【インスタ映え】京都の絶景人気観光スポットおすすめ10選

今や世界からも注目を集めている人気観光都市「京都」をご紹介します。みなさんも一度は修学旅行などで訪れたことがあるのではないでしょうか?

昔ながらの景観を未だに残す京都には、絶景スポットがたくさんあります。しかし、京都にはまだまだあなたの知らない魅力があるのです。

今回は、京都の絶景観光スポットを厳選していくつかご紹介させて頂きたいと思います。京都を観光する際には、是非参考にしてみて下さい。それではあなたを京都の町へご案内致します。

金閣寺

This is #KinkakujiTemple #金閣寺 in KYOTO

JapanGram 🇯🇵 いいね!ニッポン。さん(@this_is_japan)がシェアした投稿 –

誰もが知っている人気スポット「金閣寺」をご紹介します。正式名称は「鹿苑寺」と言います。

黄金に輝くその姿に魅了され、世界中から観光客が押し寄せます。お釈迦様の骨をまつった舎利殿金閣が有名なので、一般的に金閣寺と呼ばれています。

ちなみに、ユネスコの世界文化遺産「古都京都の文化財」の構成資産に登録されています。

 

伏見稲荷大社

「伏見稲荷大社」は全国に約3万社あると言われている稲荷神社の総本社です。荘厳で格式高い複数の鳥居があることでも有名です。

外国の観光客の方にも人気があり、毎年多くの観光客が訪れます。商売繁盛の神社なので、特にお正月は賑わっています。金閣寺と並び、一度は行っておくべきスポットです。

南禅寺の水道橋

Teraさん(@tera_2002)がシェアした投稿

「南禅寺」は京都市左京区にある日本で最初の勅願禅寺です。

京都五山及び鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺の中で、最も高い格式を持つお寺なのです。

境内を通る琵琶湖疏水水路閣は、明治時代に建造されたものであり、建設当初は反対の声も多かったようなのですが、今では立派な観光名所です。予約をすれば座禅の体験もできますし、南禅会館にも宿泊できます。

哲学の道

#哲学の道

E.Otsukiさん(@e.otsuki)がシェアした投稿 –

「哲学の道」は日本の道100選にも選ばれています。

京都市左京区にある琵琶湖疎水分線沿った歩道です。幅員は広くないですが、沿道には多くの樹木が植わっています。

京都で最も人気のある散歩道として知られており、常に多くの観光客で賑わっています。春は桜、冬は雪など春夏秋冬に合わせて、それぞれの表情が楽しめる人気スポットです。

西芳寺(さいほうじ)

#kyoto #京都 #西芳寺 #苔寺 #苔のむすまで

小林ゆかり ; Yukari KOBAYASHIさん(@kobayashiyukari_roesleinrot)がシェアした投稿 –

「西芳寺」は京都市西京区松尾にある臨済宗の寺院です。

かのスティーブ・ジョブズもよくお忍びで訪れていた場所で、あたり一面約120種類の苔に覆いつくされた庭園は大変美しいです。一般的には、苔寺の相性で親しまれています。

清水寺や金閣寺などと一緒に「古都京都の文化財-17ヵ所の寺院、神社、城全17物件」の1つとしてユネスコ世界文化遺産にも登録されています。

 

清水寺(きよみずでら)

西国三十三ヶ所巡りの第十六番札所であり、「清水の舞台」として知られる舞台造りの本堂は、釘を使わず縦横に組まれた柱が見事です。

本堂のすぐ北隣に地主神社があり、パワースポットとしても知られています。舞台の下方に音羽の滝、谷を隔てて安産祈願の子安の塔があり、桜や紅葉の時期には多くの人が訪れます。

よく「清水の舞台から飛び降りる覚悟で」などと言いますが、実際に明治時代初頭までは200件ほど飛び降り事件も起きています。現在は修理中ですが、中に入ることは可能です。坂や階段が多い為、ベビーカーでは厳しいかもしれません。

元離宮二条城

かの有名な徳川家康が上洛時の宿舎として築城しました。

家康と秀頼の二条城会見、慶喜の大政奉還の発表が行われた場所でもあり、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもあります。

二の丸御殿は、武家風書院造りの代表的な建築で、各部屋の襖絵は狩野派の作品です。本丸庭園は、芝庭風築山式庭園になっています。

三十三間堂(蓮華王院)

妙法院の境外仏堂で、南北約120mの本堂内陣の柱間が33あることから三十三間堂と呼ばれています。

丈六千手観音坐像、1000体の等身大千手観音立像、風神・雷神像、二十八部衆像など多数の国宝、重文の文化財を有しています。

荘厳な景観を是非とも堪能してみてはいかがでしょうか。

渡月橋(とげつきょう)

嵐山と言うと、まず頭に浮かぶのが渡月橋の風景だと言われています。

平安の初期に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と感想を洩らしたことから「渡月橋」と呼ばれるようになったと言われています。

橋の長さは155mあり、2000年初頭のリニューアル後はとても綺麗になりました。また、南にある嵐山では春は桜、秋は紅葉と春夏秋冬いつでも楽しめます。

 

天橋立(あまのはしだて)

展望所から股のぞきで眺めると、天へかかる橋のように見えるので、それがまた絶景です。

日本三景の1つで、イナザギの命がイナザミの命のもとに、天から通うためにかけたという伝説が残る自然がつくり出した橋なのです。約3.6kmの砂に約8000本もの松並木が続き、神秘的な美しさを持ちます。

天橋立の中には、船が通るたびに90度回転する珍しい廻旋橋などがあり、絶景を眺めながらのんびり散策できるのが、また人気の秘訣です。