Colorful Instagram

おしゃれにエロカワ! 原野愛弓さんのインスタグラムに注目!


更新履歴
– 2019-01-10 最新情報を元に加筆修正
いま、頼れるフォロモン系お姉として「Ranzuki」専属で大活躍中のモデル、原野愛弓(あいみぃ)さん。

2017年9月15日に無事、女のお子さんを出産したことでも話題になっています。

現在、インスタグラムでは産後の美容と健康増進に励んでいる様子が伺えます。そんなアグレッシブな毎日を送り、ますます美しさに磨きがかかる原野さん。

フェロモンたっぷりにも、凛とした美しさも、無垢な魅力も、自由自在にまとえる、そんな多彩なインスタグラムをご紹介します。

「あいみぃ」ってどんな人?

愛称は「あいみぃ」。1995年7月5日生まれ、出身地は鹿児島県。血液型はB型、身長154cm。

2013年9月より雑誌「Ranzuki」専属モデルとして活動し、フェロモン担当として人気者に。SNSにおける、芯の強い内面と誰もが納得のいく力強い言葉が支持を得ています。

彼女はウェブサイト「日刊Ranzuki」でも、ファンからの相談コラム「えろみぃパイセンのフェロ問」が大好評です。そのコラムでは、迷える女子高校生からのお悩みを鮮やかに解決しています。

原野さんの言葉は悩める人たちの心に勇気を与えてくれるとして、たくさんのファンの背中を押しています。

華奢なネックレスでふんわりガーリーに!

 

この日、お気に入りのブランド「バブルス」のトップスを合わせた姿を届けてくれた、原野さん。華奢なネックレスとの相性が抜群です!

それにしても肌の美しいこと…! ファンからも、「ぁぃみちゃんとっても肌きれいだしキレイだょぉー」との声援があります!

あいみぃ流まつ毛パーマのすすめ

 

この日、新宿のサロン「アストニッシュ」からインスタグラムを届けてくれた、原野さん。いまはまつ毛エクステをやめて、まつ毛パーマ通称「マツパ」に切り替えたそう。

自然な美しさの秘密はまつ毛パーマだったんですね!

ますますガーリーにかわいらしく!

 

ファッションブランド「Dear My Love」のコーディネートを届けてくれた、原野さん。最初に目に飛び込んでくるのは、そのかわいらしさです。

ファンからも「前より絶対可愛くなった!!」「若返った。昔のあいみぃ+αって感じ」「なんかいつもと雰囲気変わるね!ゆめてんのあいみぃまた見れて嬉しいいい」などと、声援が送られています。

辛口ドーリーなあいみぃ

 

この日、素敵なバッグを主役にしたコーディネートを届けてくれました。黒と赤のチェックで辛口な色使いです。

ファンからも「バッグかわいい!素敵!すき!」といった声援が送られています。

あいみぃ流ハイトーンカラー指南!

 

この日、ヘアカラーの明るい色に染めるうえで、気を付けていることを教えてくれた、原野さん。下品にならないようにするためには、バランスに気を付ける、アイメイクは濃くしないなど、貴重なアドバイスをしてくれています。

ファンからは「ママがんばってるあいみも素敵!さらに素敵さ増した!」など、声援が寄せられています。

ママになって強く美しく

 

この日届けてくれたのは、「産後の体型戻しトレーニング」で身体を鍛えている時の様子です。さらに今回の投稿の説明文では、ファンからの質問に対しての丁寧な答えが添えられています。

フラフープと縄跳びをメインに、5分間を4セットずつしているそう。けっこう体力が要りそうですが、産後ながら頑張っていらっしゃいます。

そして、この日の体重は44.25キロだそうです。説明文によれば、さすが原野さん、そうとうな努力を続けているとのこと。食事制限と定期的に全身のマッサージに行っているようです。

また、この後に続く文章では、なぜ旦那さんがお子さんをよく預かってくれているのか、という質問についての答えがあります。それに対しては、「旦那さんの仕事の立場が、そういう環境にあるから」とのことです。

ファンからの質問に対し、真摯に答える様子に好感度が高くなりますね。自分の美の秘訣と努力の様子を、惜しげも無く伝える気前の良さが素敵です。

子育てに対し、旦那さんも、環境も、そしてファンも味方してくれる原野さん。ますます美しさに磨きがかかりますね!

ナチュラルに美しく

この日、ナチュラルにメイクをしたインスタグラムを届けてくれた、原野さん。

赤茶色の髪の毛をセンターパーツにしているように見えます。おでこを出し、白いシャツを着ているので、いつもよりもさらに透明感あふれる印象です。大きな目に釘付けになってしまいますね。

薄めのメイクなので、よく見るときちんとメイクしているのがわかります。眉毛は柔らかく、目元は自然にでか目メイク、チークとリップはなじませてしっかりと。計算され尽くした薄めのメイクです。

さすがあいみぃ、美しい。是非とも真似してみたくなる、ナチュラルメイクです。

凛として立つ。そこにある成長した「あいみ」像

この日、沖縄のブセナテラスに滞在していたという原野さん。夕暮れのプールサイドに、凛とした姿で佇む様子を届けてくれました。

空は澄んだ群青色で、ヤシの木がシルエットとなって画面を包み込むように見守っています。画面中心あたりに、ほんのりとオレンジ色の夕焼けがアクセントとなっています。

同じく画面中央にすっくと立つ、原野さんの神々しい姿がとにかく印象的です。もはや、どこか神秘的ですらあります。新たに授かった生命への畏怖と愛情、そして守り、育てるという使命感を帯びて、力強さすら感じられます。

投稿文にはこうあります。「痛いのは当然でしょう! 人が産まれてくるのだから! 痛いの耐えれば会えるのでしょう んなもん楽しみに決まってる!(中略)新しいあいみじゃなくて成長したあいみで戦いながら向き合う年。」

力強さとしなやかさが感じられる文章です。凛とした意思がひしひしと伝わります。こんなに頼もしい言葉がきけて、感動すら覚えますね。

沖縄の美しい自然と、生命をつなぐ母という立場。ともに、「うみだす」「つなぐ」役割があります。大きな使命感を持ち、そして決意をした人は、こんなにも美しいんですね。まるで、絵画の中の女神さまのようですね。

カラフルな二つの笑顔が咲き誇る

この日六本木ヒルズにて、市川奈緒子さんと一緒に映ったインスタグラムを届けてくれた、原野さん。市川さんといえば、アーティスティックなインスタグラムも注目の、「No. 1デブタレント」を目指している注目株です。

それにしても、眩しいほどの明るい、色とりどりなインスタグラムですね。みているだけで元気がもらえそうな、そんな笑顔が咲いています。単純に写真だけを見ると、背景のヒルズのお花畑が、なんだかおとぎの国みたいだなと思わせるほどです。

そのお花畑の美しい様子に負けないお二人です。原野さんは、真っ赤なオフショルダーのトップスを着こなし、彼女自身が花のようになっています。ポニーテールで元気よく決めていますね。胸元のネックレスでさりげなくアクセントを添えています。

一方で、原野さんとはまた違う魅力を持っている、市川さん。鮮やかなピンク色の襟付きトップスで元気よく決めています。青みがかった口紅で華やかさを添えるのも忘れていません。よく見ると、チークも青みがかったピンク色です。この徹底したこだわりが素晴らしいですね。

このインスタグラムを見ていると、「笑顔は最高の化粧」という言葉を思い出します。見ているだけで気持ちが明るくなりますね。この日六本木ヒルズに咲き誇った笑顔は、インターネットとインスタグラムを通じて世界中に元気を届けてくれています。

神秘的な世界から届ける一枚

この日届けてくれたインスタグラムは、ちょっと不思議な雰囲気です。レトロな襟付きジャンパースカートと白いブラウスを合わせてのコーディネート。おとぎ話から抜け出てきたのかのような、そんな一枚です。

白と深い青、金色のボタンが無邪気な印象を強めます。靴もお揃いで、おしゃれさをアピールしています。そこへきて、手元のカンカン帽がアクセント。
真っ白な肌、瞑った目、印象的なピンク色のリップが、幻想的な印象をさらに強めます。

彼女は一体、どんな場所で、なぜここで横たわっているのでしょうか。いや、そもそも、どこの国で、そしていつの時代にいるのでしょうか。そんな風に、想像がつきないインスタグラムです。

まとめ

以上、「あいみぃ」こと、原野愛弓さんのインスタグラムを中心に見てきました。注目すべきは、そのかわいさと美しさ、そして凛とした心の強さ。お子さんを出産したことで、さらに美しさに磨きがかかっているように感じます。

特筆すべきは、多彩な魅力が詰まっているということです。例えば、フェロモンたっぷりにも、凛とした意思の強さも、無邪気な表情も纏える引き出しの多さでしょう。

一つ一つのインスタグラムを見ていると、一つとして同じ瞬間に全く同じ表情のものはなく、それぞれが一点ものの宝石のような美しさを放っているのです。

これからさらに飛躍が期待がかかる原野さん。お子さんの成長とともに、ますます活躍してくれることでしょう。