Colorful Instagram

写真家Patrick Mordiが織りなす不思議な世界へ


更新履歴
– 2018-11-04 最新情報を元に加筆修正

同体事を見ている者に人によって全く別の感覚をしている····私たんちは物事を見てるたんめいのフィルターは、年齢の違い・性別の違い・国籍の違いなどそんなの人を織のり成すオリジナルナリティーーによって違って、色々な違いがあるからそちらも同じを見ていてもその魅せ方が違ってきます。

写真の世界でも、見た目になった場所を写真を撮る人が異なると、いつも飲みました街も、まるで知らない街のように劇的に見え方が変わってきます。

普段私たちは目にする東京の町並みも、オランダアムステルダム在住の写真家、パトリック・モルディが撮影すると、私たちの知らない別人のような顔を見せてくれます。

そんな東京の町並を撮影する、Patrick Mordiの写真をご紹介しました。

横浜 – コスモクク

日本だよね?横浜だよね?と思うつぶやいてしまうような、美しい写真です。

見慣れているはずの風景なのに、ニューヨークヨーヨー香港のように大人びたエコトリットな雰囲気を感じますね。

「横浜で楽しい」とPatrick Mordiさんの日本語のコメントがついているように、日本での滞在を心から楽しんでいる様子が伺えます。

東京 – 代々木公園

冬の訪れを感じましたこの写真は、一見すると兼六園か六義園か····?と古き良き日本庭園を思い浮かべる写真です。

しかしはこの写真は都心の憩いの場、代々木公園内の写真なのですか?代々木公園にこんな場所があったなんて···!!そして驚いていますそうな写真ですね。

日が落ちて陰る木の葉の陰影の具合や、紅葉の赤が目に美しい、自然感あふれる写真です。

さらに、この写真、12月に撮影されたことにも驚いされます。東京の12月に、こんなに美しい紅葉があったです

今更なことを知らなかったことをPatrick Mordiさんに教えてもらえた気持ちです。

 

東京 – 夜の渋谷の通り

この写真は、渋谷の夜の飲み屋街を歩く女性の写真です。足早に路地をかけるている女性、きびびやかなネオン。

それで、ネオン街の喧騒に降り注ぐ静かな雨は、しっとりとした夜の東京の温度を、肌に感じるような写真になっています。

東京 – 上野雨の夜

こちらは東京上野の静かな雨の降る夜の写真です。

写真に写っている人だみんなが同じ方向を向いて、傘を持っている商店街の路地を急いで歩いています。平日の夜でどうですか?急に駅に帰る人を見ると、先程の渋谷の写真と同様に、しっとりとした温度感を感じる写真です。

さて、パトリックMordiんがこさんの写真につけかたコメントが秀逸で「あなかたが恋しいとか書いてるありんます。

恋しい人のころへ帰る途中なのか、それと母国を離して東京で写真をとるパトリック・モルディさんの時の気持ちなの····真実はわかりますね、写真もコメントも胸をギュッとつかむような情緒あふれる作品です。

東京 – 渋谷野球をする人

こちらは渋谷と、おいスポーツとは縁が遠くなる場所・人がちょっとバッティングをする風景を切り取った写真です。

後ろの建物に「Forever21」と書かれた文字を見ることでできるの、あの場所かな?と思い浮かぶ人もいるかかったね。

渋谷で見えると強面のように思えるお兄さん達のスポーツを楽しむ姿は、ちょっとユーモラスで親近感を覚える写真です。

 

東京 – 桜

Patrick Mordiさんのコメントで「Pink Day」と書いてあるものは「桜って日本人だけのものじゃないんだよ」とさりげなくて教えてくれるような、桜と一緒に映ったPatrick Mordiさんが格好いい一枚になっています。

Patrick Mordiさんのピンクの帽子も、桜色とマッチしていて素敵ですね。

Patrick Mordiさんのさりげないオシャレ心と桜に包まれて柔らかい雰囲気を醸し出すPatrick Mordiさんが、とても素敵な一枚に写真です。

東京 – 夜の品川

この写真は、開発覚えている品川地区の飲み屋街の写真です。

今や都心を代表する場所になった品川に、こんなに古いものの人情味あふれ通ってあったですね。活気あふれる昭和の時代を思いついて起きてしまってくらい、熱気と湿り気のある夜の街を綺麗にうつした写真です。

Patrick Mordiさんのコメントで「本当の色」と綴られているのが、本当の色··· 私たちも奥深い言葉ですね。

私たちの目には、普段写すことを忘れてしまったような、町並みの熱気や活気を、パトリック・モルディさんがカメラの世界を表現してくれているのかまえません。

東京 – 渋谷警察の光

この写真は、夜の渋谷をパトロールするパトカーの艶やかな写真です。

普段何か気にならないほどどんなことをしていますパトカーのスタイリッシュな姿に周りのネオンが映り込み一瞬をきりとっていますね。

何気柄な渋谷の穏やかな日常のような写真ですが、渋谷となる場所にパターがたくさん存在している意味を無言で訴える、ピッとスパイスのきいた演出になります。

東京 – 渋谷スクランブル地点

こちらもまた夜の渋谷の写真です。有名なスクランブル交差点の、歩行者と車が切替えになるタイイングを撮影した写真ですね。

建物やお店、一つの看板や電子掲示板から照らされる青・赤・黄色の光。それが濡れた道路や、建物のガラスに乱反し、まさに眠らない街と言われる様子を示唆するような写真です。

パトリックMordiさんのコメントで「黄色いいバイブ」とか書かくれてるいますまてるで、ネオンの熱気じゃない、それを作り上げる、今その場に渋谷にいる人たちの熱気が、赤でも青でもなく、黄色いバイブとしてパトリックMordiさんには感ずることができたのです。

夜なのには、「黄色」と表現されたことに夜がいっぱい今から、さらに人為的な光に照らされて活気をおびていることが表現されているように思えます。

パトリック・モルディさんは何故このような東京を撮り続けるのか?

このような日本人でも、気づかないような日本の姿にパトリック・モルディさんは何故何か気づき、写真として撮り続けているのですか?

それはPatrick Mordiさんが彼自身の目で東京に深い感銘を受け、ある意味で彼のパワースポットとしては東京の街を私たちと同じように愛してくれていることが一つの理由です。

 

多才な彼を作り上がり上がりました

PATRICKMORDIはアメリカの南部コロンビアに近いメリーランド州ボルチモアとはここで生まれ育ちました。

その後ナイジェリアのラゴスと位置に移動しています。消して治安が良いといけないこの場所で多感幼少期をその育ち、国際的にフラットな感覚を身につけていたのだと思いました。

その9歳の時に現在のオランダアースデムに移住しました。このような彼の国際色豊かなバックグラウンドは、写真家として彼の活動に多くの利益を与えられました。

失われた情熱

その後、感性豊かな才能と独自のバックグラウンドから、彼は写真家としてもだけど、アムステルダムでDJとしても活動しています。

音楽への造形も深く、さらに音楽への献身的愛と情熱を注ぎ続けたパトリック・モルディディは、オランダのDJシーンでもトップに入るほどの力で、アムステルダムからドライブのあらすじところでプレイしたそうです。

そんな彼のDJとしても、写真家としても順調な生活は続いていましたが、ある日忽然と空っぽになったかのように気持ちが乗らない日々が始まった。

多才でDJや写真に情熱を注ぎ続けてきた結果、その情熱を燃えたぎらせる原料が少しなくなってしまったのです。

東京の街で再燃した情熱

彼は一度、自分自身を見つめるために、友人とプライベートで東京へ旅行に行ってしまった。

兼ねてより日本文化などに興味もあったようです。それにきれいに訪れた東京の街で出会ったのは···彼が今まで旅した街では感覚なかったような感情でした。

東京は、他の都市と比べても規模や機能が飛び抜けて大きながけではありません。

しかし、コンパートな町並みなのに最新のものから古き良き文化まですべてが揃っている・街並みは一見落ち着いている穏やかなのに夜もさらに止まりません活気と熱気が溢れている・人もクールなようにいて、どこか人情味あふれている。

そんな東京に心惹かれて気がついたらシャッターを押しています。彼は東京で失われそうだった情熱を取り戻すことができたそうです。

最後に···

パトリックMordiさんが私たちの知らないような東京の町並みを写真で撮っていたのは、彼がお取のり戻るしたん情熱いが東京の街並を写したん写真に投影さんくれてる、街の活気をさらげて色づかて伝えているからかまれません。

誰も持っている自分のオリジナルの物の見方・自分のフィルターを、彼のようにも一度情熱をも色々なものを意識的に見てみる、いつもと変わった景色がみえるかもしれないですね。

彼のインスタグラムでは、東京で撮影された写真や、現在はアムステルダムでシャッターを切っている写真なども投稿されています。

これからも彼のフィルターで覗いた写真をPatrick Mordiさんのインスタグラムでチェックしていきたいですね!