【必見】女子卓球選手のインスタのまとめ

人気実力共に素晴らしい選手が登場したことで、世界的に卓球が人気を集めるようになりました。世界各国の女子卓球選手の中から特に注目度の高い選手を6人ピックアップしています。これまであまり卓球を観戦したことがないという方も、これをきっかけにじっくり試合を見てみてはいかがでしょうか?お気に入りの選手が見つかったら、是非応援してあげて下さい。

加藤美優

加藤美優は、卓球選手である父親の影響を受けて6歳で卓球をするようになりました。様々な卓球クラブで腕を磨き、小学1年生の時には全日本選手権大会でベスト8に残る成績を残しています。2013年には、中学生にして女子シングルスで2年連続のランキング16入りという快挙も果たしました。攻撃守り共に安定感のあるオールラウンドプレイヤーぶりは、今後の日本の卓球界を背負う女子卓球選手として期待されています。チキータに逆回転を加えたサーブレシーブは彼女オリジナルの得意技で、その様子は様々な試合で見ることができます。実力派として評価されている女子卓球選手の一人です。

山梨有理

静岡県出身の山梨有理は小学2年生の時に地元のクラブで卓球を始め、大学進学後も女子卓球選手として多くの試合に出場しました。社会人になってからも、大学の後輩と組んで出場したジャパンオープンのダブルスで優勝を飾っています。2011年には世界選手権のダブルス代表に選出され、ベスト16に入る成績を残しました。女子卓球選手としては151cmという小柄な体格ながら、表ソフトのバック連打と高打点のフォアドライブをメインとしたパワフルなプレースタイルが持ち味です。また、前半戦では速攻、中盤ではドライブ戦と様々な戦術を使い分ける器用さが評価されています。

 

リーリー・チャン

リーリー・チャンは、アメリカ合衆国出身の女子卓球選手です。卓球を愛好する中国人の両親を持ち、幼い頃より卓球に親しんで育ちました。7歳になるとアメリカの卓球クラブで本格的な訓練を受けるようになります。2010年と2011年の全米選手権大会ではジュニアガールズ部門で優勝を果たし、女子シングルス部門では準優勝という好成績を残しました。ドキュメンタリー番組の取材を受けるなど、アメリカ国内でも有数の実力派女子卓球選手として人気を集めています。彼女の美しい黒髪とエキゾチックな美貌も多くのファンから賞賛されています。

ベルナデッテ・スッチ

ルーマニア出身のベルナデッテ・スッチは、フォトジェニックな美貌を持つ女子卓球選手として国内外で話題となっています。実兄も卓球選手という家庭に育ち、彼女自身もジュニア時代から数々の好成績を残しています。2009年には、世界ジュニア選手権のコロンビア大会でベスト8に入りました。2011年には、世界ジュニアサーキットで3大会優勝という快挙も果たしています。世界ランクでも上位にランクインしており、美貌と実力を兼ね備えた女子卓球選手としてこれからの活躍が期待されています。妖精のような可憐な容姿を是非インスタでチェックしてみて下さい。

 

アドリアナ・ディアス

カリブ海北東に位置するプエルトリコで生まれたアドリアナ・ディアスは、幼い頃より元代表選手だった父の手作りの卓球台で訓練を重ねてきました。彼女の2人の姉も国を代表する女子卓球選手として活躍しています。かわいらしい容姿を持ちながら、彼女から繰り出される技の数々は男子顔負けのパワフルさです。滑らかな腕の動きとのびのびとしたプレースタイルが多くのファンを魅了しています。メンタル面もしっかりしているため、長期戦に入っても堂々とした姿勢が崩れることがありません。カリブ海の新星として多くの人々の期待を集める女子卓球選手です。

ブリット・エールラント

オランダ出身のブリット・エールラントは、16歳だった2010年にイスタンブールで開催された欧州ユース選手権大会で優勝を果たしました。2016年には、自身初となるシングルチャンピオンにも輝いています。彼女のデビューは12歳の時のオランダのプレミアムリーグ戦です。この際には、最年少の女子卓球選手ということで話題になりました。ヨーロッパ圏を代表する女子卓球選手として数々の試合に出場しており、これからも国際的な試合で活躍することが期待されています。美しいブロンドと優しい表情から、オランダ国内でアイドル的な人気を誇っています。

さいごに

今回ご紹介したのはそれぞれの概要ということで、もっと深く知りたいという方はインターネットや動画サイトなどで彼女たちのことを詳しく調べてみて下さい。インスタをチェックすれば、女子卓球選手たちの意外な素顔やプレー中の真剣な表情を見ることができます。6人の女子卓球選手以外にも世界中に有望な選手がたくさんいるので、これを機に調べてみてはいかがですか。