Colorful Instagram

様々な文化渦巻く街御茶ノ水でオススメのインスタ映えスポット6選

ビジネス街、学生街、楽器街、グルメ街など様々顔を持つバラエティ豊かな街、それが御茶ノ水です。この街には写真映えするカフェやレストランと言った定番のインスタスポットや歴史の情緒を感じさせる場所、文化の風に浸れる施設など色とりどりのフォトジェニックがまだまだ眠っています。今回は御茶ノ水で思わずシャッターを切りたくなってしまうスポットを6ヶ所ご紹介します。まだまだ知られていない御茶ノ水の魅力が盛りだくさんですよ。

エル・チャテオ・デル・プエンテ

エル・チャテオ・デル・プエンテは御茶ノ水駅から歩いて3分に位置するカジュアルなスペイン料理店です。「ブエンテ」とはスペイン語で「橋」を意味する言葉で、開放的な店内を進むと窓から神田川にかかった昌平橋が見える洒落たデザインになっています。
広々とした店内で味わう事の出来る定番のパエリアや自慢の料理シャンピニオンのアヒージョなど、スペインの風土を感じさせてくれる郷土料理はやみつきになりそうです。御茶ノ水で気軽にスペインの味や雰囲気を堪能出来る酒場となっています。

【名前】エル・チャテオ・デル・プエンテ
【住所】東京都千代田区神田淡路町2-9
【電話】03-3255-1005
【営業時間】
月~金:17:00~23:00
土:16:30~23:00
日:12:00~21:00

cafe 104.5

御茶ノ水駅から3分程歩くと見えてくるスタイリッシュな店構えのカフェレストラン「cafe 104.5」が見えてきます。こちらのお店はジャズ好きの間で有名なジャズクラブ「ブルーノート東京」が手がけるカフェで、ウッディで落ち着きのある内装や音質と選曲にこだわったBGMなど居心地の良い空間演出のセンスが光ります。
フレンチをベースに和のテイストを加えたオリジナルのメニューは新鮮味があり、お店オリジナルソースをセルフで料理に加える事で音楽のライブ感を表現するなどユニークな仕組みです。楽器店が建ち並ぶ音楽の町御茶ノ水らしいお店ですね。

【名前】エル・チャテオ・デル・プエンテ
【住所】東京都千代田区神田淡路町2-101
【電話】050-5570-4478
【営業時間】
月~金:11:30~23:00
土~日:11:30~22:00

 

コーヒーパーラー ヒルトップ

コーヒーパーラーヒルトップは御茶ノ水駅より徒歩5分、丘上に佇む「山の上ホテル」の地下1階にあります。地下でありながら上り坂に面した構造の為日当たりがよく温かな空気が流れる店内です。
ホテルの一角らしい本格的な洋食メニューは食通もうなる程、更には自家製のオリジナルスイーツや12時間かけて水出しするこだわりのコーヒーは身も心も癒してくれます。有名作家も好んで利用するという御茶ノ水の憩いの喫茶店です。

【名前】コーヒーパーラー ヒルトップ
【住所】東京都千代田区神田駿河台1-1
【電話】03-3293-2834
【営業時間】10:30~21:00

GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU

Restaurant 1899 Ochanomizuは御茶ノ水駅から徒歩3分、「茶を食す」というグルメ街御茶ノ水の中でも一風変わったコンセプトの和食ダイニングです。厳選して仕入れる野菜を中心に組み立てられたお茶の創作料理はヘルシーでありながらもしっかりと旨みが感じられる逸品揃い、お茶のソムリエが淹れるグリーンティーは抜群の風味を楽しむ事が出来ます。日本ワインをベースに作られた珍しい抹茶ワインや抹茶ビールも必見ですよ。

【名前】GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU
【住所】東京都千代田区神田駿河台3-4
【電話】03-3251-1150
【営業時間】11:00~23:00

 

おりがみ会館

文京区の文化遺産にも指定されているおりがみ会館では日本の伝統文化であるおりがみにまつわる歴史を調べたり、職人や作家による様々な作品展示を楽しむ事が出来ます。御茶ノ水駅から徒歩7分というアクセス良好な立地という事もあり、日本の文化に興味のある外国人観光客にも人気のスポットです。世界各国から集めた作品展や初心者向けのおりがみ教室、充実したお土産屋さんなどグローバルな御茶ノ水らしいオープンな雰囲気の博物館となっています。

【名前】おりがみ会館
【住所】東京都文京区湯島1-7-14
【電話】03-3811-4025
【営業時間】9:30~18:00

昌平橋

御茶ノ水駅から歩いて3分の所にある神田川にかかった昌平橋は寛永年間(1624~1644)にかけられたと伝えられている由緒ある桟橋です。明治時代に洪水で流された後すぐに再建され、昭和3年に架けられたものが現在の形となります。赤みの強いレンガで造られた昌平橋は明治当初の情緒を色濃く残しており、かつて国鉄の駅が設置されていた事も鮮明に思い出させてくれそうです。御茶ノ水の変遷を感じられる貴重な史跡として様々な人に親しまれています。

【名前】昌平橋
【住所】東京都千代田区外神田1~神田淡路町2
【電話】03-3251-1150
【営業時間】0:00~24:00

さいごに

グルメスポットを中心にインスタ映えする6ヶ所のスポットをご紹介してみました。感性豊かな御茶ノ水らしくハイスタンダードなレストランからちょっと変わったカフェ、歴史や文化と言った視点からも写真を楽しむ事の出来るポイントが目白押しです。ジャンルが豊富な街なので自分の趣味嗜好に合った写真を撮りやすいのも御茶ノ水の魅力と言えるのではないでしょうか。もしかしたら撮影中に自分の新たな趣味に出会えるかも知れませんね。