学生必見!夏休みに行きたいインスタ映えする海外旅行先6選!!

更新履歴
-2019-07-05-最新の情報を元に加筆修正

暖かい日が続き夏の訪れを感じると、お出かけもより一層楽しくなりますね。夏休みシーズンに旅行を計画している学生さんも多いのではないでしょうか?

今回は、夏休みに行きたいインスタ映えする海外旅行先6選をご紹介します。有名な人気スポットからまだあまり知られていない穴場スポットまで、見たら必ず行きたくなるようなフォトジェニックなスポットばかりでした!

友達やゼミ仲間との卒業旅行などの行き先として、ぜひ参考にしてみてください!

クロアチア

近年人気の観光地として注目を集めているのがクロアチア共和国です。通称クロアチアはバルカン半島の国の1つで、アドリア海に面した長い海岸線をもち1000を越える島々を抱える国です。時差は、日本のほうが7時間進んでいます。

歴史ある世界遺産や豊かな自然で知られるクロアチアには、心を奪われるような魅力がたくさんつまっています。幻想的な風景やおとぎ話の中のような美しい街並みは、大人気ジブリ作品「魔女の宅急便」や「紅の豚」の舞台にもなっています!思わずうっとりするようなヨーロッパの街並みを満喫することができます。

この季節、夏の訪れを感じさせる美しい街並みや風景は、どこをとってもフォトジェニックでインスタ映え抜群!夏休みに行くにはぴったりのインスタ映えスポットです。さらに日本の気候に近く、治安も良いので安心して異国の雰囲気を楽しむことができます。

クロアチアへのアクセスですが、日本からの直行便はないので基本的に近隣国を経由してのフライトです。所要時間としては、日本から近隣国までおおよそ10時間半~13時間ほどかかり、経由した近隣国からは1時間~3時間ほどで到着します。経由する国によって所要時間が変化しますので、ご確認の上お出かけください。

キューバ

キューバ共和国、通称キューバはカリブ海にあるラテンアメリカの島国です。首都はハバナで、アメリカのフロリダに近い場所に位置しています。日本との時差は13時間で、日本よりも13時間遅れています。

美しい海や豊かな自然が魅力で、白い砂浜と透き通るブルーの海は息を飲むほどの絶景です!自然だけでなくキューバならではの、のんびりとした異国の雰囲気が味わえるのも、社会主義国家であるキューバならではの大きな魅力です。

街並みも実にフォトジェニックで、インスタ映えするフォトスポットが満載。豊かな自然だけでなく街の中がとてもオシャレなので、インスタ女子必見の国でもあります。夏休みシーズン、美しい写真をたくさん撮るにはうってつけの観光地です!

日本からキューバへの直行便はないので、他国経由でのアクセスになります。乗り継ぎ時間などを合わせると合計17時間ほどかかるので、長時間フライトの過ごし方などを考えておくのもおすすめです!

ウユニ塩湖

広大な水面に美しい空を映し「天空の鏡」とも呼ばれる「ウユニ塩湖」は、ボリビアの西部にある「ウユニ」という町にあります。「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」などの様々な絶景ランキングにも、毎回上位にランクインしている有名な絶景スポットです。

ウユニ塩湖は全体の高低差がわずか50cmあまりしかない世界一平らな場所で、雨水が大地に薄く膜を張るようにたまり、鏡のように天を映し出す絶景を生み出しています。季節や天候、時間帯によってその見え方は様々で、それぞれ違った味のある雰囲気を楽しむことができます。

この世に実在する場所とは思えないほどの美しさで、多くのメディアでも取り上げられているので誰もが1度は目にしたことがあるのではないでしょうか?この上ないほどのフォトジェニックな天空の鏡、ウユニ塩湖はまさに「死ぬまでに1度は見ておきたい絶景」です!

ウユニ湖へのアクセスですが、地球の裏側ということもあり移動時間はかなり長めです。日本からの直行便はないのでアメリカなどを経由し、30~35時間ほどかけてボリビアのパラスという都市を目指します。パラスからさらに、飛行機で1時間かバスで10時間かけてやっと到着です。

時間をかけて見に行くだけの価値はじゅうぶんにある絶景ですので、夏休みの旅行にもおすすめです。一生の思い出に残る旅行になること間違いなしです。

ボリビアにはウユニ塩湖の他にも、エメラルド色の湖と野生のフラミンゴを見ることができるラグナベルデなど、インスタジェニックなスポットが他にもたくさんありますよ。以下の記事でご紹介しているので、参考にしてみてください!

世界屈指の高原国家ボリビアで大自然を感じる6大インスタ映えスポット

世界屈指の高原国家ボリビアで大自然を感じる6大インスタ映えスポット

September 13, 2018

リトアニア

ヨーロッパの共和制国家である「リトアニア共和国」は、バルト海沿岸、フィンランドの南に南北に並ぶバルト三国の1つです。旅行先としてはまだ認知度は低めかもしれませんが、歴史的な美しい建造物を豊富に抱える魅力のつまった国です!

世界遺産に登録されている首都ヴィリニュスの歴史地区(旧市街)では、様々な建築様式の建物を見ることができます。大きくて美しい旧市街は、どこを見渡してもオシャレでフォトジェニック!観光客が自由に見学できる教会や大聖堂が20以上もあるので、たくさんのインスタ映え写真も撮ることができます。

リトアニア北部、シャウレイの北12kmにある世界遺産「十字架の丘」も、リトアニア観光では外せないスポットです。発祥は明確にされていませんが、自然と人々が十字架を持ち寄るようになり、リトアニアを代表する巡礼地としても知られています。

「十字架の丘」は観光客でも立ち寄ることができ、誰でも十字架を置いてくることが可能なので、平和の願いを込めて十字架を置いてくるという観光客も多いようです。インスタの投稿でも人気が高く「かっこいい」や「行ってみたい」などのコメントが多く見受けられます。

さらりリトアニアは物価も比較的安く、現地の人々が親切で治安も良いとされているので、日本人が旅行をするのにとてもおすすめの国です!

アイスランド

アイスランドはヨーロッパの外れにある小さな島国で、北海道と四国を合わせたほどの面積に約33万人の人が暮らしています。ハイランドと呼ばれる島の内陸部にはほとんど人が住んでおらず、手付かずの自然が残っています。

氷河と大規模な火山活動により「氷の国」「火の国」としても知られています。夏には夜でも太陽が照らす「白夜」を見ることができ、9月頃~4月半ばまではオーロラを見ることができます。日本では見ることができない、異国ならではの絶景は一生の思い出に残ること間違いなしです!

天然温泉が楽しめる場所も数多く、ユニークなスポットもあるので観光の際は是非チェックしてみてください。さらに、アイスランドは世界一治安のいい国としても有名です。いくら治安が良いといっても旅先で何かあっては困りますので、油断しすぎず観光の際には貴重品などきちんと管理するようにしてください!

日本からアイスランドへの直行便はないので、ヨーロッパ諸都市を経由してのフライトとなります。所要時間は17~21時間ほど。出発地や経由地によって所要時間も変化しますので、予め調べておくことをおすすめします!

モロッコ

モロッコ王国、通称モロッコは北アフリカ北西部に位置する立憲君主制国です。サハラ砂漠や、北部の都市シャウエンが有名で、多くの映画の舞台にもなっており「映画の国」とも呼ばれています。

インスタ投稿でも一際目を引くシャウエンの青い建築物は、とてもフォトジェニックで思わずうっとりするほどの美しさです!「おとぎ話の世界」と称されるほど可愛らしく美しいシャウエンの街は、モロッコ観光ではかかせないインスタ映え抜群のスポットです。

シャウエンの街の建築物が青く塗られている起源は諸説あり、「ユダヤ教で青は天や神を示す神聖な色とされているから」という説や、「虫よけのため」や「街の人が青が好きだから」などの説が上がっています。

日本からモロッコへの直行便はないので、他国経由でのフライトとなり所要時間は約18時間~です。気候の穏やかな夏は、モロッコ旅行のベストシーズンでもありますので、夏休みの旅行にもおすすめです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

治安が良く物価も比較的安い国が多いので、夏休みには是非海外旅行に挑戦してみてくださいね!

インスタ映えスポットでたくさん素敵な写真を撮影しながら、記憶に残る一生の思い出を作りましょう。

思わずインスタで自慢したくなる。海外のフォトジェビーチ5選

思わずインスタで自慢したくなる。海外のフォトジェビーチ5選

October 18, 2018

海や島など、死ぬまでに絶対に行きたい世界の絶景10選

海や島など、死ぬまでに絶対に行きたい世界の絶景10選

November 13, 2017