可愛い過ぎる!うのちゃんこと宇野実彩子さん


大人気ダンス&グループのAAAメンバーとして大活躍している宇野実彩子さん。

アーティストとしてだけではなくモデル、女優さんとしても活動している彼女はインスタグラムを開設しており、そのフォロワー数はなんと!81万人を超えていてとても大人気なインスタグラムなのです。

今回はそんな彼女、宇野実彩子さんをインスタグラムを通して紹介していきたいと思います。それでは簡単なプロフィールからどうぞ!

宇野実彩子とは?

名前 宇野実彩子(うのみさこ)
生年月日 1986年7月16日 32歳
出身地 東京都 江戸川区
ニックネーム 宇野ちゃん、みーちゃん、ミチャコ、実彩子
身長 160cm
体重 39kg
足のサイズ 24cm
血液型 O型
メンバーカラー 紫
チャームポイント 前歯
座右の銘 Where there is a will, there is a way(意志ある所に道はある)
特技 英語、ギター、焼肉の大食い、激辛食品を平然と早食い、
趣味 ラインストーングッズ作り、ドライブ、スケボー
得意料理 ホットサンド
好きな楽器 ギター
好きな食べ物 クロワッサン、ブロッコリー、焼肉、辛いもの全般、パスタ、チョコレート、もつ鍋、炭酸、コロッケ

宇野実彩子さんの生い立ち

宇野実彩子さんは1986年(昭和61年)7月16日東京都江戸川区にて教師であるお母さんと、北海道小樽市出身のお父さんの次女として生まれます。東京都杉並区に育ち、10歳上の兄と8歳上のお姉さんがいるそうです。

宇野さんのお姉さんが「安彩子(あさこ)」という名前から「実彩子(みさこ)」と名付けられたそうですね。厳しい家庭教育を受けていたみたいですね。小、中、高は白百合学園に通うということなのでお嬢様だったのでしょうね。

3歳の頃に兄姉の趣味の影響を受けて、西洋音楽やダンスに触れてきた宇野実彩子さん。幼稚園に入りたての頃に上野の森美術館で初めてのコンサートを開催したそうです。

幼い頃の宇野実彩子さんは自分に自信がなく人前に出るのが苦手だったそうなのですが小学2年生から読書感想文やダンスなど表現することに積極的になったみたいですね。

マイケル・ジャクソンのファンになり、英語にも興味を持って、翻訳付きの英語漫画を繰り返し読んでいたそうです。小学5年生の夏休みに世界各国の子供が集まるドイツのサマーキャンプに参加したみたいですね。

小学6年生の頃にASAYANオーディションに合格した鈴木亜美さんを見て、芸能人に憧れて、オーディションを受けるが不合格になってしまいます。 中学3年生のときにイギリスに1ヶ月半留学、ホームステイをしたみたいですね。

ちなみにイギリスを留学先に選んだ理由のひとつとしては、本場のミュージカル「CATS」を見るためだったのだそうです。「さすが本場、さすがプロ。言葉は分からなくても、感動をくれる」と感銘を受けたみたいです。

AAAになる前

宇野実彩子さんは中学生のころからいくつかオーディションを受けるようになります。高校1年生になって、友達に「夏休みの記念に」と勧められて、エイベックスオーディション2002に応募することになります。これが宇野実彩子さんの運命を大きく変えることになります。

「ever since」「Say the word」「NO.1」「Nostalgia」などのパフォーマンスを披露して、最終選考ではボーカル部門でA2ランク5位、ダンス部門で優勝して見事に合格を果たします。

それ以降はエイベックス・アーティストアカデミーでレッスンを受けることになった宇野実彩子さん。ご両親の助言で3年間の厳しいレッスンと学業を両立させたというから努力家の面が分かりますよね。

2003年5月にSweetSのオーディション最終候補メンバーから残念ながら落選してしまいます。レッスンを受け初めて1年後には、後のAAAの男性メンバーと合流して。2年目にスタッフからAAA結成に誘われたそうです。

デビュー後の活動

宇野実彩子さんのデビュー後の活動としては2005年7月放送のフジテレビドラマ「スローダンス」のサウンドトラックにゲストボーカルとして参加します。同年の9月14日にAAAのシングル『BLOOD on FIRE』の女性リードボーカルとして見事デビューを飾り、雑誌やラジオ、テレビなど各方面でのメディア活動を始めます。

同じAAAの末吉秀太さん、伊藤千晃さん、與真司郎さんと共に「彼らの海・VIII -Sentimental Journey-」でテレビドラマ初出演を果たします。そして反戦題材とした舞台の「Theater of AAA 〜ボクラノテ〜」でヒロインのあかね役を演じます。

2006年にハリウッド映画「呪怨 パンデミック(英題:The Grudge 2)」に女子高生・ミユキ(Miyuki)役で出演いたします。プロデューサーの一瀬隆重さんは「英語力と演技力があってキュートな子がなかなかいなくて、諦めかけていた時に出会った」と述べて絶賛されていました。

こんなエピソードもありまして、演技での英語の発音が良すぎたために、「アメリカンスクールに通う日本人らしくない」と指摘されてしまい、録り直しとなってしまったみたいですね。

ソロデビュー曲となった主題歌「End of This Way」では英語詞の作詞も担当しています。そして日本で公開された際には、宇野実彩子さん自らの役の日本語吹替を担当しています。

2007年10月にダンスを題材とした2008年度上半期のNHK連続テレビ小説 「瞳」で主人公の親友の遠藤恵子役を務めることになります。その後には、エイベックス創立20周年記念ショートドラマ「音女」に参加しています。

2009年1月には日高光啓さんと共に東京オリンピック・パラリンピック招致イベント「TOKYO MOVE UPトークスペシャル」に歌手代表として出演することになります。

しかし精神的に疲れて、かつ運動神経の悪化に繋がってしまい、ライブ会場や生活の中でよく転びそうになってしまいます。角膜に傷が入って視力が0.01以下に激落し性格も変わったそうです。レーシック手術を受け0.05だった視力が1.5になったみたいです。

2010年2月に初フォトブック「UNO」が満を持して発売されて、私生活や初水着の写真などを披露してくれています。5月に公開された尾崎将也さんの初監督映画「ランデブー!」では、女優を目指す主人公の谷山めぐる役として初の主演を果たすことになります。

10月にミュージカル「源氏物語×大黒摩季songs〜ボクは、十二単に恋をする〜」に出演して。女優活動と並行して、AAAとしても「NHK紅白歌合戦」に初出演することになります。

しかしミュージックビデオ「逢いたい理由」の撮影中にて、ストレス性の急性胃腸炎を発症ししまい、短期間で激しく痩せてしまったみたいですね。この時は宇野実彩子さんのファンの方々も大変心配されたでしょうね。

宇野実彩子さんは大人気雑誌「JUNON」で、ファッションや料理、旅行記、仕事などに関する連載を始めています。こちらでもマルチな才能を発揮されているのですね。

活動の幅を広げた宇野実彩子さん

デビュー6年目となる頃にはAAAにて今後の方向性をバラエティ番組に進出を目指すようになります。

宇野実彩子さんはなんと総理大臣官邸にて「日越友好音楽祭 感謝状授与式」に出席し、感謝状を授与されたことも。そして連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で、キャバレーの歌手の矢吹あかねを演じて話題になっていましたね。

2015年7月の宇野実彩子さん自身の29歳バースデーイベント「MEAT MEET and MISAKO」に、日本酵素・水素医療美容学会「公認ファスティングカウンセラー」の資格取得を報告したそうです。

9月にはベジタリアン雑誌「veggy」より、ファスティングやライフスタイルに関する連載を始めることになります。

全日本空手道連盟「東京オリンピック2020年 正式種目決定を祝う会『AAAのアンバサダー認定式』」にて、アンバサダー認定状を受領した宇野実彩子さん。

「札幌コレクション2017」で行われた「札幌コレクション ボーカルオーディション2017」でゲスト審査員を務めていたのも記憶に新しいですよね。

最後に

アーティスト活動だけではなく様々なメディアで活躍している宇野実彩子さんの今後の活動には大注目ですよね。

宇野実彩子さんのインスタグラムも是非ともチェックしてみてくださいね。