インスタグラムを商用利用するために必要なことは?

絶大な人気を誇っているインスタグラムを、宣伝の場として活用している店舗や企業は多く存在しています。

顧客や見込み客に対して新しい情報を常に提供し続けることができるなど、その利用価値は計り知れません。

集客とマーケティング、そしてキャンペーン等様々な形でインスタグラムを商用利用することができるのです。

インスタグラムでキャンペーンを行う上で必要なこととメリットは?

キャンペーンの説明書き等で独自開催であることを表記し、インスタグラムから支援等を受けていない旨を明らかにしておく必要があります。

SNSを利用すれば数多くのユーザーと直接的につながることができるため、応募型のキャンペーンなども簡単かつスピーディーに開催ができます。

従来の方法でインターネット上の応募型キャンペーンを開催する場合、専用のホームページや応募用フォーム等が必要となり準備に手間がかかりました。

しかしSNSを活用すれば、キャンペーンの告知から応募受付まですべて既存のサービスと機能を使って賄うことができるのです。

また経費等を最低限におさえつつ効果的にキャンペーンや告知が行えるなど、メリットが多く存在してしています。

事前にガイドラインをチェックして、トラブルなくスムーズにキャンペーンを開催しましょう。

ユーザー参加型のキャンペーン

インスタグラムではユーザー参加型のキャンペーンが様々と開催されていますが、その中でも集客効果が高いといわれているのはどんなキャンペーンでしょうか。

写真が主体のSNSですので、やはり特定のテーマを設定しユーザー達から投稿写真を募るタイプのキャンペーンが注目を集めやすいようです。

テーマやジャンル、そして応募に必要なハッシュタグを設定して投稿を募りコンテストやイベントへと発展させています。

こうしたキャンペーンで魅力のある写真が多数集まれば注目度が上がり、フォロー外のユーザーに対してもアピールできるでしょう。

 

フォロワーを増やして情報拡散を狙おう!

基本的にシェア機能を持たないSNSですので、情報拡散のためには注目度を上げ直接的につながっているフォロワーを増やしていく必要があります。

シェア機能を持つSNSならフォロワーからそのまたフォロワーへとつながりを広げていくことが可能ですが、そうでない場合まずアカウントにユーザーを誘導しなければなりません。

キャンペーン等を開催してアピールするのも一つの手ですし、他のユーザーと様々な形で交流を行っていくのも効果的だといわれています。

提供しているサービスや製品に興味を持ちそうなユーザー層を選び出し、いいねやコメント・フォロー等のアクションでつながりを作っていくのです。

突出した人気を持つユーザーは「いいね」やコメントを受け取り慣れていますが、そうでない一般ユーザーはリアクションを受けると相手に関心を持つようになります。

そして「いいね」やコメントを送ったアカウントをチェックしに行き、フォローや「いいね」を返すことが多いのです。

「いいね」やコメント等のアクションを利用し、こうした流れを積極的に利用していけばフォロワー数を着実に伸ばしていくことができます。

ただし手当たり次第に「いいね」やコメントを送っていると逆に迷惑がられてしまう可能性がありますので、アクションを起こす相手ユーザーをしっかりと見極めていくことも大切です。

提供したいサービスや製品にもともと興味を持っているユーザーや、同じジャンルに特化したアカウントを選んでアクションを行っていけば相手に好感を持たれやすいでしょう。

 

アカウントを継続して更新していこう!

アカウントをきちんと継続、維持していくことも大切です。

たとえば実店舗等を確認して興味を持った見込み客がSNSで検索をしてアカウントを参照した際、最新の投稿が数年前のものであれば興味を失ってしまうと考えられます。

さらに投稿やフォロー等の活動を全くせずに、長期間放置しているとアカウントそのものが削除されてしまう可能性もあるため注意が必要です。

アカウントが放置状態であったり、そもそも存在していないというような状況だと新規客を獲得できないだけでなく、常連客さえ離れていってしまうかもしれません。

商用利用目的でアカウントを開設するのならしっかりと運用方針を決め、継続的に投稿等のアクションを行っていくようにしましょう。

 

商用利用する上で注意すること

インスタグラムを商用利用する際には、トラブルを招くことがないよう利用規約を確認しておくことが大切でしょう。

商用利用そのものは禁止されていませんが、たとえばキャンペーンなどを行う場合にはガイドラインに沿った形で運用をしていく必要があります。

「プロモーションガイドライン」では、宣伝やキャンペーン等についていくつか注意点が挙げられています。

たとえばキャンペーンについてのチラシや案内ホームページなどを作成し、インスタグラムのロゴやスクリーンキャプチャなどを掲示する場合には公式の素材を使用するよう決められています。

またダウンロードしたロゴ画像を変形したり反転させるといった加工も禁止されていますので、注意が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

インスタグラムでは他のSNSとはまた一味違った商用利用ができ、簡単かつ、効果的な宣伝、集客を行うことができます。

インスタグラムだからこそできる活動を行って、ユーザーと親密な関係を築き上げ、自社または自店舗のブランドと信用を作って行きましょう!

インスタグラムで接客・集客・プロモーションのための4つのステップ

January 11, 2017