Colorful Instagram

【完全版】今さら聞けないモード系ファッションの意味と着こなし術

ファッション業界でも大人気の「モード系ファッション」。なんとなくクールでおしゃれなイメージはありますが、具体的にどんなファッションなのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

着こなしづらく難しいイメージを持たれがちかもしれませんが、ポイントさえ押さえれば、モード系ファッションはいろんな人に似合うスタイルです。

そこで今回こちらの記事では、そんな「モード系ファッション」について、インスタグラムの写真を具体例に、その魅力を解説いたします。

モード系とはどんなファッションのこと?

モード系の「モード」とは、フランス語で「流行」を指します。つまり、「モード系ファッション」とは、主に流行を取り入れたファッションのことを言います。
そのため毎年うつりかわる流行に合わせて、最新のモード系ファッションは入れ替わっていくのです。去年はおしゃれだったモード系ファッションが、来年には着られなくなっている…なんてこともしばしばあります。

また主にその年のコレクション、またはハイブランドで固めたファッションのことを指すこともあります。流行に敏感な人に特に人気のファッションであり、モード系好きは常にファッショントレンドを気にしています。
またモード系を着こなすのであれば、服だけではなくバッグや靴、アクセサリーなどの小物にもとことんこだわることが重要です。

しかし、最近では「モード系」という言葉自体がかなりあいまいになっており、無機質な色使い・模様を用い、洗練されているおしゃれファッションのことを総じて「モード系」と呼ぶことが増えてきました。

具体的にどんなファッションがモード系なの?

あいまいになってきた「モード系ファッション」というくくりですが、総じて「最先端・芸術的・洗練された」ファッションのことを指します。
ただ流行に乗っているだけでも違うし、どこかに芸術的で個性的な要素が入っていなければ、モード系とは呼びません。
またモード系のファッションを好む人は、髪型なども個性的に、おしゃれにカットされていることが多いです。アシンメトリーだったりツーブロックだったり、人によって個性が出る部分です。
モード系ファッションに挑戦するのであれば、隅々までぬかりなくきめておきましょう。

また、ハイブランドの洋服も多くなるため、全体的に服の値段も高くなりがちです。

 

モード系ファッションの着こなし術①「ハイウエスト」

「ハイウエスト」は、モード系ファッションにおいてよく取り入れられます。特にこちらの写真では、「ハイウエスト×ショート丈」ということで、投稿者さんのお気に入りの服とのこと。袖のボリューム感とスリットパンツのバランスが絶妙で、スタイルの良さが強調されます。また、ヒョウ柄もポイントです。かなり大胆にあしらわれているのに、なぜかしつこく見えないのは、モード系の洗練されたファッションゆえですね。
更にこちらのスリットパンツ、なんとへそ上10センチとのこと。脚長効果も期待できますね。

こちらもハイウエストです。全体的にシンプルめなコーデで、洗練されていますね。ハイウエストなワイドパンツに、ゆったりシャツをあわせています。そして、きゅっと締められたウエストがポイントです。足元はハイヒールでばっちり決めています。全体的な色合いを見ても、春らしさが感じられるさわやかなファッションです。
モード系にも様々ありますが、このようにメリハリのあるファッションというのはポイントの一つですね。

モード系ファッションの着こなし術②「個性的な模様・柄」

モード系ファッションといえば、模様や柄にもこだわりがありますよね。特に個性的なものを指すことが多く、こちらの写真でもカトラリー柄のシャツを使用しています。スカートにインしても、そのまま着てもおすすめということで、色々な着こなし方が楽しめそうですね。
個性的な柄を着こなし、活かしながらも柄だけが浮きすぎないように。モード系ファッションは、バランスが命です。

そしてこちらは、可愛らしい花柄ワンピースを着こなしています。ビビットカラーに、鮮やかな原色の花が個性的ですね。
また花柄のワンピースといっても、靴やバッグなどの小物はシックに黒でまとめているため、ガーリーの要素を持ちながらも大人モードファッションになっています。可愛いファッションが好きな方は、こういったモード系もおすすめですね。

こちらはぐっと目を引く英字新聞柄ですね。単色のタイトスカートと合わせて、クールに着こなされたきれいめファッションです。タイトスカートも、モード系ファッションにはよく用いられていますね。多くの人に似合うスタイルのため、「ふんわりしたスカートが多い」という人から、「普段あまりスカートを履かない」という人まで人気のアイテムですね。大人っぽさも演出したい方にぜひおすすめです。

そしてこちらはベルベットワンピースです。大きめのドット柄が目を引くデザインですね。パフスリーブになっているのもポイントが高いです。スキニーパンツと合わせても、レギンスと合わせてもきれいに決まります。アクセサリーも可愛いですね。
こちらのワンピースは、色違いでブラック単色のものもあるとのこと。クールに可愛く着こなしたい方は、こういったお洋服もおすすめです。パーティーや演奏会などにも着ていけそうですね。

 

モード系ファッションの着こなし術③「単色」

モード系ファッションと聞いて、モノトーンを思い浮かべる人も多くいるかと思います。こちらの写真では、黒一色でバランスよくコーディネイトされています。黒一色ですが、一つ一つのアイテムがこだわり抜かれて選ばれているため、全体を通してみたときに重くならないのがポイントです。単色でのモード系ファッションは、きれいに着こなさなければ重たくみられがちなので、注意が必要です。
例えばこちらの写真では、古着のオーバーサイズジャケットと、ロングプリーツスカートのバランスが絶妙です。そしてなんとこちらのファッションは、ショッパーをクラッチバッグのようにして活用しています。おしゃれ上級者ですね。

こちらの写真も、黒一色で固められています。ファッションをブラックに統一し、レザーのブーツもかっこよく決まっています。すべてがブラックの中でアクセサリーをシルバーにすることにより、お互いを引き立てあう効果もありますね。大きめのサングラスと、刈り上げられたヘアスタイルもポイントの一つです。

モード系ファッションの着こなし術④「適度にヒラヒラ」

全部ではなく、あくまで「適度に」、部分的にヒラヒラを取り入れるスタイルも、モード系ファッションでよく見られます。
例えばこちらの写真。ロングコートとロングジレでモノトーンに決めたきれいめなファッションです。つば広ハットやストールといった小物など、細部にまでこだわっているおしゃれ上級者スタイルですね。足元がサンダルなのも、春らしくて良いですね。

そして次はこちらです。長さや形が絶妙なモモンガのようなシャツも、モード系では人気です。ゆったりめのシャツにデニムジャケットを羽織ることにより、こなれ感を出すことが出来ます。また、足元はブラックのスキニーパンツで、きれいに締まって見えますね。モード系初心者にも取り入れやすいファッションです。

こちら、かわいいドット柄ワンピースに、ブラックのフリルを合わせています。これだけを見るとガーリーな印象がありますが、ライダースやジャケットと合わせると、一気にモード系ファッションに近付きます。
ライダースジャケットは「甘辛MIXファッション」の鉄板アイテムです。お気に入りのものをひとつ持っておくと間違いないですね。ぐっとモード系になることができますよ。

最後はこちらの写真です。こちらは「オリガミブラウスニット」という商品で、袖の部分がオリガミを折りたたんだような形になっています。個性的ですごくかわいいデザインですね。袖の部分はシャツ素材で、ニットの部分は切りっぱなしになっているとのことです。ブラックのスキニーパンツと合わせると、より締まって見えますね。

 

まとめ

以上が「モード系ファッション」のご紹介でした。

ひとことでモード系といっても、様々なファッションがあることが分かります。共通点は、すべてのアイテムが洗練されていることです。モード系は世界中のファッション好きから愛されており、「すべてのおしゃれはモード系にたどり着く」という言葉があるほどです。

奥が深いモード系ファッション、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。