【2017年夏】夏休みのイベント「アートアクアリウム」幻想的な金魚の世界へ。

アートアクリアウムのアーティストである木村英智が携わったことで有名なのが、「アートアクアリウム2017」です。金魚の持つ芸術性をいかんなく感じさせてくれるアクアリウムになっています。2017年で11年目を迎える人気企画です。今年は、金魚文化の発祥の地だといわれている東京の日本橋、悠久の歴史を持つ京都の2つの都市で開かれます。

1. アートアクアリウム2017は、東京・京都で開催

1-1. 東京会場

2017年7月7日(金)~9月24日(日)は、東京で開催されます。江戸・金魚の涼をテーマとしています。江戸時代に、金魚文化が東京で花開きました。金魚を涼として愛でてきたその時代の文化を見事に再現しています。今年の目玉は「タマテリウム」です。これは、竜宮城をモチーフにした玉手箱のような水槽のなかに、金魚が泳ぐものです。

19時以降は、ナイトアクアリウムとして、よりアダルトな雰囲気に包まれます。ドリンクを飲みながら鑑賞することが可能です。ジャズや舞妓の演舞などの特別ステージも企画されています。入場料は、中学生以上1,000円、4歳~小学生600円、3歳以下無料です。

1-2. 京都会場

2017年10月25日(水)~12月10日(日)は、京都に移ります。京都では、野外展示に変わります。史上最大規模のアートアクアリウムになることで話題を呼んでいます。400年以上の歴史がある元離宮二条城が舞台となります。特にそのなかでも、普段は非公開エリアとなっている二の丸御殿中庭、台所前庭、台所などが開放されます。またとないこの機会に、関心を寄せる人は多いです。

京都のアクアリウムは、とりわけ和を感じさせるものになっています。金魚や鯉、京都の伝統文化である着物を融合、昇華させた展示が実現されます。夜になると、台所前庭が提灯でライトアップされます。京都のお酒やつまみが楽しめる「夜祭BAR」、京都のお茶や和菓子が堪能できる「お茶席」が出店されます。幻想的なアートアクアリウムのなかで、舌鼓を打つのも一興です。入場料は、東京開催よりも少し高い設定になっています。中学生以上1,500円、4歳~小学生1,000円、3歳以下無料です。

2. 2017年は写真家レスリー・キー氏とコラボ
アートアクアリウムでは、有名な写真家とタッグを組む企画が実施されています。その名も、「アーティスティック・フォト・カレンダー・コレクション」です。今年は去年に引き続き第二弾となります。今年は、特に近年、注目を集めている写真家のレスリー・キー氏とタッグを組むことになっています。レスリー・キー氏が、アートアクアリウムにおいて撮影した金魚たちを、2017/2018年のカレンダーにして販売します。カレンダーは、東京と京都の2つの会場で手に入れることができます。

お得なセットチケットも販売中です。その名も、「ARTISTIC PHOTO CALENDAR付きプレミアム入場券」です。セット内容は、前述したレスリー・キー氏のカレンダー、そして前年のコラボ第一弾で製作された篠山紀信氏の2016年カレンダー、期日指定なしの東京会場優先入場券です。セブンチケット、セブン-イレブン店頭のマルチコピー機で販売中です。女優の上戸彩さんが広報大使に就任しています。彼女のポスターが目印です。

2017年夏

【2017年夏】 約2万本の絶景ひまわり!千葉の「風車のひまわりガーデン」に行こう

July 15, 2017

 

information

名称:「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2017 ~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム」
開催日:2017年7月7日(金)~9月24日(日)
開催時間:11:00~23:30※最終入場23:00
会場:日本橋三井ホール(東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 5F)

名称:「大政奉還150周年記念 アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~」
開催日:2017年10月25日(水)~12月10日(日)
開催時間:17:00~22:00※最終入場21:30
会場:元離宮二条城(京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541)

3. アートアクアリウムの歴史

2007年、アートアクアリウムが始まったばかりの頃は、日本橋や六本木のみと、東京で開催されるだけでした。しかし、だんだんとファンが増えていくにしたがって、全国規模で開催されるようになっています。その勢いは日本国内にとどまらず、ついには海外にまで進出します。去年は、イタリアのミラノで「THE BEAUTIFUL WORLD OF ART AQUARIUM」が開催されました。

10年にわたるアートアクアリウムの累計入場者数は、700万人を超えています。まさに大当たりのアートイベントだといえます。昨年の日本橋会場の人気もすさまじく、2ヵ月の会期中に入場者は70万人を超えました。会期の最後の最後まで大盛り上がりでした。

2017年夏

【2017年】夏休みイベント!!東京都内で開催される注目の花火大会まとめ

July 15, 2017

 

4. アートアクアリウムの特徴

Go ☺︎︎さん(@go.429)がシェアした投稿

4-1. テーマは竜宮城
毎年テーマを決めて展示がなされているのが、アートアクアリウムの特徴になっています。今年のテーマは、「竜宮城」です。色々な形状のアーティスティックな水槽のなかには、8000に及ぶ熱帯魚達が泳いでいます。会場はファンシーな音楽と七色に変わる光の競演に包まれています。神秘に満ちた竜宮城の雰囲気が上手く表現されています。

後半に、この式典の一番の見せ場が用意されています。それは、金魚とプロジェクトマッピングのコラボレーションです。光のマジックと金魚のコラボで、今回のテーマである竜宮城がイメージされています。

4-2. 撮影オールOK
こういったアートなイベントでは、会場内は一切撮影NGとされていることも多いです。しかし、このアートアクアリウムでは、撮影はオールOKです。好きなだけ写真を撮りまくることができます。フラッシュを焚いたり、動画で撮影したりするのは禁止されています。しかし、基本、撮影OKなのは、革新的な試みだといえます。

会期中は、フォトコンテストが実施されています。最高の一枚が撮れた! という自負がある方は、思い切って応募してみるのが良いでしょう。ただし、土日は非常に混雑します。アングルやタイミングにこだわって撮るのは迷惑になってしまうので難しいです。本当に写真にこだわるのであれば、平日の人が少ない時間帯に行くのがおすすめです。

会場内の装飾も見事です。評判が良いのは、天井に施された天の川のようなLED電球です。品のある色が使われているので、江戸の優美な雰囲気にもマッチしています。

4-3. 金魚カフェやグッズコーナーも

ミホさん(@miho8172)がシェアした投稿

出口からすぐのところには、休憩できるカフェが併設されています。名称は「金魚カフェ」です。まさにアートアクアリウムのためのカフェだといえます。金魚をイメージしたドリンクやスイーツが提供されています。金魚鉢のような容器に入ったソーダが人気です。

カフェコーナーを抜けた先には、グッズコーナーが設置されています。アートアクアリウムのグッズは、オリジナル作品が多いのが特徴です。会場限定のグッズも多く用意されています。会場内でかかっている独創的なBGMが収録されたCDがあります。アートアクアリウム限定のかすていら焼もお土産として人気を集めています。他にも、手ぬぐいやおもちゃなど、多様なグッズがラインナップされています。

2017年夏

【2017年夏】「夏休み限定の絶景イベント」ワンランク上の思い出を。都心から行けるまとめ

July 15, 2017

 

5. アートアクアリウム2017の注意点

一番気をつけるべきなのは、やはり混雑状況です。いろいろなアート系のイベントのなかでも、アートアクアリウムの込み具合は群を抜いています。土日の午後となると、会場から列が伸びていき、果ては半蔵門線の三越駅まで続きます。最後尾には待ち時間を書いた看板を持った係員さんが立っています。60分待ち、となることも少なくありません。

この混み具合の原因は、確かに人気のイベントだということもあります。しかし、一番の理由は会場のキャパシティーです。思っている以上に小さな会場なので、いっぺんに入れる人数に制限があります。それで近年の人気とあいまって、余計に混んでしまっているという状況です。

行列の先頭に来るまで待つと、係員の方に案内カードを渡してもらいます。このカードがないと、行列を無視して直接4Fの会場に行ったところで中には入れてもらえないわけです。会場の前には、チケット売り場があります。優先入場券を持っている人以外は、ここで入場券を購入することになります。ただ、ここは案内カードを持っている人しかいないので、また長い間並ばなければならない、ということはないです。スムーズに購入することができます。

優先入場券があれば、そもそも長蛇の列を並ぶことなく、チケットも購入せずに、そのまま会場に入れます。

2017年夏

【2017年版】夏休みに仲間と行きたいバーベキュー場10選

July 15, 2017

★優先入場券の価格

平 日:中学生以上2,000円/4歳~小学生 1,200円
土日祝:中学生以上3,000円/4歳~小学生 1,800円
特定日※:中学生以上5,000円/4歳~小学生 3,000円

※特定日=8月11~15日、9月16~18日、9月23~24日

このように、平日は通常料金の2倍、土日祝は3倍、特定日は5倍(!)の価格設定になっています。どうしても並ぶのが嫌なのであれば、この優先入場券がおすすめです。購入はセブンチケットから可能です。