Colorful Instagram

【厳選】 新宿駅周辺の可愛いインスタ映えスポット5選!!

日本一の繁華街、新宿。新宿駅周辺にはさまざまなお店が点在しています。そんな”無い物は無い”と言われる街にあるたくさんのおしゃれスポット、インスタ映えスポットの中から、昔から変わらない場所や最新のホットなスポットなどをご紹介致します。高層ビルの夜景や新宿にいるのにまるでビーチにいるようなカフェなど写真を見るだけで行ってみたくなるようなところばかり。どこもインスタ映え間違いなしです!

ドラード和世陀

ドラード和世陀(←ワセダと読みます)は新宿駅から徒歩では遠いので電車を乗り継いで行く事ができます。新宿駅から山手線に乗り高田馬場で下車、高田馬場から東西線に乗り早稲田で下車して徒歩6分の所にある賃貸マンションです。日本のガウディと称される梵寿綱(ぼんじゅこう)という日本人建築家によって1983年に建てられた建築物で、遠くから見てもまた近くで見ても迫力満点の非常に見応えのある、建物そのものがアート作品のようなまさにインスタ映えスポットです。室内にも、床には舌を出した顔がタイルで描かれていたり、大きな右手が天井からぶらさがっていたりします。建築好きな人が多く訪れるスポットです。

【名前】ドラード和世陀
【住所】東京都新宿区早稲田鶴巻町517

東京都庁展望台

新宿駅西口から徒歩10分のところにある「東京都庁展望台」。新宿駅から歩いて行ける一番有名な展望台と言えるでしょう。新宿の高層ビル群の中にある地上202メートルの都庁展望台からの景色は近くに迫力のあるビル群、遠くに東京の町並みや東京タワーやスカイツリー、富士山などを見る事ができるまさに東京の名所です。昼の景色も、夜の景色も最高の感動を与えてくれます。東京都庁そのものもとても見応えのある建築物なので、展望台に上がる前に是非都庁の写真も抑えておきましょう。

【名前】東京都庁展望台
【住所】東京都新宿区西新宿2-8-1
【電話】03-5321-1111
【営業時間】
9:30~23:00,
南展望室第1及び第3火曜日休室
北展望室第2及び第4月曜日休室
年末年始休室

 

新宿アイランドタワー

新宿駅西口から徒歩10分のところにある「新宿アイランドタワー」。オフィス、店舗、学校などを合わせもった建物で営業時間は店舗ごとに異なります。有名なのはなんといってもロバート・インディアナのLOVEのオブジェ。ここで写真撮影をする人たちが後を絶ちません。東京と言えばこれ、新宿と言えばこれです。実は新宿アイランドタワーのオブジェはこの”LOVE”だけではなくさまざまなパブリックアートが設置されています。是非一つ一つじっくり見て楽しんでみてください。新宿駅から歩けるのも嬉しい立地ですが、丸ノ内線西新宿駅からはなんと徒歩30秒でたどり着けます。

【名前】新宿アイランドタワー
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1
【電話】03-3348-1177

ワイルドビーチ新宿

新宿駅東口改札北側エレベーター屋上直結の「ワイルドビーチ新宿」。白い砂浜にピンクのパラソル。ビルの屋上に突如現れたビーチのようなカフェです。カフェメニューだけでなくなんとバーベキューも楽しめます。新宿駅の上であることを忘れてしまいそうな店内でコットンテントにランタンを灯せば高級リゾート気分も味わえます。特に人気なのは羽のアートウォール。ここで写真を撮ればインスタ映え間違い無しです。今新宿で最もホットなおしゃれカフェです。

【名前】ワイルドビーチ新宿
【住所】東京都新宿区新宿3丁目38番1号
【電話】070-3884-7290
【営業時間】
平日:11:00~23:00
土日祝:11:00~22:30
定休日(館に準ずる)※雨天中止

 

inspyre

西武新宿駅から徒歩3分、新宿駅東口からは徒歩5分のところにある「inSPYre」。こちらはなんとスパイ体験アトラクションです。一人でもグループでも参加できます。1回の料金は980円とリーズナブル。10分間で敵のアジトに乗り込み仕掛けを解いていきます。頭脳だけでなく、体も使うところが気分爽快で楽しいポイントです。ゲームの後にカフェで食べられるお食事もメニューが豊富で人気です。新宿らしい新しいスタイルのアトラクション。ぜひ一度本気で遊んでみてください。「悔しい!もう一度!!」と再挑戦する人も少なくありません。

【名前】inSPYre
【住所】東京都新宿区歌舞伎町1-20-1
【電話】03-5155-1481
【営業時間】
11:00~5:00
無休

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。次々に新しいお店がオープンして人々の心を楽しませてくれる新宿駅周辺。同時に昔から変わらない名所も守られています。そのどちらを写真に収めても新宿という街を表せる景色ばかりです。新宿駅周辺に訪れる際は、一箇所だけでなく是非二箇所も三箇所も足を運んでみてください。きっと新しい発見に胸が弾みます。