インスタ閲覧で足跡が!?ストーリー機能とは。

インスタグラムで友達や、気になるインスタグラマーたちのページを閲覧していると、ふと不安に思うのは「あれ?もしかして、見てること、相手にバレてる?」ということ。たとえ見ていることがバレても問題ない相手だとしても、なんだかちょっと気になりますよね。そんな“自分が相手のインスタグラムを閲覧していることが、相手に知られてしまう機能”が、インスタグラムにはあるのか?を徹底解剖していきます。

“足跡機能”というものはないけれど・・・

厳密に言えば、インスタグラムには“足跡”という機能は備わっていません。タイムラインに流れている投稿を見るのはもちろんのこと、相手のプロフィールを見たり、投稿された写真や動画の個別ページを見ても、相手のページに自分の名前が表記されるような機能はありません。

他にも、相手の名前を検索すること、投稿をシェアすること(自分の他SNSに載せたり、メールでURLを共有すること)、写真を保存したり、ブックマークすることも、相手に知られることはありません。なんだか意外ですよね。思っているよりも、多くのことが相手に伝わらずにできてしまうのです。

ただし、他SNSへのシェアに関しては、そのSNSページを相手がたまたま見てしまえば伝わります。知られたくない場合は、非公開や限定公開アカウントにシェアするなどの対策をしたほうが良さそうです。

“相手に伝わる機能”はいくつかある

先ほど“足跡機能”はない、と書きましたが、インスタグラムにはそれに変わる様々な仕組みがあります。ここから先は、それについて紹介していきたいと思います。

検索履歴は定期的に消去を

まずは“検索履歴”についてです。こちらは、誰を検索し、誰のページを見たのかの記録が残るようになっているので、そのページをなんらかの拍子に相手に見られてしまえば、その内容を相手に知られることになります。

「インスタ、誰フォローしてるの?」と画面をふとのぞかれてしまったり、たまたま画面が開いていたまま席をはずしてしまったり、会話の中で何気なく自分のインスタグラムを見せてしまったり・・・よくあることだと思います。

知られるのは嫌だな・・・、という人は、自分のインスタグラムページから定期的に履歴を消しておくことをお勧めします。

消去方法は、プロフィール画面の右上にある設定アイコンを押して、オプション画面で“検索履歴を削除”を選択することで完了します。とっても簡単です。

いいねやコメントは相手に通知される

いいねやコメントは相手に通知される
お分かりかと思いますが、相手の投稿に対して、「いいね」をしたり、何かしらのコメントを残せば、見ていることは相手に伝わります。これは当然ですね。

ちなみに、「いいね」は、ハートマークを押す以外にも、投稿をダブルタップすることでも出来るので、知られたくない場合は間違えてダブルタップしないように気をつけてください。

ダイレクトメッセージには既読機能がある

ダイレクトメッセージ機能は、メッセージを特定の相手にだけわかるように送ることのできる機能です。このダイレクトメッセージでは、無料通話アプリ「LINE」と同じように、相手がメッセージを確認すると既読表記が付くようになっています。ちなみにiosバージョンでは「既読」と付きますが、androidバージョンでは、見た人のユーザー名が表記されます。

個人間だけでなく、複数人でやりとりをしている場合も同じです。すぐに返事を返せない場合は、ダイレクトメッセージを開かないほうがいいかもしれませんね。

足跡機能

【2017年版】インスタグラムに足跡機能はあるのか?最新情報を調査!

July 4, 2017

足跡機能

【必見】インスタ『ストーリー(Story)』で足跡をつけない方法!!

July 4, 2017

ストーリーズには“足跡機能”に似たものがある

ストーリーズには“足跡機能”に似たものがある
2016年8月に新しく実装されたインスタグラムの新機能「Instagram Stories(インスタグラムストーリーズ)」は、投稿した写真や動画が24時間で消えるサービスです。

このストーリーズには、写真や動画への書き込み(フリーペン・テキスト)ができたり、1秒ループ動画作成アプリ「Boomerang」で作った動画を投稿できたり、友達のタグ付けができたりと、多くの機能が付いています。

また、外部URLを載せることも可能なため、ブログや宣伝にも有益に使えそうです。(ただしURL機能は現時点では一部ユーザーのみが利用可能です)

何よりの魅力はやはり一定時間で投稿が自動的に消えてくれるので、より気軽に投稿できるところではないでしょうか。また、特定の人に非公開にしたい場合にも写真を投稿する際に“ストーリー設定”から、誰に見せるのか?を簡単に設定することができます。何気ない日常を特定の相手にだけ見せたい時にぴったりの機能だと思います。

実はそんなストーリー機能には、いわゆる“足跡機能”のような、相手に閲覧したことがわかる機能が付いています。自分が投稿した画像や動画を「一体誰が閲覧済みなのか」を知ることができる“ストーリー管理画面”というものがあるのです。

閲覧済みのユーザー名が閲覧順に表記される(一番最近閲覧したユーザーの名前が一番上)ため、誰が最初に見たのかまでわかるようになっています。ただし閲覧回数や閲覧時刻は表記されません。うっかり何度も開いてしまった場合も安心ですね。

ライブ動画を見ると名前が表記される

2017年1月にストーリーズでの提供が開始された“ライブ動画”というものがあります。ライブ動画とは要するに生放送のことで、インスタグラマーが動画を配信し、それをリアルタイムで他のインスタグラムユーザーが見て、コメントをしたりできる機能です。

このライブ動画ですが、視聴すると、参加者(閲覧者)のユーザー名が画面上に表記されるようになっています。つまり動画の配信者に、“現在誰がこの動画を見ているのか?”がわかるようになっているのです。もちろん自分だけでなく、他の視聴者ユーザーの名前も表記されるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

インスタグラムダイレクトは枠の色で既読か分かる

さらにストーリーズには“インスタグラムダイレクト”というものがあります。これは、指定した(された)ストーリーズ上の相手とだけ、メッセージ付きの写真や動画のやりとりができる機能です。

相手が見た時点で投稿内容は消去され、再度見ることはできない仕組みになっているので、ずっと残しておきたい大切な内容は送らないほうがいいかもしれません。逆に、気軽なコミュニケーションをとりたい時にはうってつけの機能なのではないでしょうか。

ちなみに現段階では、インスタグラムダイレクトで送られてきた写真は開封してから約3秒間、動画は最大で約15秒間しか見ることができません(その後勝手に消滅します)。

この“消える機能”は、別アプリ「snapchat」が先駆けとして始めています。現時点では、インスタグラムダイレクトでは一度見ると消去される仕組みになっていますが、snapchatでは、もう一度再生できる“リプレイ機能”というものが実装されています。

見逃してしまうことや、「もう一度みたかったのに〜・・・」となることもきっとあると思うので、今後、インスタグラムでもリプレイ機能が実装されることを期待しましょう。

そしてこのインスタグラムダイレクトは、送られてきたメッセージ(画像や動画)を開いたことが送信者に分かるようになっています。どうやってわかるかというと、画面上部にプロフィールアイコンが表記されているのですが、開封すると、アイコンの周りの色が黒に変わるのです。さりげない変化ですが、相手が気にして見ていれば、開封したかどうかすぐにわかるようになっています。

また、そのダイレクトメッセージ内に付けられた写真や動画をスクリーンショットした場合、相手に通知がいくようになっています。“送信した投稿写真を◯◯さんがスクリーンショットしました”といった内容の通知です。

ちなみに通常のストーリーズに投稿されたものであれば、スクリーンショットをしても相手に通知はいきません。

最後に

最後に
このようにインスタグラムには“足跡機能”というものはないにしても、閲覧したことが相手に分かる機能がいくつか存在しています。ほとんどが投稿者にとってはメリットになることばかりですが、閲覧側にとっては、なんとなく気になってしまう機能ばかりだったと思います。

中には、こういった仕組みを知らずに使用した人たちの「昔の恋人のページを逐一チェックしていたのがバレてしまった・・・」だとか、「娘のインスタグラムを父親がチェックしていた・・・」などという様々なエピソードもSNS上に転がっています。意図せず伝わってしまうのは怖いですね。

ですが、仕組みをきちんと理解して使っていれば不安になることもないと思います。今後もいろいろな機能が増えてくるはずですので、最新情報は随時チェックしてみてくださいね。