Colorful Instagram

大人気青文字系モデル【瀬戸あゆみちゃん】のインスタグラムが可愛すぎる!!

他の人にはマネできないほどの個性を爆発させるハイセンスの持ち主・瀬戸あゆみちゃんは10代の原宿系女子から絶大なる支持を得ているモデルです。

「Zipper」や「NYLON」といったファッション誌で人気を集め、2013年には自身初のスタイルブックである「AyumiKidz」を発売。翌年には瀬戸あゆみちゃんがディレクション・デザインする「Ayumiinthebattygirls」がインスタレーションで展示されるなど、活躍の幅を広げている注目の青文字系モデルです。

黒髪だった髪が一変、オレンジに色に変身遂げた瀬戸あゆみちゃん。

キレイなオレンジヘアになるには、ブリーチをして赤髪にしてから、黒染めをして黒髪へ、そしてまたブリーチをして、ようやくオレンジ色へと変貌を遂げました。スリーステップを踏んだからこそ、これだけキレイなオレンジが出来上がったのです。

このキレイなオレンジ色をキープするために、シャンプーは2分、トリートメントは7分ほど置いてから洗い流し、ドライやコテなど髪に熱の負担がかかる時には洗い流さないトリートメントを使う徹底さを見せます。その努力は並大抵ではありません。

25歳を迎えた瀬戸あゆみちゃんが、誕生日パーティーを開いたことで話題を集めました。

自分で企画した誕生日パーティーですが、周囲の協力を得て大好きな友人たちと共に過ごすことができたパーティーとなりました。

いつも支えてくれるみんなに、節目である25歳というタイミングで、「ありがとう」と伝えるために開催した誕生日会。

デザイナーとして、女性として覚悟を新たに頑張ると決めた瀬戸あゆみちゃんのインスタグラムには、たくさんのいいねが集まりました。

2017年9月9日に「jouetie× Aymmy」のコラボイベントが開催されました。

瀬戸あゆみちゃんがディレクション・デザインする「Aymmy in the batty girls」とMARK STYLER株式会社が運営するファッションブランド「jpietie」が夢のコラボレーションを果たしました。

ラフォーレ原宿FASHION’S NIGHTOUTにて先行発売され、大成功を収めました。

2017年のハロウィンではマックでおなじみのドナルドに仮装して周囲を驚かせました。

L.A.から遊びに来た瀬戸あゆみちゃんの友人であるMeiちゃんと共に仮装を楽しんだようです。

初めて渋谷のハロウィンに参加し、参加する若者のパワーに圧倒されながらも、帰りにはマックでポテトとシェイクを買う度胸をみせる、ドナルドに扮した瀬戸あゆみちゃんとウェンディーに扮したMeiちゃんの姿に、話題が集中しました。

cookpadTVアプリで見られるクッキングライブ映像を配信。もともと料理好きの瀬戸あゆみちゃんが、パンを習う動画です。

インスタグラムでは、クッキーではなくパンを食べている写真をアップしたそうですが、それでも十分料理配信の魅力が伝わってくる写真とコメントとなりました。

ブログでも手作りパスタなどの料理が紹介されています。

スタイリストやモデルを目指すファッションニスタたちから熱い視線を集める瀬戸あゆみちゃんが、京都に行ったときに着た着物姿をアップしました。着物や帯、付属品に至るまで、すべてを瀬戸あゆみちゃんが選び、着物でもそのセンスの高さを披露しました。

「着物や帯などは、たくさんのある中から選べてとても楽しかった」と話す瀬戸あゆみちゃんは、Meiちゃんと色違いの着物をチョイスしています。

専属モデルとして所属していた「Zipper」が2017年12月をもって休刊することとなりました。それに伴い、8年半パチパチズとして活躍してきた瀬戸あゆみちゃんも卒業。

BYE BYE PARTYと名づけられたお別れパーティーでは、新旧のパチパチズが顔を揃え、最後の夜をライターや編集者などZipperファミリーで過ごしています。

みんなとZipperでの思い出を語り合い、最後には涙してしまうくらい感極まった瀬戸あゆみちゃんでした。

2017年のベスト9写真には、彼女が活躍した証が収められています。そんな写真を見ながら、旅行の思い出や新しい友達ができたことを感慨深そうに振り返る瀬戸あゆみちゃん。
唯一の心残りは、身体を鍛えなったことだと記しています。

そんな瀬戸あゆみちゃんの、モデルやディレクション・デザイナーとしての活躍ぶりに、ファンのみならずファッション業界からの注目度は下がることがないでしょう。

まとめ

青文字系ファッションのアイコンとして活躍する瀬戸あゆみちゃんの個性溢れるファッションやコーディネートセンスは、唯一無二と言えます。
そんな瀬戸あゆみちゃんの誰にもマネできないファッションセンスを遺憾なく発揮したのが、青文字系ブランド「Aymmy in the batty girls」。

モデルという枠を超え、ディレクション・デザイナーとして活躍の幅を広げる瀬戸あゆみちゃんから、今後も目が離せません。