「ヌードヨガガール」が作った全裸でヨガをしている写真を投稿するブームが続いている!

インスタグラムが持つ独自の検索文化、ハッシュタグを使うと、自分と同じ好みや趣味を持つ人と簡単に繋がる事ができます。また、そのハッシュタグを付けて投稿した写真が見れる機能も。

そんな機能を使って有名なハッシュタグ文化を作ったケースは少なくありません。

今回ご紹介するのも、去年から始まり今となっては1つの文化になったハッシュタグです。

全裸のヨガ

インスタグラマー達が一斉に全裸でのヨガの写真を投稿し始めた現象は、今から約3年前、@nude_yogagirlというインスタグラム・アカウントが投稿した1枚の写真から始まります。

アカウント名からして全裸のヨガの写真を投稿するために作られたそのアカウントで、「2015年11月8日、新しい旅の始まり」とのコメントと一緒に全裸の女性がヨガをしている写真を投稿します。

ヨガで見せる芸術

次々と写真を投稿して行く彼女。

彼女が投稿するヨガの写真1枚1枚は、全て芸術作品かの様な美しい身体のラインを見せています。

ムダ肉が少しも見られない彼女の身体に、多くの人々は称賛のコメントで彼女を応援しています。

そして始まったハッシュタグ・キャンペーン

数ヶ月間自分の写真を投稿していた彼女は、2016年の1月、ある自分のフォロワー達に向けてある提案をします。

それは、フォロワーの皆も全裸でヨガをする写真を#NYGyogaとハッシュタグを設定して投稿する事。しかし、全裸で写真を撮る事は結構な勇気が要ります。

毎回投稿する旅に#NYGyogaのキャンペーンを促す彼女の努力にも関わらず、誰も全裸でのヨガの写真を投稿しようとはしませんでした。

自分の身体を愛して欲しい!

誰も自分の全裸の写真を投稿しない現状に気付いた彼女は、写真の投稿に自分のメッセージを書き始めます。

「人は皆美しい身体を持っている。痩せていても、太っていても、美しい体という事実には変わりない。ヨガの写真を投稿するために全裸になってみる事で、自分の身体を愛するようになって欲しい」と切実に訴える彼女。

すると、勇気を出した数人のフォロワーが#NYGyogaのハッシュタグを付けて投稿を始めます。

勇気を出した女性たち

彼女の言う通り、勇気を出して全裸の写真を投稿した女性達は、皆美しい写真を投稿しています。

少しずつ増えて行く#NYGyogaの写真を見て勇気を出す女性はどんどん増えます。

4000人を超える参加者

そうやって始まった#NYGyogaブームは、今となっては4000人を超える参加者がいます。その中では、女性だけでなく、男性の写真もちらほら。

キャンペーンに参加した人達の共通点としては、自分の身体についてもっと知る事ができたし、もっと愛せる事ができたと言っている事です。

思い通りのポジティブ効果

そんな参加者達の体験談を聞いた#NYGyogaの発祥者、@nude_yogagirlは、「これこそ私が望んだポジティブ効果!自分の姿そのものを愛する事は大事。性的でない写真を通して全裸の写真を投稿するのは、その行為だけでもポジティブな影響を与える」と喜んでいます。

さいごに

自分の全裸の写真を投稿しながらフォロワーにポジティブ効果を伝播したかった@nude_yogagirlは、1つの文化の発祥者として相応しい考えの持ち主です。

そんな彼女のインスタグラムは約90万人のフォロワーがフォローしていて、彼女も頻繁に健康的な身体のヨガ写真を投稿しています。

忙しすぎてあまり運動できていない、自分の身体を嫌ってしまっている方は、彼女のインスタグラムをフォローして刺激をもらってみては如何でしょうか。