フィルター悩みを解決!インスタグラムのフィルターまとめ

写真を手軽にアップロードして共有できるだけでなく、撮影した画像をその場で綺麗に加工できることもインスタグラムの魅力の一つです。写真を加工する際には、デフォルトで用意されているフィルター機能を使うことが可能で、現在使える効果の数は数十種類にも上ります。こちらでは、その中でもとくに人気のある上位10選を紹介していくことにしましょう。

インスタグラムで写真に効果を加えるには、アプリを起動して写真を撮影した後にフィルターの適用画面に呼び出します。ここから、目的の効果を選ぶことで自動的に写真が加工されるわけです。使い方はとても簡単なので、様々なエフェクトがかかった写真を誰でも手軽に作り出すことができます。

Mayfair

TOP10の中で最も人気が高いのはMayfairです。

これは、撮影した写真に淡いピンクがかったトーンを加えるもので、柔らかで優しい印象の画像になります。また、中央部をやや明るく四隅を暗くすることで被写体がやや強調されるという効果が表れます。仕上がりがとてもソフトなので、人物や風景など様々なシーンで使えるのがポイントでしょう。

Inkwell

2番目に人気があるのはInkwellで、これは写真をモノトーン加工するものです。

Inkwellを使用した場合、写真はスタンダードな白黒画像になります。被写体のイメージをあまり変えずに、ややコントラストを強調したものとなるため、ポートレイトや風景写真などの加工に向いています。写真をモノクロ化するにはもう一つ、Willowというエフェクトもありますが、こちらはセピアがかった色合いになるのが特徴です。

 

Walden

次に使用頻度が多いのはWaldenになります。

こちらは、画像に霞がかかったようなぼんやりとした風合いが加わるのが特徴です。コントラストが弱めになるため、年代を感じさせるような古びた写真に仕上がります。比較的使いやすい効果の一つで、アンティーク雑貨や歴史的な街並などを撮影する際にも向いています。

 

Amaro

TOP3には入りませんが、Amaroも次いで人気があります。

Amaroを使用すれば、写真中央部の明度を上げてはっきりと際立せることが可能です。また、全体の色調はやや緑がかったトーンにシフトします。コントラストも多少軽減されますが、Walden程ではありません。写真の印象はなるべく変えずにシックなイメージにしたい時にぴったりです。

Lo-Fi

5番目にはLo-Fiがランクしています。

これは、コントラストをかなり強調させるもので食べ物の写真などによく合います。風景写真に使った場合は色がはっきりしすぎるため、多少安っぽくなってしまうのが難点でしょう。手軽にくっきりとした画像を作成できますが、被写体やシーンを選んで使いたいエフェクトです。

Valencia

TOP10の第6位はValenciaです。

Valenciaは、写真の明るさを増した上で多少赤みがかった色合いにします。紙に印刷したような質感になるため、被写体の持っているリアルさや生々しい感じを抑えることができます。Valenciaを使用すれば、図書館や博物館の中にいるような落ち着いた雰囲気が作り出せるでしょう。

 

Hefe

7番目にランクインしているのがHefeです。

Hefeは写真の彩度を上げるため、室内の写真や屋外で曇りの日に撮った写真などもややくっきりとした印象を持つようになります。イメージの両端に影が付加されるため、写真には立体感も生まれます。また、コントラストが多少強調されるのもHefeの特徴です。

Hudson

8番目に人気が高いのはHudsonになります。

海や空などを撮影する時にぴったりなのがHudsonです。加工された写真は全体的にやや青く暗くなります。とくに風景写真を写す場合に適していますが、様々なシーンに活用可能です。

X-ProII

これは、緑や黄色などの色彩が強調されるもので、年代物のフィルム写真のような効果が出ます。仕上がりは多少エキゾチックで懐かしい感じとなり、四隅には影も追加されます。元画像とはかなり違った印象に加工されるタイプの効果の一つです。

Lord Kelvin

TOP10の最後はLord Kelvinとなっています。

この効果を使った場合、画像にオレンジの色合いが加味されてコントラストもやや強くなります。日中に撮影した風景写真でも、夕景色のようなノスタルジックな雰囲気に仕上げることが可能です。写真に温かさが加わるため、食べ物や雑貨などを撮影する場合にも適しています。

まとめ

インスタグラムで使えるフィルターの内人気の高い上位10選は以上のようになっています。
どれを使うかを選ぶ際には、まずアカウント内にいくつかの写真を加工してアップロードしてみると良いでしょう。同じような効果を使用して、連続で写真をアップしていくのも一つの方法ですが、ワンポイントでモノクロの写真なども加えていくとアクセントにすることができます。
人気のあるアカウントにするためには、投稿画像による雰囲気作りが欠かせません。上手に効果を使い分けながら画像の加工スキルを磨いていきましょう。