Vシネマの帝王!小沢仁志さんのインスタグラムから「男」を学ぼう

大人の男性には、大人の男性にしか出せない色気や魅力があります。特に、年齢を重ねると、これまでの経験や生き方が魅力を一層引き立てます。

そんな大人の魅力に溢れた男性として、圧倒的な存在感を放つのが小沢仁志さんです。Vシネマの帝王と呼ばれ、その強面のルックスが特徴的な大御所俳優さんです。

実は、インスタグラムに写真を投稿している事でも知られています。小沢仁志さんのインスタグラムには、「男の色気」と「男の魅力」が溢れています。

小沢仁志さんのインスタグラムに迫っていく今回。大人の男性の魅力に触れたい女性はもちろん。本物のかっこよさを目指す男性にとっても必見の内容です。

プロフィール

まずは、小沢仁志さんのプロフィールから確認していきたいと思います。
小沢仁志さんは、1962年6月19日生まれの現在55歳です。(2017年現在)出身地は東京です。

1983年にテレビドラマ「太陽に吠えろ」で俳優としてデビューを果たしています。デビュー後は、数々のドラマや映画などの作品に出演しています。特に、Vシネマの帝王と呼ばれる程、Vシネマにおいては、圧倒的な存在感を放っています。

近年は、俳優だけに止まらず、映画監督としても活躍されている小沢仁志さん。最近では、バラエティ番組にも多く出演するなど、お茶の間でも多くの人気を集めています。

渋すぎる

小沢仁志さんと言えば、何と言っても強面なルックスが特徴の俳優さんです。小沢仁志さんの写真は、その一枚一枚に渋すぎる大人の魅力が詰まっています。

どの一枚を切り取っても、大人のかっこよさと渋さが滲み出ている小沢仁志さん。そんな、小沢仁志さんの写真の数々を次々と見ていきましょう。

抜群のオーラ

一流と呼ばれる人は、共通して圧倒的な存在感を放っています。小沢仁志さんも、圧倒的なオーラと存在感を放つ人物の一人です。

その抜群のオーラはこの一枚の写真を見て頂けると、分かるはずです。写真越しに伝わる抜群のオーラに見ているこちらは、圧倒されるのみです。

 

これぞ帝王

Vシネマの帝王と言われるほど、アウトローな映画には、欠かせない存在の小沢仁志さん。この写真は、刺青をした役柄の時に撮影された一枚です。

他を一切寄せ付けないその迫力は、まさに帝王と言うべき一枚です。

男飯

鍋に入ったたくさんのカレー。とても美味しそうですよね。実は、このカレーは小沢仁志さんが作ったものなんです。この写真には、

久々にカレー作ってみた!一晩寝かせて、明日が食い頃かな!

と、コメントが添えられています。大きな鍋に入ったカレーは、これぞ男飯とも言える食欲をそそる一枚です。

朝からガッツリ

小沢仁志さんのインスタグラムにアップされている料理の写真は、カレーだけではありません。中には、こんなガッツリとしたステーキの写真もアップされています。

この、ステーキの写真は、いつかの夜ご飯の写真ではありません。実は、朝食の写真なんです。朝からこのボリュームで、ガッツリとステーキを食べる小沢仁志さん。漢を感じずには入られません。

OZAWA

小沢仁志さんが、俳優としてだけでなく映画監督としても活躍されているのをご存知でしょうか?小沢仁志さんは、OZAWA名義で監督として作品を世に届けている人でもあります。

OZAWAさんの代表作には「喧嘩の極意」「実録新撰組」などがあります。気になった方は一度見てみてはいかがでしょうか?

伝説×伝説

小沢仁志さんと一緒に映っている男性は、濱の番長として知られている元横浜ベイスターズの三浦大輔さんです。

Vシネマの帝王である小沢仁志さんと、プロ野球界の伝説とも言える三浦大輔のツーショット。伝説×伝説とも言える豪華すぎる一枚です。

 

男は生き様

小沢仁志さんと言えば、その破天荒な生き方もよく話題に上がる一人です。伝説的な数々のエピソードを残している小沢仁志さん。

例えば、若手俳優の時代に大御所の俳優さんに向かって、喧嘩を売ったという話も残っています。その他にも、破天荒な秘話がたくさん残されています。俳優としてだけではなく、生き様そのものが、小沢仁志さん最大の魅力であると言えます。

ピッチャー?

投球フォームで映る小沢仁志さん。この写真は、ヤクルトスワローズの始球式に出場した際の投稿です。この写真には、

送られてきた投球フォーム!形はいいが、球速がなぁ〜!

と、思ったより速度が出なかった事を悔やむコメントが投稿されています。この写真のコメント欄には、「兄貴のフォームかっこいいです」「素敵でかっこいいです」などの多くの反響が寄せられました。

好きなもの?苦手なもの?

強面な印象とは違い、ディズニーランドが大好きという小沢仁志さん。テレビ番組で、ディズニーランドが好きと言った際には、そのギャップから大きな話題となりました。

ディズニーランドが大好きな小沢仁志さん。しかし、絶叫系のアトラクションは、苦手だそうです。なんだか、とても親近感のわく可愛い一面です。

 

お茶目な一面

小沢仁志さんのインスタグラムの中には、こんなお茶目な格好をした一枚も。トナカイの被り物をした写真は、普段の印象とは違った小沢仁志さんの姿が見れます。

こんなチャーミングな一面があるのも、小沢仁志さんが長きに渡って、多くのファンから愛される所以です。

ユーモアも抜群

かっこよさ・可愛さ・お茶目さ、と多種多様な魅力を持ち合わせている小沢仁志さん。それらに加えて、ユーモアのセンスも抜群です。

小型の扇風機を真顔で使う小沢仁志さん。その姿は、思わずにやけてしまう一枚となっています。この写真の他にも、ユーモアに溢れた写真が多く投稿されている小沢仁志さんのインスタグラム。この機会にフォローして見ては、いかがでしょうか?

まとめ

ここまで、Vシネマの帝王として、知られる小沢仁志さんのインスタグラムを見てきました。皆さんも、男の色気漂う写真の虜になったのではないでしょうか?

男気溢れる写真が溢れる小沢仁志さんのインスタグラム。それだけでなく、小沢仁志さんのインスタグラムの魅力は、彼の色んな一面が見れる事にあります。それは、決してテレビやドラマでは見る事ができない魅力です。

次は、どんな一面が見れるのか。小沢仁志さんのインスタグラムをフォローして、新たな魅力を発見して見てはいかがでしょうか。