Colorful Instagram

NBA 渡邊雄太選手とは?

只今、日本メディアを沸かせている渡邊雄太選手。みなさんは渡邊雄太選手をご存知でしょうか?

なんと日本人選手としてはNBA出場は14年ぶり二人目の快挙!

日本だけではなく、全米でも注目されている渡邊雄太選手を紹介していきます!

渡邊雄太選手ってどんな人なの?

それではまず、渡邊雄太選手がどんな人物であるのか、プロフィールを交えてご紹介させて頂きたいと思います。

[プロフィール]
名前:渡邊雄太
生年月日:1994年10月13日(24歳)
出身地:香川県木田郡三木町
出身:尽誠学園高校 ジョージ・ワシントン大学
血液型:A型
身長:205.7cm
体重:93kg
家族:父 母 姉

なんと、ご両親もバスケットボール選手でした!

父親の渡邊英幸さんは、社会人バスケットボールの強豪チーム、熊谷組「ブルーインズ」で活躍していた選手。母親の渡邊久美さんも、社会人バスケットボールの強豪、シャンソン化粧品「シャンソンVマジック」に所属していて、日本リーグMVPを獲得し、日本代表としても活躍していた選手でした。

ちなみに、父親の英幸さんの身長は、190cm。母親の久美さんは177cmと、日本人からしてみたら身長がとても大きいのです。

やはり、渡邊雄太選手の身長の高さのルーツは親譲りだったのですね。遺伝子恐るべしです。

更に驚きなのが、お姉さまの渡邊夕貴さんもアイシン・エィ・ダブリュ所属のバスケットボール選手でした。

必然的にバスケットボールがある、家庭環境の中で育っていったのですね。

学生時代の渡邊雄太選手

家族の影響もあってか、小学校一年生の頃からバスケットボールを始めたようです。小学生当時の練習方法はなんとバスケットゴールを使わないどころか、まさかの体育館の中でも無かったらしいです。

学校のグラウンドで、毎朝6時から練習していたそうです。ドリブルの練習をする時は、一切ボールを見ず、目線は校舎の上の方に設置してある時計を見続けたまま、シュート練習は、ただの電柱にシュートしていたみたいです。

ルールがあったみたいで、電柱に跳ね返ってきた場合のみをゴールと見なしていたそうです。

ちなみにこのルールを考えたのは、お父様だそうです。

中学二年生の時には、香川県選抜に選ばれており、第22回都道府県対抗ジュニアバスケットボールの大会に出場します。

もうこの頃から才能が開花されていたのですね。

尽誠学園高校在学時は、在学3年間の毎年バスケットボール日本代表候補に選出されたみたいです。なんと!高校生では初めての快挙でした。

尽誠学園高等学校

尽誠学園高校は特に、スポーツがとても強い高校で部活動では、陸上部、野球部、卓球部、ソフトテニス部、バスケットボール部などが全国大会に出場しています。

野球部もプロ選手を多く輩出していて有名です。

学業面では特進コースを設けてから、大学進学率も上昇しているそうです。

アメリカの大学入学後

渡邊雄太選手は高校を卒業後は、アメリカにあるジョージワシントン大学に進学しました。

ジョージワシントン大学は、全米でも誰もが認める一流大学です。同大は1821年開校の名門私立大学で、全米の大学ランキングでも上位の難関大学です。

バスケットボール部はとても強く有名で、渡邊雄太選手はバスケットボールの特待生としての進学でした。

大学時代は全米の大学バスケ界最高峰の、NCAA1部リーグで活躍し、最後の年にはキャプテンも務めました。

大学時代の頃からメディアに注目されており、ニューヨークタイムズ紙や、ワシントンポストにも特集されたことがありました。

そしてグリズリーズへ

大学卒業後はブルックリン・ネッツの一員として入団。そしてサマーリーグに参加。計5試合に出場した、渡邊雄太選手はオーランド・マジックとの1戦目で8得点4リバウンド2ブロックをマーク。

続く第2戦ではチーム最長の27分間に出場し、計13得点5リバウンド2スティール4ブロックをの大活躍!ミネソタ・ティンバーウルブズ戦では14得点も奪ったが、この時点でチームは予選リーグ3連敗となってしまいました。

決勝トーナメントの2試合ではスターティングファイブに抜擢され、初戦は4得点7リバウンド、ペイサーズ戦では第3クォーターに負傷しながらも8得点3アシスト1スティールを記録。

ですが、ブルックリンネッツは5連敗となってしまいました。

しかしここでの活躍が目に留まり、メフィス・グリズリーズと2-way契約を結ぶことになりました!

NBAデビュー

そして!遂に!2018年10月27日(現地時間)に行なわれたフェニックス・サンズ戦にて、遂にNBAデビューを果たしました!

日本人プレイヤーがNBAの公式戦に出場するのは、2004年の田臥勇太選手以来、なんと14年ぶり史上二人目の快挙となりました!

渡邊雄太選手は約5分ほどの出場であったのですが、フリースローによる2得点と2リバウンドを記録しました。試合はグリズリーズが117-96でサンズに見事勝利しました。

そして試合後のインタビューでは「たくさんの子供達がこの試合を見て、NBAを目指してくれることを期待しています」と語ってくれました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本人としては史上二人目のNBA選手になった、渡邊雄太選手。今後の活躍に目が離せないですね!