本物みたいな絵?インスタグラムで見られるリアルな油絵が写真と見間違うレベル!

更新履歴
– 2019-08-14-最新情報を元に加筆修正

一見「写真?」と思ってしまうほどリアルな油絵が、インスタグラムで話題になっています。

この美しい油絵の作者はReisha Perlmutter(リーシャ・ペルマター)というフロリダに住む女性のアーティストです。今回はうっとりと見入ってしまう美しい作品を紹介していきます。

美しすぎる油絵とは?

写真と見間違えるようなハイパーリアリスティックアートの中でも、これは水中を描いたもの。見ているだけで水の音が聞こえてきそう。水の中に潜っている女性は涼しげで、ぶくぶくという泡の音まで聞こえてきそうです。でもこれ、写真じゃないんです!

リーシャさんの描く作品の凄いところは、まるで水の中に浮かぶリーシャさん自身のポートレートが写真のよう。水泡や水面に当たる光を実に見事に再現した絵がこのハイパーリアルアートなのです。

ぱっと見ただけでは写真に見えますが、近くでよく見ると油絵だということが分かります。とても幻想的でそしてこの透明度…誰でも思わずうっとりしてしまうことでしょう。

描かれている女性が本当に水中で「ブクブク」っと息を吐いていて今にも動き出しそうですよね。この絵は水面・水中・光が見事に再現された、本物の写真より美しい「ハイパーリアルアート」と呼ばれるものだそうです。

この絵を描いているのは?

作者はフロリダ在住のアーティスト、Reisha Perlmutterさん。フロリダの太陽と海に親しみながら成長したPerlmutterさんは、シカゴ、イタリア、パリ、NYなど様々な場所で専門的に絵画を学び、高度な技術を習得。

彼女はナポリ生まれで、今はフロリダで活動している彼女。光と影の印象などは、一部幼少期の思い出を元に表現しているそうです。そのほかの作品はInstagramやwebサイトで公開中。アメリカ国内に限らず、展示を予定しているとか。

現在、ニューヨークを拠点に活動しているリーシャさんですがヨーロッパでも彼女の作品の評価は高く、フランスや地元イタリアでも賞を受賞しているほどの腕前。

ハイパーリアルアーティストのリーシャ・ペルマターさんは、ナポリ出身でシカゴやイタリア・パリなど様々な場所で絵画を学び高度な技術を取得し、ニューヨークを拠点として現在活躍しています。

インスタグラムで公開しているだけではなく、ニューヨーク・イタリア・シカゴなどで個展を開催しています。この美しい絵画を一度目の前で見てみたいですね。

どうやって描かれているの?作成過程もインスタグラムで一部公開!

水の中に浮かぶ、ご自身のポートレートがまるで写真のようなのです。アートは好きですが悲しいくらいに絵心のない私はどうしたらここまでリアルに描けるのか不思議でたまりません。

どう見ても写真にしか見えないPerlmutterさんの作品はInstagramでも大きな話題になっています。現在は故郷フロリダで新しいシリーズに挑戦しているというPerlmutterさん。水に当たる部分によって織りなされる光のコントラストが見事に再現されそれはとても美しい。

過程を公開しているとより「すごいな~」と感心がわきますよね。リーシャさんとキャンパスのサイズの差がわかるように、実はとても大きいキャンバスで書かれているんです!

華奢なリーシャさんが大きなキャンバスに豪快に色づけする姿には、迫力が感じられます。現在は次のシリーズに挑戦中とのことで、次の作品の公開に期待が持てそうですね。

まとめ

リーシャさんのインスタグラムアカウント(@ReishaPerlmutter)では、紹介しきれなかった作品や作品の制作工程、リーシャさん本人の写真などを見ることができます。リアルすぎて思わず見入ってしまうこと間違いありません!いつか日本でも個展を開いてくれると嬉しいですね。