中村藤吉本店銀座店のまるとパフェは何度でも食べたくなる最高傑作!

中村藤吉本店銀座店は、京都にある老舗のお茶屋さんがGINZA SIXに出店した和スイーツが食べられるカフェです!
京都にある中村藤吉本店の歴史は長く、なんと「安政元年(1854年)」に創業したとのこと!160年以上の歴史があるお茶屋さんなんです!!

創業当時は、「丸屋藤吉(まるやとうきち)」と名乗っていた時期があり、その「丸屋藤吉」をもじって、屋号は「まると」になったということ。その屋号を看板商品のパフェにつけたのが、「まるとパフェ」なんです!

直営店舗は全国に6店舗。宇治本店をはじめ、平等院店、京都駅店、京都駅NEXT、銀座店、大阪店に店舗を構えています。
京都駅店NEXT、大阪店以外には、カフェが併設されており、和スイーツを楽しめます!

また、宇治本店では、「挽き茶とお茶席体験」が行われています。石臼でてんちゃを挽(ひ)いて、お抹茶を作るなんて、ふだんは体験できないので、是非体験してみたいですね!

自分でひいたお茶を薄茶(うすちゃ)にしてお茶室で飲めるのは素敵です。所要時間は約60-80分。料金は、4,320円(税込み)です。

 

別製まるとパフェは銀座店限定メニュー!その他人気メニューは?

中村藤吉といえば、「まるとパフェ」が有名ですが、銀座店のまるとパフェはひとあじ違うのを知っていましたか?銀座店のまるとパフェは、「別製」まるとパフェで、「銀座店限定」なんです!価格は2,200円。

「別製」というのは、特別なお茶に対してつけられる名前ということ。最高品質の抹茶を使用しています。

中身はというと、抹茶生クリーム、別製抹茶アイスクリーム、抹茶シフォンケーキ、ベリー、白玉、渋皮くり、あわぽん、抹茶餡(あん)、生茶ゼリー、小豆、ミルクソフト、そして最後に濃茶を練ったソースがかくれています。

なんと12層!これだけいろいろな味を楽しめれば、飽きることなく完食できますね。味もさっぱりとしていて、「これなら、2つ目もいけそう!」とコメントしている人もいるほどです。

来年こそは食べたい!夏期限定で販売されるかき氷

中村藤吉本店には名物商品がいくつかありますが、かき氷もそのひとつ。かき氷のメニューは、いさぎよく「宇治きん氷」のみです!ふわっと口の中で溶けるキメの細かい氷の上に、極上のお茶を使ったシロップとソフトクリーム、つぶあん、白玉がのっています。

お茶シロップは、「抹茶」、「ほうじ茶」、「抹茶&ほうじ茶」、「抹茶黒蜜」の4種類から好きなものを選べます。価格は、1,300円です。

ただ、絶品の「宇治きん氷」は、年中食べられるわけではなく、6-9月上旬という夏季限定商品!今年食べていないという人は、是非来年食べてみてください!販売が始まるときには、Instagramで告知されると思いますので、こまめにチェックしてみてくださいね。

「夏が終わる前に念願のほうじ茶と抹茶のカキ氷。今年も電動カキ氷機、かなり迷って結局買わなかったけれど。こうやっておいしいカキ氷をお外で食べるのも幸せ♡」というコメントもありました。おうちで気軽に食べるのもいいですが、やはりプロが作ったかき氷はおいしいですよね!

中村藤吉本店銀座店は並ばないと入れないって本当!?

大人気の中村藤吉本店にまるとパフェをたべるためには、どれくらい混雑しているのか気になりますよね。いろいろな方の意見をまとめると、だいたい席に案内されるまでに一時間ほど並ぶということ。

「カウンター席でよければ早く入れそうだった」というコメントもあったので、テーブル席にこだわりがなければ、カウンター席が穴場のようです!

また、「お昼過ぎにいったけど、30分待っただけで入れた!」というコメントもありました。タイミングよく人が少ないときに当たれば、30分の待ち時間で入れてしまうこともあるようですよ!

さすが京都の老舗!テーブルに備付けのお茶までおいしい!

中村藤吉銀座店では、テーブルにお茶セットが用意してあります。さすが京都の老舗だけあって、備えつけのお茶でさえおいしい

しかし、コメントではおいしさには触れられておらず、「テーブル備付けのお茶セットがかわいかった〜♡」とのこと。わかります、見た目は大事ですよね!

 

甘さは控えめで罪悪感なし!

中村藤吉本店のデザートは和スイーツということもあって「甘さは控えめ」で、ボリュームたっぷりのパフェやケーキもペロリと食べられてしまいます。ケーキとアイスを食べた人も「甘さ控えめでとってもおいしかったです」と投稿していました。

お抹茶はビタミンCやカテキンも豊富なので、健康にもよく罪悪感はなしです!むしろ良いことをしている気分!

売り切れることも!中村藤吉本店銀座店のあんみつがカラフルでかわいい!

中村藤吉本店銀座店の一番の名物は、「まるとパフェ」ですが、実はあんみつも大人気なんです!Instagramの投稿をチェックしてみると、「あんみつを求めて本日2回目の来店!でも、あんみつは売り切れていたので、パフェをいただきました〜」とのこと。

2回来店するも、売り切れていたということは、かなり人気なのか、用意されている数自体が少ないのかもしれませんね。

あんみつ狙いの人は早めの時間に行く方が良さそうです!

お持ち帰りもできる!銀座店限定の生茶ゼリィ

中村藤吉本店の味が気になるけど、一時間も並ぶ時間がなかなか取れないという人もいると思います。そんな方には、お持ち帰り用の「生茶ゼリィ」がおすすめです!

味は抹茶だけでなく、ほうじ茶もあります!ゼリーは、固すぎず柔らかすぎない食感でプルプル。そこに甘さ控えめのつぶあんとモチモチの白玉がのっています。価格は390円(税込み)。並ばなくて買える上に、お値段もお手頃で、「ちょっと味見してみたい」という人にもぴったりです。

「行列がすごかったので、抹茶ゼリーをテイクアウトしました」というコメントもあるように、店内で食べるのは、あきらめて抹茶ゼリーを買って帰る、という人もけっこういるようです。

ただ、お持ち帰りの生茶ゼリィも人気なのは同じ。夕方ごろには売り切れてしまうこともあるようなので、先に購入しておくのが良さそうですよ!

「購入した商品をお店で預かってもらった」というコメントもあったので、預かりサービスがあるようです。繁忙期は不可などのルールがあるかもしれませんので、購入前にスタッフの方に聞いてみてくださいね!

 

中村藤吉本店銀座店はランチもできる!

中村藤吉本店は、スイーツとお茶のお店という印象が強いですが、実はランチもできます!メニューも豊富で、下記のようなセットが用意されています!
・にしんそばセット
・きつね茶そばセット
・きつね抹茶うどんセット
・茶そばセット
・抹茶うどんセット
単品で注文すると、お漬物つき。セットだとお茶のちりめんごはんと生茶ゼリィがついてきます。お茶屋さんだけあってお茶に特化したランチメニュー。茶そばはお茶の味がしっかりとしてとてもおいしいです。

そして、面白いのが、薬味。普通どおりわさびなどもついているのですが、ひとつだけ違和感があるものが!それは「茶葉」です。さらにお茶の香りを楽しめるしかけになっています。

そして、極め付きは抹茶ぜリィ。本当にお茶づくしで、お茶好きにはたまらないセットです!

まとめ

中村藤吉本店銀座店の本店である京都宇治店の歴史や、銀座店限定メニューなどをご紹介してきましたが、いかがでしたか?
160年以上も続く老舗なので、この先も変わらないところと変わるところを織り交ぜながら進化していくのでしょうね!