Instagram徹底攻略!業界別の効果的なハッシュタグの付け方

人々の生活に必要不可欠となっているSNSですが、その中でも特に勢いがあるのはInstagramです。写真を投稿するコミュニケーションアプリとしてだけではなく、知りたい情報を探す検索アプリとしても活用されています。Instagramの人気を利用して商品PRを行うために、企業も続々とアカウントを開設しています。

企業のアカウント運営にあたってポイントとなるのはハッシュタグです。業界別に顧客から反応を得やすいハッシュタグというものがあるので、使いこなせれば情報の拡散能力が高まります。今回はInstagramで特に人気が高いファッションやフードなど4種類の業界に着目して効果的なハッシュタグを紹介します。

ハッシュタグの基本知識

応率という優れた特性を持つInstagramは、企業にとって最もメリットの大きいSNSプロモーションが行えるかもしれません。

ハッシュタグの付け方には2種類あります。最も基本的な付け方は短いハッシュタグを複数個付ける方法です。「#ケーキのおいしいカフェが大好き」と長文になってしまうと、検索されにくくなってしまいます。

「#ケーキ#love#cafe」にすれば3つの単語で検索してもらえるため、拡散能力が高いと言えるでしょう。従来はこのテクニックを駆使すれば問題ありませんでした。しかし、最近では「#知らなかったNY」などあえて長文のハッシュタグにするケースも見られます。ハッシュタグは並んで表示されるため、短いと見づらいという欠点があります。

それに比べて長文のハッシュタグは検索されにくいものの、投稿を見た時に1番目立ちます。インスタ女王と呼ばれている渡辺直美さんは「#今日はテレビの収録があったよ」「#おしゃれなモデルさんがいっぱい」というように、ハッシュタグで文章を構成していることもあります。

ファッション関連の効果的なハッシュタグ

女性の利用者が多いInstagramにおいて、最も注目度が高いのはファッション関連の話題です。トレンドアイテムやコーディネートなど、一般人から芸能人まで多くの投稿が見られます。そのためインスタグラマーにしか分からない造語のようなハッシュタグが特徴と言えるでしょう。

「#ootd」は「outfit of the day(今日のコーデ)」、「#ootn」は「今夜のコーデ」という意味です。独特なハッシュタグを覚えて積極的に使っていくことが、ファッション業界において必要不可欠となります。

難しい場合は「#fashion」「#kawaii」など定番ハッシュタグを付けているだけで、ある程度の拡散力は確保できます。初心者の頃は定番ハッシュタグでInstagramに慣れていきましょう。日本語よりも英語の方がおしゃれに見えるため、英語表記が多いのも特徴となっています。

これらの定番ハッシュタグに加えて「#UNIQLO」などのブランド名やアイテム名を付けることが多いです。アイテム名は「#bag」「#shoes」などを指します。イベントやモデルを絡めたプロモーションであれば、ユニークなハッシュタグを考えると良いかもしれません。また、コーディネートに使用したブランドを「@」で表記することもあります。

ハッシュタグとは別に表記することで、ブランドへの誘導がしやすくなります。文章内にハッシュタグを付けることもできるため「今日のポイントは#bagです」など、商品やアイテムを強調するのも効果的な方法です。

フード関連の効果的なハッシュタグ

ファッションの次に注目度が高いのはスイーツやレシピを含むフード関連の話題です。おしゃれに敏感な女性にとって、ビジュアルの可愛いカフェを検索できるInstagramは非常に便利な存在になっています。主婦は写真映えするレシピを検索できるため、活用している人が多いようです。

フード関連もファッションと同じように店名や料理名を付けるのが基本テクニックです。料理名に加えて食材やジャンルを加えれば、拡散能力が高まります。

「#chocolate」「#dessert」などが代表的な例です。「#diet」「#whiteday」など料理に関する機能やイベントをハッシュタグにするのはフード特有の表現となっています。旬な食材や料理があるので、季節を絡めたハッシュタグを付けると良いかもしれませんね。フード全般を示したい場合は「#foodpics」「#foodporn」などを利用しましょう。

Instagramでは「insta○○」「○○stagram」というハッシュタグが頻繁に用いられています。空白部分へ投稿内容に関する単語を入れるだけで、簡単に定番ハッシュタグを作ることができます。Instagram初心者でも利用しやすいハッシュタグです。フードの場合であれば「#instafood」「#foodstagram」が定番ハッシュタグとして、さまざまなシーンで活用されています。

アニマル&ネイチャーの効果的なハッシュタグ

犬や猫など可愛い写真は注目を集めやすく、人気インスタグラマーとして活躍している動物もいます。ネイチャーは世界各国の景色や旅行に関する話題を指し、ビジュアルで魅力を伝えやすい業界と言えるでしょう。そのため数々の旅行関連会社が、Instagramを活用したプロモーションで成功を収めています。

アニマルはファッションやフードよりも個性的なハッシュタグが目立ちます。「#pet」「#cat」「#cutedog」という定番を利用して「#ねこ部」「#ilovemydog」など、少し発展したものが多くなっています。発想力次第でいくらでも工夫を凝らすことができるので、オリジナルのハッシュタグを考えてみてください。コツは定番ハッシュタグに形容詞や修飾語などの装飾を施すことです。

逆にネイチャーは工夫せずに定番を使用するのが主流となっています。「#nature」「#trip」など投稿内容を直接的に表現すれば問題ありません。1つの話題に対するハッシュタグの種類が少ないため、高い拡散能力を持っているのが特徴です。旅行関連会社であれば観光名称をハッシュタグとして活用するのもポイントと言えます。

最近ではInstagramと縁が遠そうな寺院が観光客を集めるために公式アカウントを開設していることもあります。寺院が行っているテクニックは「#temple」など認知度の高いハッシュタグを最初に使用し、フォロワーを集める方法です。フォロワーが増えてから僧侶しか知らない内容を投稿することで寺院の魅力を多くの人に伝えています。

効果を高めるハッシュタグの付け方

業界別に適したハッシュタグを利用すれば、そのジャンルに興味のあるユーザーから注目されやすくなります。効率良く商品をPRできるため、商品や企業の利用率を高めることができます。現在ではTVCMを流すよりも、Instagramで1つプロモーションを成功させた方が効果が高いと言われているほどの影響力があります。

今回例に挙げたハッシュタグはあくまでも一例に過ぎず、他にも効果的なものはたくさんあるのでチェックしてみてください。

また、拡散能力をより高めるテクニックがあります。これまで述べて来た中で定番ハッシュタグとユニークなハッシュタグの2種類がありました。

定番ハッシュタグは高い拡散能力を誇りますが、投稿が埋もれてしまうかもしれません。一方のユニークなハッシュタグは拡散能力は低くなるものの、埋もれてしまうリスクを回避できます。つまり、定番ハッシュタグとユニークなハッシュタグを組み合わせることで互いのデメリットを補えるということです。

定番ハッシュタグの拡散能力で新規顧客を獲得しながら、ユニークなハッシュタグで固定客の話題作りを促すのが最も効果的なプロモーションとなります。ある調査において顧客から反応されやすいハッシュタグの個数は11個という結果が出ています。

定番ハッシュタグとユニークなハッシュタグをそれぞれ5個~6個ずつ付ければ、顧客の目に留まりやすい最高のプロモーションとなるでしょう。