Colorful Instagram

小浪良子のハイセンスなインスタにくぎ付け!今すぐフォローすべき

おしゃれなインスタグラマー達が増えてきた今日この頃。そんな彼らの中にも特に目立っている人達がいます。

そんなインスタグラマー達の中からおしゃれさ、カッコよさがトップクラスのインスタグラマーを発見しました。

それが小浪良子さんです。

今回は小浪さんのインスタグラムを中心に、たくさんのおしゃれでカッコいい投稿をご紹介しますので、自分のインスタグラムをさらにレベルアップさせたいという人はぜひ参考にしてみてください。

プロフィールは?

プロフィールは不明な部分が多い小浪さん。わかる部分のみピックアップしてみました。

小波良子

居住地 アメリカ、ニューヨーク
職業 フリーランスの編集者(エディター)

投稿数 2,600投稿
フォロワー数 12,000人
(2017年11月現在)

現在把握できる情報は以上です。調べてみてもメジャーデビューしている気配もなく、スポンサーが付いているというわけでもない。インスタグラム1本でここまでフォロワー数を伸ばせるのも驚異的だと言えるでしょう。

現在ニューヨーク在住の小浪さん。インスタ映えする写真なんて意識する必要もなく、何気ない日常の写真をアップしているだけでも全てがかっこよく見えてしまいます。もちろん小浪さんの投稿する写真のセンスが非常に良いのですが、小浪さん自身がとてもカッコよく、お美しい

憧れる女性が多いのも頷けます。

また、職業はフリーランスの編集者とありますが、具体的にはどんなことをされているのkか気になるところです。

小浪さんのことをさらに知るために、いくつかの投稿を見ながらどんな人物か探っていこうと思います。

エディターのお仕事

フリーランスの編集者と言われても、本や雑誌を編集する仕事かな?程度にしかイメージができないため、小浪さんがどういったお仕事をされているのか詳しく知りたいところです。

現実にフリーランスの編集者という職業はかなり狭き門だと言っていいと思います。特に最近では本や雑誌を買わずともインターネットで表面的な情報は簡単に手に入ります。

そんな中、小波さんはインスタグラムも活用し、仕事の幅を広げているようです。ライターやエディターとして活動するインスタグラマーさん達には大きな希望を与えてくれています。

ご本人はこの投稿に以下のコメントを残しています。

「先日スタートしたコスモポリタンジャパンのインスタグラムへNY情報を週に一度投稿することになりました。

はじめまして。フリーランスエディターとして活動している、NY在住のRYOKOです。食、旅、アート、ファッション、写真、お酒、お喋りなどが大好き。日々のワクワクすることを共有できたらと思います!宜しくお願いします。」

趣味も幅広く、インスタグラム関連の仕事もしているからこそ、魅力的な写真の数々を投稿できるんですね。

結婚もしている!?

この投稿は2017年8月のものです。

投稿によると、今年で結婚記念日は2回目。ということは、結婚してもうすでに2年以上が経過しているということですね。写真からも夫婦そろって仲良しだということが伺えます。

とはいえ旦那さんもニューヨークに住んでいるということでしょうか。気になる旦那さんの情報も小浪さんのインスタグラムで紹介されています。

 

旦那さんはプロの写真家だった

小浪さんのインスタグラムを見ていると投稿されているコメントのところどころに”shot by husband”と書かれています。

この投稿にも同様のコメントがあり、有名な音楽家坂本龍一さんが表紙の雑誌の画像が投稿されています。雑誌の表紙であり、しかも坂本龍一さんの写真を撮るということは、同様に小浪さんの旦那さんは有名な写真家さんだということが予想できます。

以下に旦那さんのインスタグラムアカウントを記載します。
@jirokonami https://www.instagram.com/jirokonami/

そのフォロワー数からも分かるように、小浪良子さんの旦那さんは人気の写真家さんの小浪次郎さんのようです。

夫婦そろって驚異的なフォロワー数です。また、小浪良子さんのインスタグラムの写真を撮影しているのも、その多くは小浪次郎さんが撮影したものだと考えられます。

ニューヨークに柴犬

なんとペットも飼っているということが、インスタグラムからも分かります。

犬種は柴犬で名前は小次郎とあります。どこかで聞いたような名前です。そうです、旦那さんは次郎という名前なので、それにちなんで小次郎と名付けられたのでしょう。

それにしても飼い主にも負けないくらい可愛らしい小次郎くん。小浪さんも普段以上に嬉しそうな笑顔です。フォロワーの人たちからのコメントも「2人ともかわゆい」「So cute!」などと率直な意見が寄せられています。

セクシーな姿まで披露してくれています

こちらはプライベートでこの夏プールに行った時の写真です。クールでありながらとてもセクシーで、日本の人だとは思えないような素敵な1枚です。

泳ぎに行ったのはニューヨークのどこか建物内にあるプールで、ガラス越しに高層ビルが立ち並ぶシティービューが一望できます。

相当お金持ちだということでしょう。経験したことのない人には、一度でも魅力的な都会のプールで1日を過ごすということに憧れを感じてしまいます。

小浪さんの幼少期の写真

父の日ということで、小浪さんの幼少時代の写真がアップされました。

画像右側、白スカートの可愛らしい女の子が小浪さんのようです。全身白色の服でコーディネートしてるのがお父さんのようです。そして左に写っているのはお兄さんでしょうか。

広大な芝生の上でとられた写真で、仲睦まじい家族であることが伝わってきます。お父さんはホワイトのブーツカットを着こなすというファッショニスト。小浪さんのおしゃれさは父親ゆずりのようです。

ニューヨークが似合う女性

マンハッタンの街角に立つ小浪さんはまさにこの町の印象にピッタリ。撮影された時の気温は13℃ですので、ちょうど現在の東京と同じくらいです。

レザーのアウターにデニムのパンツで暖かそうですよね。さらにサングラスがかっこいい雰囲気を引き立てています。

小浪さんのスタイルはまさにニューヨークにふさわしいと言えますね。世界の中でも流行の最先端である町で小浪さんのようにおしゃれをして歩いてみたいものです。

 

筋トレで美しいボディーに

小浪さんは美しい体を保つために定期的に筋トレにも通っています。

これはジム内で筋トレ中に鏡に向かって撮影された画像で、スポーツウェアと黒いキャップが印象的ですね。この時は新しくアプリ「BetterMe」を導入して筋トレをしているようです。

このアプリは現在、日本語では開発されていませんが、筋トレに力を入れている人には役立つアイテムかもしれませんね。インスタグラムからは筋トレを重要視している小浪さんから、トレーニング情報を得ることもできるかもしれません。

International Center of Photography

クールなファッションの投稿かと思うと、気なっている学校に資料をもらいに行ったという内容が書かれています。

画像に”School of International Center of Photography”という場所はニューヨークにある美術館に併設された写真に関する学校です。

編集者として学ぶこともまだまだたくさんあるようで、この学校に通うことを考えているという小浪さん。インスタグラムからも分かるように、センスで溢れているので学校でもうまくやっていける事でしょう。

フリーランスでお仕事をする中、勉強も欠かさないという姿勢はぜひ学びたいものですね。

小浪さんのインスタグラムから学ぼう

ここでは紹介しきれないほどおしゃれでセンスのいい写真達が小浪さんのインスタグラムには投稿されています。

また更新頻度も尋常ではなく、1日1投稿はされており、多い時は1日のうちにいくつも投稿されているときもあります。インスタグラムでフォロワー数を増やすには小まめな投稿、ハイクォリティーな写真は必要になってくると思います。

これからも小浪さんのインスタグラムをチェックし、彼女の今後の活躍に期待しましょう。