Colorful Instagram

【他人にバレる?】インスタグラムの検索履歴を削除する方法は?

インスタグラムを楽しんでいる時に、他人や特定の人に見られたくない検索履歴が残ってしった。

そのような事態になったことはありませんか?もしかしたら今も履歴に残っていて困っている状態では?

今回は、そんなあなたのために、インスタグラムの検索履歴を削除する方法をご紹介します。

ぜひ参考にしていただいて不安の残らないインスタライフを送ってください。

検索履歴が残るのはどんな時?

そもそも、インスタグラムに検索履歴が残るのはどの操作を行ったときなのか確認しておきましょう。

まず、検索しようと検索欄にワードを入力して検索候補のアカウントやハッシュタグの一覧が表示された時。

この段階では履歴として残りません。

 

次に、検索候補のいずれかをタップして検索結果のページに変わった時。

ここで選択したアカウントやハッシュタグ、それらに関連するワードが検索履歴として記録され、次回の検索時に表示されるようになります。

検索履歴をまとめて削除するには?

では、本題となる検索履歴を削除する方法についてご説明します。

検索履歴を削除するには履歴全体を削除する方法と、履歴の一部だけを削除する方法があります。

AndroidとiOSで少し操作が異なりますが、Andoroidを基準にご説明します。

まずは、すべての検索履歴をまとめて削除する手順です。

Androidの場合、まずトップ画面右下の人型アイコンからプロフィールページに入り、右上の3つの線が入ったアイコンを押します。

 

その後、画面下のアイコンから設定画面に入ると「検索履歴」の項目がありますのでタップします。

 

その後の画面で「検索をクリア」という項目が表示されますので、こちらをタップします。

 

本当に削除するか確認されますので、「はい」を押せば検索履歴が削除されます。

 

iOS版でも同様にプロフィールから削除することが可能です。

プロフィール画面の歯車アイコンから「オプション」画面に移動したら、オプション画面の下部にある「検索履歴を削除」を選択します。

Androidと同様に確認が入りますので承諾すれば履歴が消去されます。

一部の履歴を削除するには?

一部の履歴を削除する場合、削除できる履歴とできない履歴があります。

一部削除ができる履歴

インスタグラムの検索画面には、

上位検索
ピープル(ユーザー)
ハッシュタグ
スポット

この4種類があります。

ユーザーは好きな方法を選んで検索することができ、それぞれに検索履歴が残ることになります。

このうち「上位検索」と「ピープル(ユーザー)検索」で「おすすめ」として表示されている履歴は削除することができます。

削除の仕方は簡単です。

Androidの場合は、検索画面のそれぞれの履歴の右に「×」印がありますので、これをタップすればすぐに削除されます。

iOSの場合は、削除したい履歴を長押しすると非表示にするか確認画面になりますので、「非表示にする」を選択すれば検索画面から消去されます。

一部削除ができない履歴

一方で、

「上位検索」の「最近」に表示されている履歴
ハッシュタグ
スポット

この3項目は個別に消去することができません。

削除するには先ほどご紹介した全体の履歴を削除する手順を踏む必要があります。

これらの方がむしろ消したい履歴が多くなると思いますので非常に残念なのですが、今後のアップデートに期待したいところです。

検索履歴が残らないようにする設定は可能?

ここまで検索履歴を削除する方法をご紹介しましたが、そもそも検索履歴が元々残らないように設定できれば削除する手間が省けますよね。

しかし、残念ながらInstagramのアプリで検索履歴が残らないように設定をすることはできません。

履歴が残った後に削除する方法しかないのが現状です。

ただ、履歴が残らない設定するということは、同時に残したかった履歴も見直せないことになります。

実際、すべての検索履歴を削除したいというシチュエーションは多くないと思います。

そのことを加味すれば、履歴が残らない機能を搭載していないのは妥当ともいえる判断かもしれません。

検索や閲覧が相手に知られることはある?

検索履歴とは少し異なりますが、ユーザーの中には友人や知人など特定のユーザーを検索した際にプロフィール画面や写真を閲覧した痕跡を消したい、という人もいるでしょう。

ただご安心ください。検索や閲覧の履歴が相手に通知されたり、相手の記録に残ったりすることはありません。

履歴がそもそも存在しないので、当然それらを削除する必要もないのです。

この点に関して心配する必要はないでしょう。

足跡がつくアクションには要注意

一方、相手に閲覧したことがわかるアクションもあります。

ストーリーやライブ動画の閲覧は足跡として残り、ダイレクトメッセージについても一度確認すれば既読が付きますので、読んだことが相手にわかります。

当然、投稿に対してコメントしたり、「いいね!」をしたりすれば、これも相手の画面に記録が残ります。

「いいね!」を取り消したとしてもアクションした通知が相手に届きますので、それを消すことができません。

これらの軌跡を残したくない場合には、慎重に操作する必要があるでしょう。

検索履歴を削除したくない時に気を付けるべき行動

反対に、検索履歴を残しておきたい場合、削除してしまわないよう気を付けるべき行動もあります。

それは、Instagramのアプリからログアウトしてしまうことです。

ログアウトすると検索履歴が自動的に消去されてしまいます。

もし検索履歴を残しておきたい場合は、残したい理由が解消されてからログアウトするようにしましょう。

ちなみに、アプリやスマホ自体を再起動しても検索履歴が消えることはありませんので、その点は安心して大丈夫です。