【必見】MEN’S NON-NOモデルの高見翔太って知ってる!?

MEN’S NON-NOは、カジュアルなコーディネートを好む20代男性から絶大な支持を得ている男性ファッション雑誌です。
数多くのイケメン俳優を輩出しているため、女性の愛読者も少なくありません。

そこで今回は、MEN’S NON-NOで大活躍しているモデル・高見翔太について紹介します。
ファンは勿論のこと、彼のことを知らない方も要チェックです。

MEN’S NON-NO FASHION CIRCLE(通称:MNFC)は、インスタグラムを活用してファッション情報を広域に発信しているチーム。インターネット上で若者に多大な影響を与えている面々で構成されています。

高見翔太は、MEN’S NON-NOの専属モデルになる前からMNFCのメンバーとして活動し、本誌の企画に度々登場していました。

この活動を通じて「自身の魅力をもっと多くの人に見てほしい」という気持ちが強くなったようです。

高見翔太は、第32回メンズノンノモデルオーディションに応募した2,361名の内の1人です。

面接やカメラテストなど編集部員による厳しい審査を通過し、ファイナリスト10名に選ばれました。

2017年10月10日、ラフォーレミュージアム原宿で行われた公開形式の最終選考会において、準グランプリに輝いています。

「落選した場合はモデルの道を断念しよう」という心意気が選考結果へ反映されたのかもしれませんね。

高見翔太は、高校卒業後に同志社大学へ進学しています。
抜群のスタイルと共に、関西有数の名門私立大学に入学できる明晰な頭脳を兼ね備えている人物です。

2017年10月にMEN’S NON-NOの専属モデルとして活動することが決まり、上京を検討し始めました。
そして2018年3月末、4年間生活していた京都を離れ、東京へ活動の拠点を移しています。

上京に不安を感じている一方では、新生活に夢と希望を抱いているようです。

心機一転して再スタートした彼を皆で応援しましょう。

高見翔太は、鳥取県出身です。

自然が豊かな地域で生まれ育ったため、人ごみが得意ではありません。癒しを得られる場所、のどかな風景が好きなようです。

2018年3月、約6年ぶりに飛行機に乗り、温暖な気候環境の海沿いの街へ訪れています。

都会の喧騒から離れて田舎町へと旅行することによって、仕事に対するモチベーションをアップさせているようです。

運が良ければ景勝地で彼に遭遇できるかもしれませんね。

高見翔太は「郷里である鳥取県のヒーローになりたい」とよく口にしています。

スナップサイトや雑誌を定期的にチェックし、地道にファッションのセンスを磨くなど、一流モデルへの道を開拓するために常日頃から研鑽を積み重ねている努力家です。

雑草魂を持って自身の夢を実現させようとしている姿勢に多くの若者が共感を抱いています。

近い将来、彼が故郷に錦を飾る日が訪れることを期待したいですね。

高見翔太は、シンプルなデザイン、洗練された雰囲気を重視して洋服を選んでいるようです。

日本発祥のメンズファッションブランドを好んでおり、オーラリーを愛用しています。ディガウェルやクラネオムなどを着用する機会も少なくありません。

長身のスレンダーな体型を生かして、いずれの洋服も肩肘張らずにさらりと着こなしています。

彼がMEN’S NON-NOの誌面で着用したアイテムの数々は売れ行きが好調に伸びています。

高見翔太は、志を高く持っている人物です。

MNFCに所属して読者モデルと同様の活動に取り組んできた実績を生かし、MEN’S NON-NOの専属モデルとして飛躍を遂げようとしています。

本誌の表紙を飾っている彼を早く見てみたいですね。

また、国内にとどまらず海外のファッションショーへの出演も熱望しています。

クールな見た目とは裏腹に、情熱を持って仕事に取り組んでいるようですね。

1995年10月4日に生まれた高見翔太は、MEN’S NON-NO公式サイトによると、身長は188センチメートルです。

邦楽バンドの楽曲を好んで鑑賞しており、フェスやライブに参加することを趣味としています。

ただ音楽を聴くだけでなく、カラオケへ訪れて歌唱を楽しむことも多いようです。彼の美声を聴いてみたいですね。

高校時代にはバレーボール部に所属していたため、バレーボールが得意です。

まとめ

高見翔太は、SNSを活用し、モデルとしての活動について発信しています。

インスタグラムには、双子のお姉さんとの仲むつまじい様子などプライベートの写真を多数アップしているので、意外な素顔を垣間見るチャンスが豊富です。

MEN’S NON-NOの専属モデルを務めている彼は雲の上のような存在ですが、インスタグラムを閲覧すると身近に感じられますよ。