まるで少女!?大物女優,黒木瞳のインスタグラムまとめ

黒木瞳さんは、宝塚時代から、35年。芸能界では大物となりました。最近、黒木瞳さんの評判はネガティブなものが多いようです。テレビや映画への露出も少し減ってきたようです。

そんな声はどこ吹く風で、現在も「就活家族~きっと、うまくいく~」のドラマの富永水希の役で出演しています。芸能界35年という芸歴の重さはいかなるものなのか、彼女の芸人としての軌跡をたどってみましょう。

宝塚時代の黒木瞳

彼女が生まれたのは、福岡県の八女市。濃いまろやかな風味で知られる八女茶の産地です。1960年に4人兄弟の末っ子として生まれました。お父さんは、剣道7段の腕前で、地元の子供達に剣道を教えていて、娘にも幼いころから剣道を教えていました。

本名は、江上昭子(現在は伊佐治昭子)といい、「ショーコ」と呼ばれていたそうです。ご両親は、高校卒業後、黒木瞳さんが熊本県の音楽大学に合格が決まっていたことを喜んでおられたそうです。

しかし、高校時代演劇部の部長をしていた黒木瞳さんは記念のために非常に難関の宝塚を受けるため、バレエを1週間習いに行き、付き合っていた彼氏に1万円を借りて受験に臨みました。
その時、倍率が22,4倍だったにもかかわらず、宝塚に見事合格したのです。さて、お父さんは猛反対。宝塚に入るまで決して許してもらえなかったそうです。

それでも、黒木瞳さんが活躍しているのを一番喜んだのは父親の義人さんでした。高校までいた黒木町。黒木町は、現在、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。国の天然記念物である黒木大藤は、素戔嗚(すさのお)神社の境内にあり、1935年に良成親王によって植えられた樹齢600年のフジの古木です。

芸名が黒木になったのは、黒木町にちなんで八女市出身の五木寛之に命名してもらったためとのことです。

さて、1980年に宝塚に入った黒木瞳さんは、入団時の成績が39人中3位だったそうです。所属したのは月組でした。宝塚在団中に、二年目で早くも「おはよう朝日です・土曜日です」にレギュラー出演し、東宝映画「南十字星」に出演しました。

そんな黒木瞳さんに目を付けたのが宝塚の男役としてトップスターの大地真央です。黒木瞳の舞台度胸と華奢な体形が気に入り、自分の相手役を是非にと申し出ました。そのため、入団2年という異例の速さで大地真央の娘役として抜擢され、二人は最強のコンビだったと今でも言われています。

新人の黒木に、大地真央はかなり厳しかったようですが、それは周りが妬んで黒木瞳さんにつらく当たらないようにする配慮のためでした。厳しくしかった後は、食事に誘ったり、泣いている黒木をドライブに照れていったりしてフォローしていたそうです。

大地真央からのファンからは、砂入りのサンドイッチを渡されることもあったそうですが、それも大地真央のサポートで乗り越えることが出来ました。そして、月組として二人は最強のコンビとなりました。大地真央が退団を決めた時に、黒木瞳さんも退団することを決意し、「二都物語」を最後にトップスター二人が同時に退団することになりました。

黒木瞳と大地真央のコンビはこれが最後で幕を閉じました。華々しい宝塚時代の黒木瞳さんは、退団後、次は芸能界で花開いていきました。

映画、ドラマに活躍の黒木瞳

** * #💒#silverweddinganniversary #hitomikuroki#黒木瞳

Hitomi Kuroki(公式)さん(@hitomikofficial)がシェアした投稿 –

宝塚引退した、黒木瞳は、数知れないドラマや映画に出演しています。1986年、「化身」で初めての主演をこなしました。全裸のシーンもあり話題になりました。そして、不倫の恋を描いた「失楽園」で社会現象とも言えるくらいの話題作となり、これで黒木瞳さんが一躍時の人となったわけです。

その後、31歳の時に電通の社員と結婚した伊佐治俊夫さんとの間に娘が出来ました。今、色々と世間を騒がしている一人娘、伊佐治萌子さんです。1999年はNHK「思い出のメロディ」の司会、同年と2000年は「紅白歌合戦」の司会を務めるなど多忙な日々を過ごしていました。

しかし、これほど華々しく芸能人として活躍しているにも関わらず、性格が悪いと言われていたり、娘の事件があったりと黒い噂が絶えません。

例えば、姫と言われていつも平気で人を待たせるとか、挨拶しても無視するとか、演技はうまくないなどかなりダークなイメージになっています。

その上、娘が中学時代に男子生徒を使ってある女子生徒をレイプさせたという事件まで明るみにでて、黒木瞳さんの芸能界での位置がかなり揺らいでいます。

2016年3月にBSプレミアムで放送された「嫌な女」で主演を行ったのですが、これは本人のことだと言われているくらいです。

そんな黒い噂もありますが、38年もの間、芸能界で大御所として座を築き続けていくのはたやすいことではありません。秀でたものがなければできない芸能人としての道を歩み続けてきた軌跡は、他の何物にも代えがたいものでしょう。

では、最近の黒木瞳さんの様子をインスタからまとめてみましょう。

塚本高史とパチリ

* * 12年前は親子でした 今回は同僚でした * * #NHK#嫌な女#塚本高史#黒木瞳 @takashitsukamoto_official

Hitomi Kuroki(公式)さん(@hitomikofficial)がシェアした投稿 –

「嫌な女」で共演している塚本高史とインスタでパチリ。20以上も年の差がある塚本高史と同僚の役で共演しています。とても50過ぎているとは思えない可愛らしい黒木瞳です。

「瞳さん、素敵です、まるで天使のような笑顔です」「昔から大好きです。黒木さんのような大人になりたいです」というファンからのメッセージです。

GURUになります。~平浅子と源麗華の一週間~

黒木瞳主演で、いけめん、お笑いのドタバタコメディです。2016年3月に1週間ほどよみうり大手町ホールで上演されました。

「初日の舞台が成功しますように」「本日、舞台観劇しました‼歌も踊りもお芝居も、とても、とても楽しかったです」「また、千秋楽行きま~す」

目玉焼きとリンゴで自撮り!

お茶目な黒木瞳さんの自撮り写真です。卵焼きとリンゴとは面白いですね。いつまでも若い黒木瞳さんです。

「愉快で可愛いです。さすが、黒木瞳さん!」「めっちゃ可愛い!憧れの女性です。いつまでもお茶目で素敵な女性でいて下さい。私も瞳さんのようになれるように頑張りますっ」

就活家族の撮影の現場で!

黒木瞳、前田敦子、三浦友和、工藤阿須加の家族でお正月にパチリ!テレビ朝日で放映中です。

「お着物の瞳さん、スーパー美しい!就活家族楽しみにしてます!」「家族全員、か!わ!い!い!就活家族楽しみにしてます」ファンは就活家族を見逃せません。

愛猫キャロットちゃんと黒木瞳

* ** 初雪の日に、猫とわたし #初登場の我が家のキャロちゃん#略さないとキャロット#人参✌️ ** #初雪#猫#黒木瞳#hitomikuroki

Hitomi Kuroki(公式)さん(@hitomikofficial)がシェアした投稿 –

黒木瞳さんは、犬と猫と亀を飼っています。初雪の日に猫と戯れています。動物好きな面をのぞかせています。

「キャロちゃんと変わり、猫に変身したいです」「キャロちゃん、可愛いです。瞳さんも美しさ最高ですー」「素敵な笑顔、またインスタ更新待ってまーす」

伊勢志摩サミットのホテルにて

首脳たちと同じデイナーでさすが豪華な食事です。ご満悦の黒木瞳さんです。コメントでは、「久しぶりの投稿、待ってました。瞳さんお元気そうで何よりです。イベントで拝見できることを楽しみにしています」とか「ひさしぶりの待ってました~伊勢志摩いいですネ。瞳さん可愛く美しい~⤴」とインスタ投稿を予六部ファンの声です。

インスタでは、黒木瞳さんの若さが目立ちます。そして、スレンダーなボディときれいな顔立ちが引き立ちます。今でも若手と同じように演技していける黒木瞳はやはり大物女優ですね。

今後の黒木瞳の躍進!

もうすでにお花見が出来るスポットがあるようです。日本で一番早い花見が出来る日本橋の桜です。花見が出来て、ほっこりですね。「ラジオ聴いてます〜瞳さん、毎日「行きたいです〜」って言っていましたものね」や「あああああああああーーーやっと更新しますあああああずっと待ってます(´;ω;`)とてもキレイです!!!」と黒木瞳さんのインスタグラム更新を待っていたファンからのコメントです。

黒木瞳さんは、芸歴28年、今まで培ってきた黒木瞳さんの歴史は大きいです。そんな黒木瞳さんのインスタグラムをファンは待ちわびています。

こえからも黒木瞳の良さを生かせて、違った分野でも花開くことが出来るようになるといいですね。黒木瞳さんは森光子のように80歳になっても役者魂を見せて躍進していける逸材です。

たとえ沈んでも、また浮き上がって、おばあさんになるまで役者として活躍してほしいものです。