Colorful Instagram

【厳選】香川県のインスタ映え×フォトジェニックスポット10選!!

香川県といえば、誰もがまず思い浮かべるのがうどんではないでしょうか?「うどん県」などと銘打って、県自体もうどんのPRに勤しんでいることは有名ですが、実は、日本最小面積の県でもあるのです。最小といえども、香川を侮ることなかれ。香川県にはインスタ映え間違いなしの様々なフォトジェニックスポットが存在するのです。今回は、そんな香川県から、厳選したインスタ映え間違いなしの10のスポットを、ご紹介します。ぜひ訪れた際には、たくさん撮影して、インスタグラムにアップしてくださいね!

エンジェルロード

まず、初めにご紹介したいのが、インスタ上で既に数々の美しい画像がアップされているこちらのスポットです。通称、エンジェルロード(天使の散歩道)と呼ばれるその絶景は、1日2回の引き潮の時にだけ姿を現してくれます。その素敵な名前の通り、「大切な人と手をつないで渡ると、砂州の真ん中で天使が舞い降りてきて、願いを叶えてくれる」なんていうロマンティックな言い伝えがある場所なのです。

香川県随一の「恋人の聖地」としても知られていて、若い人を中心に人気のスポットとなっています。映画「ぼくとママの黄色い自転車」や「瀬戸内海賊物語」のロケ地にも選ばれており、訪れても楽しい画像に収めても美しい、香川県を誇るインスタグラム向けのスポットです!

information
【名前】エンジェルロード
【電話番号】0879-62-7004(土佐町商工観光課)
【住所】香川県小豆郡土庄町銀波浦
【Google Map プラグイン】

 

旧金比羅大芝居 金丸座

続いてご紹介するのは、難しい漢字が並ぶこちらのスポット。一見、聞き慣れない感じがしますが、実はこちら、1835年に建てられた日本最古の芝居小屋なのです。日本最古と言えども、その荘厳な佇まいが織りなす独特の建築美は今もなお健在で、どんな芝居小屋にも負けないノスタルジックでかっこいい空気感を醸し出しています。まさにインスタ映えな建物!さらに、最古であるものの、現在もなお公演が行われている現役の芝居小屋でもあり、毎年春には「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が公演され、全国各地からファンが駆けつける場所でもあるのです。

最近では、世代を問わずに歌舞伎鑑賞を面白いと感じる人が増えてきており、香川県の旅をきっかけに、あなたも歌舞伎ファンになってしまうかもしれませんね。ぜひ、江戸時代の情緒あふれる唯一無二な写真をパチリと収め、ぜひあなたのインスタグラムコレクションの1枚にしてみましょう!

information
【名前】旧金比羅大芝居 金丸座
【電話番号】0877-73-3846
【住所】香川県仲多度郡琴平町乙1241
【営業時間】9:00~17:00
【Google Map プラグイン】

津田の松原

続いては、耳にしたこともある人が多いと思うこちらのスポット、津田の松原です。こちらは日本の渚百景にも選ばれている名実ともに日本を代表する絶景スポットで、インスタ映え間違いなしの場所。見事に成長した数々の松が並ぶ松原を抜けると、夏には海水浴場として、その他のシーズンは散歩道として人気の高い、美しい砂浜があなたを迎えてくれます。美しい松とのコントラストに、カメラを構えずにはいられません。様々な角度から撮影し、ぜひインスタグラムへアップしてくださいね!

近くには道の駅もあるので、松原うどんなるものを食べることができます。静かな時が流れる津田の松原は、ゆっくりと一人の時間を過ごせるスポットとしても人気で、カメラをお供に、バイクや自転車で一人旅をしている人も多いようです。インスタにはそんな一人旅を楽しむ人々の画像もたくさんあがっています。あなたもそんな大人な旅に、出かけてみませんか?

information
【名前】津田の松原
【電話番号】087-894-1114(さぬき市商工観光課)
【住所】香川県さぬき市津田町津田
【Google Map プラグイン】

豊稔池ダム

日本には、全国各地にダムファンを魅了する数々のダムが存在しインスタにもたくさんの魅力的な画像がアップされていますが、香川県のダムと言えばこちらの豊稔池(ほうねんいけ)ダムです。ダムファンはもちろん、ファンならずとも魅了されてしまうその絶景の理由は、石積式マルチプルアーチダムと呼ばれる特殊な種類であること。この様式としては日本最古で、歴史を感じさせる荘厳なダムから放水のたびに溢れ出す水が、他のダムでは見ることのできない歴史的な壮大さを醸し出しています。インスタにも様々な画像がアップされていますが、それはまるでヨーロッパの古城のような、素晴らしい風景です。

毎年初夏におこなわれる水を放流する「ゆる抜き」と呼ばれる時期には、全国各地からたくさんの観光客やダムマニアが訪れることでも有名です。ぜひ一度その唯一無二の絶景をカメラに収め、インスタコレクションの1枚にしてみてくださいね!

information
【名前】豊稔池ダム
【電話番号】0875-23-3943(観音寺市文化財保護協会事務局)
【住所】香川県観音寺市大野原町田野々
【Google Map プラグイン】

 

フラワーパーク浦島

香川県の花の名所といえば、こちらのフラワーパークです。マーガレットにキンセンカ、ポピーやゴテチャなどが有名ですが、一年を通して花の絶景を見ることができるのがこのスポットの魅力です。一面に広がる花畑はインスタに映えないわけがない!既にたくさんのインスタアカウントでも、見事な花の絶景が咲き誇っています。そんな画像を見ているだけでもうっとりしてしまいます!このパークの見所は、何と言っても5月のマーガレット花畑。青い空と白く輝くマーガレットの花々が、映画の世界のような美しいコントラストを作り出しています。花畑の向こう側には、青く広がる海と、その中に浮かび上がる島々も眺めることができ、この絶景はこのスポットでしか堪能することのできない貴重なものです。ぜひ、香川県を訪れた際は足を伸ばして、インスタグラムにアップしてみてくださいね!

information
【名前】フラワーパーク浦島
【電話番号】0875-83-3111(三豊市詫間庁舎)
【住所】香川県三豊市詫間町積
【Google Map プラグイン】

丸亀城

日本の各都道府県には、県を代表するお城のあるところが多いですが、香川県を代表するお城といえば、丸亀城です。丸亀市の中心部に位置し、400年以上の歴史を持つこちらのお城の特徴は、その石垣。お城の素人でも立派だということがわかりますが、それもそのはず、高さがなんと6メートルもあり、これは日本一なのだとか。まずはパシャりとインスタに収めたいスポットです。

お城マニアには特にたまらないこちらの石垣、「扇の勾配」と呼ばれる特有の曲線美を兼ね備えており、見る者の心を独特の美しさで捉えます。また、城へ出入りする者を見張っていたと言う「番所長屋」が今も残っているのも特徴の一つです。城郭だけではなくそれを取り巻く環境がどのように整えられていたのかを見ることができる、歴史マニアにはたまらないスポットですね。様々な角度からお城をカメラに収めて、インスタにあげてみましょう!

information
【名前】丸亀城
【電話番号】0877-22-0331
【住所】香川県丸亀市一番丁
【営業時間】9:00~16:00
【Google Map プラグイン】

仏生山温泉

続いてご紹介するフォトジェニックスポットは、仏生山(ぶっしょうざん)温泉です。温泉がフォトジェニックだなんて、ピンとこない人も多いかもしれませんが、一度足を運べばその正体に納得するでしょう。何と言っても、温泉施設が現代美術館のような佇まいをしているのです。このモダンな温泉は高松市内に位置しており、そのおしゃれな空間美と泉質から、若い人を中心に今大きな注目を浴びています。料金が600円と破格なのも嬉しいポイントですね!まずは、施設の外からパシャリと一枚、そして施設の中にもインスタにアップせずにはいられないおしゃれカットがたくさんあります。ぜひ、高松を訪れた際には、こちらを訪れて、インスタ画像の収集と、体の保養に役立ててみてくださいね!

information
【名前】仏生山温泉
【電話番号】087-889-7750
【住所】香川県高松市仏生山町乙114-5
【営業時間】9:00~24:00
【Google Map プラグイン】

直島

直島は、数え切れないほどのフォトジェニックスポットを抱えるアートの島です。日本を代表するアートの島である直島では、美術館やアートプロジェクトなどのアートに関わる様々なことが日々おこなわれています。初めは、町おこしの一環として取り組まれたのですが、見事なまでに功を奏し、今では全国からアートマニア以外もたくさんの観光客が訪れる島になりました。草間彌生さんのドット柄のかぼちゃが出迎えてくれる港に降り立つと、これから訪れるアートな体験に胸がドキドキワクワクしてしまうこと間違いなし!町のいたるところにアートな創作物がゴロゴロ転がっているので、撮り逃がしてしまわないようにしっかりとチェックして、インスタにどんどんアップしてみてくださいね!

information
【名前】直島
【電話番号】087-892-2299(直島町観光協会)
【住所】香川県香川郡直島町
【Google Map プラグイン】

 

ベネッセアートサイト直島

アートの島・直島を代表するスポットといえば、こちらのベネッセアートサイト直島です。直島には、美術館を始め、ホテルや公園などがアートな視点から展開されている総合施設がありますが、その活動範囲は、直島にとどまらず、近隣の島である豊島や犬島までをも舞台にされています。また、こちらの名称は施設を指すものではなく、株式会社ベネッセホールディングスと公益財団法人福武財団が展開しているアート活動の総称であるため、訪れてみると様々な角度からアートな世界にアプローチができる、非常に貴重なスポットです。

「ベネッセアートサイト直島」の基本方針は、瀬戸内海の風景のひとつの場所に、時間をかけてアートをつくりあげていくこと。そのため、ふと散歩に出かけた海に隣接した岸壁に近代アートが展示されていたり、不意に見上げた壁からアート作品の1つとして作られた草が顔を出していたりと、自然と融合したアートは、訪れた人の目と心を飽きさせません。一度の訪問では、全てのアート作品を網羅することは難しいので、何度も足を運び、心とカメラのシャッターにその作品の数々をゆっくり収めたいものです。もちろん、インスタへのアップもお忘れなく!

information
【名前】ベネッセアートサイト直島
【電話番号】087-892-3223
【住所】香川県香川郡直島町琴弾地
【営業時間】8:00~21:00
【Google Map プラグイン】

地中美術館

最後にご紹介するのは、先ほどのベネッセアートサイト直島のプロジェクトの一環として建てられた、美術館のほとんどが地中に埋まっている、世にも珍しいその名も地中美術館です。こちらの美術館は「自然と人間を考える場所」として、2004年に設立されました。瀬戸内の美しい景観を損なわないようにと、建物の大半が地下に埋設されているのですが、美術館を建てるコンセプトにすら、ベネッセアートサイトの考え方が息づいている、非常にアーティスティックなスポットです。

館内には、クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が安藤忠雄設計の建物に恒久設置されており、世界の美術館をみても珍しい、美術館そのものとアートが融合している特別な空間なのです。地下でありながら自然光が降り注ぐ設計になっているので、一日を通して、また四季を通して作品や空間の表情が刻々と変わるのもこちらのスポットの魅力。光と影、そして建物が作り出す不思議な空間を、ぜひインスタグラムにアップしてみてくださいね。あなたのインスタアカウントが、まるで現代美術のコレクション集のようになること、間違いなしです!

information
【名前】地中美術館
【電話番号】087-892-3755
【住所】香川県香川郡直島町34491
【営業時間】10:00~17:00
【Google Map プラグイン】

まとめ

今回は、香川県のフォトジェニックスポットを10選、ご紹介しました。数々のインスタ映え間違いなしのスポットがあるのがこの香川県。「香川県ならうどんでしょ!」と一纏めに考えることはもうできませんね。面積が日本最小ということもあり、うまく旅の日程を組めば、一日でたくさんのフォトジェニックスポットを回ることもできます。数日使えばあなたのインスタグラムアカウントは、見事な香川県の絶景で埋め尽くされることでしょう!ぜひ一度、カメラ片手に香川県を訪れてみてくださいね!