Colorful Instagram

海外で流行中の寿司ドーナツって何?チェックしてみよう!

更新履歴
– 2018-10-09 最新情報を元に加筆修正
 
寿司ドーナツをご存知ですか?初めて聞く人は寿司の形をしたドーナツ?それとも寿司とドーナツを合体させた新しい料理?と不思議に思ってしまうかもしれません。

今回は、海外で流行中の「寿司ドーナツ」についてご紹介します!インスタグラムにたくさん紹介されている綺麗な色どりの寿司ドーナツ見るだけでもいいですが、みなさんも実際に作ってインスタグラムに投稿してみませんか。もちろん、作り方もご紹介しますよ。柔軟な発想で様々な飾りつけをして楽しんで下さいね。

寿司ドーナツって知ってる?

見た目も美しい寿司ドーナツ!考案したのはオーストラリアで菜食主義者向けに創作活動をしているSAMさん(@sobeautifullyraw)」です。

2018年8月末現在のSAMさんのインスタグラムフォロワーは32万人。投稿写真には寿司ドーナツの他にも、ケーキを始めとするスイーツやおいしそうな料理がたくさんあり、寿司ピザも見ることができます。

インスタグラムで寿司ドーナツをもっとチェックしたい!という人は「#sushidonut」をチェックしてみましょう!

 

寿司ドーナツがどんどん進化してます!

SAMさんが提案した寿司ドーナツをきっかけに、寿司ドーナツはどんどん進化をとげています。日本の寿司ネタと同じようにマグロなどの魚介の刺身をのせたものや、緑や紫、青にご飯を染めた摩訶不思議なシャリを使ったもの、カルフォルニアロールのようにアボカドを乗せたものなど自由な素材で作られているのです。

日本の寿司のように寿司のネタ=海鮮の刺身や卵、寿司のシャリ=酢飯といった概念はないようで、具材やソース、シャリの色や味付けは自由なようです。まさに進化した寿司の形!、というよりは新しい料理ではないでしょうか。

 

もはや寿司ではない?スイーツ寿司ドーナツも登場!

寿司なのに上にイチゴ!?見た目もまさにスイーツそのものの寿司ドーナツもありますね。発想が自由過ぎて日本人の寿司の概念を覆すものばかりです。イチゴのほかにも、チョコスプレーやキウイなどスイーツをトッピングとしたものも見受けられます。

また、海外では寿司の形をしたドーナツがミスタードーナツや海外のドーナツショップEarnest Donutsで発売されています。

こちらは甘いドーナツを寿司っぽく見立てているだけなので、味はおいしいドーナツのようです。箸がポッキーで代用されていたりととてもユニークで面白いですよね。可愛らしいドーナツなので日本のミスドでも商品化してほしいですよね!

 

あなたも寿司ドーナツを作ってインスタグラムにアップしてみて!

寿司ドーナツは自宅で簡単に作れます。基本はお寿司を作るのと同じ!酢飯を作ったことがない!という人は寿司酢を使ったり、寿司の素を使うとおいしく簡単に作れますよ。ごはんに色を付けたい場合は型に入れる前に色を付けてくださいね。

トッピングはまぐろなどの魚介類だけではなく、ごまやのり、アボカドやイチゴなど好きな材料を盛り付けてOKです。1種類だけではなく、2~3種類をバランスよく盛り付けると綺麗に仕上がります。

寿司ドーナツの次にくるのはこれかもしれない!

寿司ドーナツの次にインスタグラムで注目を集めるご飯もの料理は、ブッダボウル。ブッダボウルは、お米やキヌアなどの穀物の上にお野菜をたっぷり乗せてソースかけて食べる動物食品を口にしないビーガンの方たちが考案した料理です。ヘルシーで見た目も美しいのでインスタグラムで注目を集めています。

ブッダボウルは発祥地であるカルフォルニアを中心に全米でも注目を集めつつあります。作り方は簡単でお米やキヌアなどの穀物のほかにも蕎麦などの麺類を底に敷き、彩りよくたっぷりの野菜を盛り付け、ソースをかければ出来上がりです。ダイエット中やリセットごはんとしても注目されています。

様々な素材がのったブッダボウルを見てみたい方は「#buddhabowl」で検索してみましょう。日本でお店でブッダボウルを楽しみたい!という人は、”ニューヨークの朝食の女王”と呼ばれるサラベス(Sarabeth’s)で食べることができますよ。

まとめ

いかがでしたか?寿司ドーナツの魅力を堪能していただけたでしょうか?最初は斬新な見た目に驚くかもしれませんが、ドーナツの形をした寿司なので食べやすいです。手毬寿司を作るような感覚で簡単に作れますよ。おもてなしメニューの1つとしてもおすすめです。

色粉やゆかり・ゴマなどを使い、シャリにアクセントをつけるとより新鮮な寿司ドーナツを作ることができます。機会があれば、ぜひチェックしてくださいね。