワーがハッキングされてしまえば情報は流出してしまいます。フォロワーのパスワード管理まではコントロールすることはできませんからね。インスタグラムを利用するにあたって非公開にしているから大丈夫と安心しすぎないようにしないといけませんね。

このようなことを考えると、いくら「非公開」にしておいたからといって、情報流出は絶対にないと過信しないことが大切です。「非公開」に設定しても、個人情報が流出しないように過剰な投稿をすることは控えるなどの配慮をしておくのが、Instagramを利用する上では大切なことです。

 

自分のアカウントを守るために考える

以上説明してきたように、Instagramというソーシャルネットワークシステムも万全ではありません。日頃から、セキュリティー対策について考えておいた方が良いでしょう。

アカウントが乗っ取られることは、一番恐ろしいことです。しかし、InstagramやLINE、フェイスブックなどで一部のハッカー達によるアカウントの乗っ取りが流行しているのです。友人の間で「インスタグラムが乗っ取られたかも!」なんて話になることも少なくありませんよね。なので、非公開アカウントにしているからといって、投稿内容に気を遣わないというのは危険ですね。

アカウントが乗っ取られてしまう一番の原因は、パスワードを盗まれてしまうことです。Instagramでは、ユーザーネームとパスワードさえわかればログインが可能です。いくら非公開にしていたとしてもユーザーネームは見つけることができますので、パスワードがバレてしまうとすぐに乗っ取られてしまいます。非公開アカウントであっても、インスタグラムのパスワードを頻繁に変えるなどの策を取ることが懸命ですね。

私たちが考えている以上に、ハッカーにとってパスワードを盗むことは簡単なことなのです。パスワードはしっかり管理しましょう。パスワードがバレる最も多い原因は「覚えやすいパスワードの使い回し」です。複数のSNSなどで同じパスワードを利用していると盗まれやすくなります。パスワードはオリジナルのもので、記号や大文字・小文字を混在させるなど強靭なものにしましょう。

また、フォロワーが乗っ取られてもInstagramの場合は情報が流出してしまいますので、自分は非公開アカウントであっても、フォロワーの方々にもアドバイスをしておいた方が良いでしょう。