Colorful Instagram

静岡県のインスタ映えスポットを紹介【熱海編】

オシャレなスポットや食べ物はインスタ映えを気にするインスタグラマーにとって大事な情報ですよね。旅行ではインスタ映えを考えて行き先を選ぶ人も多くいます。
特に素敵な写真を投稿して共感を得たい女子が多く、現代ではSNSで情報を共有して場所を教えてもらうことも多くあるようです。

そこで今回は、静岡県熱海市のインスタ映えスポットや名産品などを紹介します。

熱海温泉 熱海プリン

最初に紹介するのは「熱海温泉 熱海プリン」です。

熱海駅のすぐ前にお店があり、温泉街に溶け込むレトロな外観はインスタ映えに最適。公式インスタグラムもあり、ハッシュタグをつけて投稿すれば、なんと自分の写真をホームページに載せてもらえるのです。

お店には写真を撮りやすいように台が置いてあり、多くの方がそこで撮影しているようです。

熱海は静岡県内で一番の観光地で、多くの観光客が季節問わずに訪れます。
駅前のおいしいプリンをみんなに紹介してみましょう。

【名前】熱海温泉 熱海プリン
【住所】静岡県熱海市田原本町3-14
【電話】0557-81-0720
【営業時間】月~日:10:00~18:00

MOA美術館

県内では静岡県立美術館と並んで人気のある「MOA美術館」。
丘陵地にあるため、ガラス張りの空間からは熱海の中心街だけでなく相模湾を一望できます。

中でも有名なのが、最上階に繋がるエレベーター。
天井のLEDに照らされた光のトンネルを上っていくと目の前に現れるのが、ドーム型の天井に映し出された万華鏡です。とても美しく、目の前にしたら写真を撮らずにはいられなくなるでしょう。

【名前】MOA美術館
【住所】静岡県熱海市桃山町26-2
【電話】0557-84-2511
【営業時間】9:30~16:30 ※定休日:木曜日(祝祭日の場合は営業)

花の茶屋

茶の庭を見ながら和食を楽しめる「花の茶屋」は、MOA美術館の館内にあります。

近未来的な美術館とは違い全体が和のテイストとなっており、MOA美術館に行けば一度にインスタ映えスポットを2か所も回れるため、静岡県内外からインスタグラマーが多く訪れることで有名です。

熱海の街並みは見えませんが、きれいに整備された庭園をバックに撮影した和食は一際おいしそうに見えるでしょう。

【名前】花の茶屋
【住所】静岡県熱海市桃山町26-2
【電話】0557-84-2835
【営業時間】11:30~15:30 ※定休日:水曜日・木曜日

KICHI+(キチプラス)

熱海駅前の平和通り商店街にある古民家を改装したカフェ「KICHI+(キチプラス)」。
静岡県の名産品にもなっている新鮮なシラスとワサビを食べることができます。

木温もりを感じられる家具と和紙のような壁紙は、心を落ち着かせてくれることでしょう。

晴れの日はすりガラスの扉を中心にピントを合わせることで逆光になり、店内が隠れ家のような空間に見える写真を撮ることができます。
ぜひ一度試してみてください!

【名前】KICHI+(キチプラス)
【住所】静岡県熱海市田原本町6-11
【電話】0557-82-8833
【営業時間】10:00~18:00 ※定休日:水曜日

88tees CAFE(ヤヤカフェ)

海沿いにある日本離れしたカフェ「88tees CAFE(ヤヤカフェ)」は、相模湾や道路沿いのヤシの木を眺めながら食事することができます。

眺めの良さだけでなく、ガーリックシュリンプやロコモコなどのハワイ料理を楽しめことから、静岡県内外から多くのインスタグラマーが訪れています。

もうひとつの売りは熱海海上花火大会を店内から見られること。綺麗な花火をバックに撮影したハワイ料理は注目の的になるでしょう。

【名前】88tees CAFE(ヤヤカフェ)
【住所】静岡県熱海市東海岸町6-51
【電話】050-3116-3890
【営業時間】10:00~20:00 ※定休日:木曜日

旧日向別邸

熱海にある重要文化財「旧日向別邸」。

地下室はドイツ人建築家ブルーノ・ブルーノ・タウトの作品で、日本に残っている彼の唯一の作品です。
建物はもちろん敷地内全てが美しく、日本人なら一度は訪れてみたいスポットです。

インスタグラムにも多く投稿されており、フィルター加工しなくても美しい写真を撮ることができるので、インスタグラマーならきっと気に入ることでしょう。

静岡に来たらぜひ寄ってみてください。

【名前】旧日向別邸
【住所】静岡県熱海市春日町8-37
【電話】0557-86-6232(熱海市生涯学習課文化施設室)
【営業時間】土・日・祝:10:00~16:00 ※定休日:月~金

さいごに

今回は熱海市のおススメスポット6つを紹介しました。
中には突然休みになるお店もありますが、公式ホームページで事前に告知されるため、出かける前に調べておくといいでしょう。

駅から出た瞬間に漂う観光地ならではの雰囲気は、なかなか体感できるものではありません。
たくさんの美しい写真を撮り、マイページに新しい雰囲気をプラスしてください。