【インスタグラム】一時停止する方法は?再開法や注意点なども紹介!


LINE・Twitter・インスタグラムなどのSNSは、2020年現在でも利用者数を伸ばしているプラットフォームです。

中でもインスタグラムは、様々な機能がありおしゃれな写真や動画を投稿する方が多いのですが、何年か使っていると「このアカウントも潮時かな~」「でも削除したくない」という方がいると思います。

そんな時は「アカウントの一時停止」がおすすめです。

当記事ではインスタグラムで「一時停止する方法は?」「再開法」「注意点」などについて詳しく解説していきます。

インスタグラムの「一時停止」とは?

インスタグラムの「一時停止」とは?の挿入画像

インスタグラムを利用していて、「わけあって一時的にインスタを離れることになった」「インスタ投稿するのちょっと疲れたから休みたい」という方がいると思います。

このように一時的にインスタグラムを離れる・使う機会が少なくなるという方は、アカウントの「一時停止」がおすすめです。

インスタグラムの一時停止とは、インスタグラムから姿を消すことができる機能で、好きな時にアカウントを元に戻せます

「アカウント削除」とは違う?

インスタグラムの一時停止を、「アカウント削除」と間違える人が多いのですがこれらは全くの別物です。

以下で、アカウント削除とアカウント一時停止の違いをまとめたのでご参照ください。

一時停止 一時的にアカウントを停止し、自分の「投稿」「コメント」「プロフィール」などが非表示になります。

期間無制限で、いつでも再ログインできます。
アカウント削除 アカウントを完全に削除できます。

もし「やっぱりアカウントを戻したい」という考えになった場合は、アカウント削除を申請してから「1か月の間」に再ログインできます。

一時停止したアカウントは他のユーザーからどう見える?

一時停止したアカウントは他のユーザーからどう見える?の挿入画像

インスタグラムの一時停止について解説してきましたが、「アカウントを一時停止したら、他のユーザーからどのように見えているのか気になる」という方もいるのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、アカウントを一時停止するとほとんどの情報が「非表示」になります

実際に一時停止したアカウントを別アカウントから見てみましょう。

①プロフィールが見れなくなる

①プロフィールが見れなくなるの画像

一時停止したアカウントを見ようとしても、情報は何一つ表示されません。

▼一時停止したアカウントで表示されない項目

・名前
・投稿数
・フォロワー
・フォロー
・アイコン画像

 

アプリやネット環境が重いのが原因で、上記画像のようにアカウントが表示されないこともありますが、もしそうでない場合は相手がアカウントを一時停止している可能性があります。

②DMが見れなくなる

 

インスタグラムで一時停止したアカウントに「DMを送ることができない」とよく言われていますが、実際は「DMを見る」「過去のメッセージのやり取り履歴を見る」「新規メッセージの送信」などを行うことができます

しかし、相手が再ログインするまで返信が返ってくることはありません。

最短で戻ってきたとしても1日以上はかかってしまうので、返信を待つしかありません。

インスタグラムのアカウントを一時停止する方法は?

インスタグラムのアカウントを一時停止する方法は?の挿入画像

インスタグラムを日頃から使用していて、「少しの間使わない」「毎日投稿するの疲れたから少しお休みしよう」と考えたことがある方はいませんか?

こういう場合、一時停止を行うことでインスタグラムから離れることができるのですが「どうやってアカウントを一時停止するの?」と疑問に思う方がいるはずです。

そこで以下より、インスタグラムのアカウントを一時停止する方法・手順を紹介します。

step1.Webブラウザで「Instagram」or「インスタグラム」と検索

step1.Webブラウザで「Instagram」or「インスタグラム」と検索の画像

まず始めに、「Google chrome」や「safari」などのWebブラウザで「Instagram」もしくは「インスタグラム」と検索して「Web版インスタグラム」を開きます。

step2.「ログイン」をタップし、ログイン情報を入力する

次に、「ログイン」をタップし、ログイン情報を入力します。

手順は以下の通りです。

①「新しいタブを開く」をタップ
②「ログイン情報」を入力
③ ログイン情報を保存しますか?を「後で」にしておく

 

step3.「プロフィールを編集」をタップし、「アカウントを一時的に停止する」をタップ

step3.「プロフィールを編集」をタップし、「アカウントを一時的に停止する」をタップのコラージュ画像

次に、「アカウントを一時的に停止する」をタップします。

手順は以下の通りです。

①「プロフィールを編集」をタップ
②「アカウントを一時的に停止する」をタップ

 

step4.「アカウントを停止する理由」を選択し、「パスワードの再入力」を行う

次に、「アカウントを停止する理由」を選択し、「パスワードの再入力」を行います。

手順は以下の通りです。

①「アカウントを停止する理由」を選択
②「パスワードの再入力」を行う

 

step5.アカウントの一時停止を実行

次に、アカウントの一時停止を実行します。

手順は以下の通りです。

①「アカウントの一時的な停止」をタップ
②「はい」をタップ

 

step6.インスタグラムアプリでログアウトできているか確認

最後に、インスタグラムアプリを開き「ログアウトされました」と表示が出たら完了です。

インスタグラムで一時停止したアカウントを再開(復活)する方法は?

インスタグラムで「アカウントを一時停止する方法」を紹介してきましたが、逆に「一時停止したアカウントを再開(復活)させるにはどうしたらいいの?」と思う方いるのではないでしょうか。

しかし中には、「どういう手順でアカウントを再開させるのか知りたい!」という方もいると思うので、以下より、インスタグラムで一時停止したアカウントを再開(復活)する方法・手順を紹介します。

step1.Webブラウザで「Instagram」or「インスタグラム」と検索

step1.Webブラウザで「Instagram」or「インスタグラム」と検索の画像

まず始めに、「Google chrome」や「safari」などのWebブラウザで「Instagram」もしくは「インスタグラム」と検索して「Web版インスタグラム」を開きます。

step2.ログイン情報を入力

次に、ログイン画面にて「ログイン情報」を入力します。

手順は以下の通りです。

①「ログイン情報」を入力
② ログインできているか確認

 

注意

アカウントを一時停止してすぐに再ログインする場合は注意点が1点あり、アカウントを一時停止した後は「すぐに再ログインできない」ので注意が必要です。

インスタグラムでアカウントを一時停止する際の注意点は?

インスタグラムでアカウントを一時停止する際の注意点は?の挿入画像

インスタグラムでは、「アカウント削除」と「アカウントの一時停止」の2つがあり、「あまり使わないアカウントどうしようかな」「もしかしたらまた使うかもしれないな」という場面があると思います。

このような場合は断然「アカウントの一時停止」の方をおすすめしますが、「アカウントの一時停止をする際に何か気を付けておくことはある?」「注意点を知りたい」という方もいると思います。

そこで以下より、インスタグラムでアカウントを一時停止する際の注意点を紹介します。

  • webブラウザ版からログインできなくなる
  • アカウントの停止は1週間に1回しかできない

注意①webブラウザ版からログインできなくなる

インスタグラムのアカウントを一時停止した後、Webインスタグラムで再度ログインしようとしても「アカウントの停止は完了していません。再開するには、数時間待ってください。」と表示されログインできません。

この場合は、「時間を置いてから再度ログイン」をしてください。

注意②アカウントの停止は1週間に1回しかできない

インスタグラムのアカウントの停止は、「1週間に1回」までしかできません。

アカウントの停止を何回も行うことができるわけではないので注意しましょう。

まとめ

「インスタグラムの一時停止について」「アカウントを一時停止する方法」「注意点」などを紹介してきましたが、いかがでしょうか。

インスタグラムを利用していて、あまりこのアカウント使わないな、でもまた復活するかもしれないという場面があると思いますが、このような場合は、「アカウントを一時停止」して非表示にしておきましょう。

また、アカウントを一時停止する際にはいくつかの注意点もあるので熟知してインスタグラムを利用してほしいと思います。