モード系女子必見!!KBF(ケービーエフ)の着こなし術

KBFのファッションは、シンプルでありながらもラインや素材の表情が豊かであり、個性的なコーディネートを楽しめることが大きな特徴です。シンプルであるがゆえに、他のアイテムとも組み合わせやすく、着まわしにも便利なアイテムが数々揃っているので、コーディネート次第で、女性らしい柔らかなイメージから、洗練されたスタイリッシュな着こなし、さらにはカジュアルな雰囲気まで、さまざま雰囲気を演出することができます。今回は、アイテムの組み合わせを工夫してさまざまな印象にまとめ上げる、KBFの着こなし術についてご紹介します。

女性らしい優しさを効かせたコーディネート

パステル系のカラーやふわふわのニット、そして揺れるような形状とやわらかな素材のボトムのように、見ているだけで心が穏やかになるようなアイテムを身にまとうと、女性ならではの包容力のある優しい魅力がアップされます。全身ガーリッシュでロ43763マンチックな印象を与えるような着こなしも、ほどよい甘さと大人っぽさを兼ね備えた着こなしも、どちらにもおすすめのコーディネートです。日常はもちろん、特別な日にも活躍できる、エレガントな着こなしを楽しみましょう。

女子会や気兼ねしない友人同士の集まりなどにぴったりの、かわいらしいスタイルです。
ふわふわした毛足の長い袖長のニットカーディガンと白のインナーにピンクのワイドパンツを合わせ、全身をロマンチックにまとめあげた女性らしい優しさと穏やかさを漂わせるコーディネートです。

ニット素材も、シンプルなパンツと合わせると、柔らかな雰囲気をまといながらも甘くなりすぎない、オフィスでも活躍できるコーディネートになります。カシュクールと首元にカーブを描いたインナーをゆるくコーディネートすることで、かっちり襟のあるシャツよりもしなやかな雰囲気になります。オフィスカジュアルとして積極的にトライしてみたいコーデです。

より、かわいらしいビジュアルに仕上げたいのなら、編み目の大きなニット素材や腕が見えないほどの長く広い袖をコーディネートするとよいでしょう。ベージュとイエロー、グリーンなどをカラーコーディネートすれば、癒し系の雰囲気が増すことでしょう。

 

素材の質感やカタチを楽しむコーディネート

KBFは、全体的にミニマムでシンプルな色柄が多く、コーディネートしやすいアイテムが揃っています。ひとつひとつのアイテムがシンプルだからこそ、素材や形の質感の魅力が伝わり、オリジナルティのあるコーディネートが楽しめます。個性的な素材に注目して着こなすのも、お洒落ポイントのひとつです。数々のアイテムの中から、自分だけのおもしろい組み合わせを見つけていくのも、KBFならではの楽しみ方と言えるでしょう。

縦のラインが上品で美しい、ゆったりとしたリブニットと、アートのような広がりの裾を持つドレープスカートの組み合わせたコーディネートです。トップスとオンにしたスカートの面積比、そして互いのカラーバランスがお洒落度を高めてくれています。

ウール素材のアイテムを組み合わせた、見るだけで温かくなる和み系のコーディネートです。それぞれのアイテムは編み方や起毛の雰囲気が異なるので、同じ素材で同色系を組み合わせた着こなしであっても、単調な印象とはなりません。ここにアクセサリーや小物を加えると、全体をさらに引きしめることができます。

43763シンプルな色柄でも、素材や形で個性を光らせるのがKBFの大きな魅力のひとつです。
特徴的なワッフルコートの模様と光沢が、インナーのワッフルカーディガンが持つ素材感を、さらに引き立ててくれます。それぞれのアイテムが持つ個性が、互いに相乗効果を生み出します

行動派におすすめ カジュアルスタイル

デニム素材やスニーカーと合わせて着こなす動きやすく親しみやすいコーディネートには、ふわりとしたニットやタイトめのインナーなど、どこかに女性らしいアイテムを入れると、極端にくだけすぎない適度なカジュアルスタイルに仕上がります。季節を問わず着ることができるカジュアルスタイルは、普段使いとしてかたくるしくなく、また旅行や行楽の場面などにも実用的に使えるコーディネートとして重宝します。

ストライプのシャツとデニムは相性が抜群で、春夏はオンにもオフにも重宝するコーディネートです。なお、インナーは無地のすっきりとしたアイテムがおすすめです。あまり作り込みすぎないスタイリッシュなコーディネートは好感度も抜群です。オンやオフなどの、場面に合わせて爽やかな着こなしを楽しみましょう。

同色系を思いきって着こなせば、明るく活動的な魅力が全開となります。例えば、上下のカラーをグリーン系統色で揃えると、アーミー風のインパクトのあるコーディネートに仕上がります。そこにニットのカーディガンをプラスすると、硬派な中にも女性らしさを演出してくれます。

ジャケットもパンツも長い袖とゆったりめのコーディネートにすると、キュートな雰囲気のカジュアルスタイルとなります。デニムジャケットは普段使いに何度も着回せるアイテムのひとつです。どんなアイテムにも合わせやすい色柄でありながら、ガーリッシュな雰囲気をほどよく醸し出してくれます。

 

素材も色もミックスして自分流に

あえて個性の異なるアイテムを組み合わせて、洗練されたスタイリッシュな印象を与えるコーディネートにチャレンジしてみましょう。着こなしにルールはありません。好きなカラーや素材を選んで、遊び心たっぷりに自由にアイテムを組み合わせて、新しい自分のイメージを楽しみましょう。

モノトーンのトップスに色鮮やかなワイドパンツを合わせた、目を引くカラーコーディネートです。ロープベルトが大きなアクセントになっています。色のメリハリもあって個性も強いのですが、全体的にリラックスした素材を使っているので、強くなりすぎず親しみやすい印象を与える着こなしです。

シンプルな黒のニットに丈の短いビスチェを重ね着したユニークな着こなしです。モノトーンとベージュ・デニムの組み合わせはまさに王道。すっきりとしたデザインのインナーだからこそ、毛足の長いコートが映えます。インパクトのあるコーディネートなのに、全身をバランスよくひとつにまとめてくれています。

ふわりと軽いワンピースにゆったりとしたウールコートを合わせたコーディネートです。コートの落ち着いたグリーンとワンピースの鮮やかなパープル、カジュアルなフーディコートとスニーカーにエレガントなワンピースと、対照的な色と素材を組み合わせて、絶妙なお洒落のバランスを作り出しています。

 

KBFならではのロングラインを生かしたコーディネート!

シンプルで主張しすぎない一方で、形の美しさが際立つKBFのラインナップは、特にワンピースやロングコートなどでよく見られる、エレガントな縦長ラインが印象的です。これらのアイテムを優雅に着こなせば、大人の女性が持つ、上品でしなやかな魅力が引き立つことでしょう。特徴的な縦長ラインのシルエットが映えるように、足元をすっきりと見せたり、インナーをシンプルにしたりするのも着こなし方法のひとつです。

ロングワンピースにワイドなデザインのパンツを合わせれば、エスニックなゆったり感を楽しむことができます。ワンピースだけでは異質に思えるペタンコ靴も、少しだけ裾にのぞいて見えるパンツのカラーがアクセントとなり、絶妙なバランスとなっています。さらに、ワンピースの模様や形がコーディネートに個性を加えています。

コートの色形が持つ清潔感やきれいさを、女性的でやわらかいインナーやシンプルなデニムと靴で引き立てた着こなしです。色や素材にメリハリをつけることで、それぞれのアイテムがより印象的な表情を見せてくれます。

ロング×ロングのコーディネートも大人っぽくておすすめです。コートにストール、ワイドパンツとアイテムすべてを縦長ラインで揃えてエレガントな雰囲気を演出します。カラーコーディネートはアースカラーで整えて上品な深みを出し、ブラックのインナーとシルバーの靴が全体の引きしめ役になっています。

まとめ

いかがでしたか?飽きがこず長く着られるデザインながら、洗練されたディテールも持つKBFの様々なアイテム。組み合わせ次第で、女性らしくかわいらしいコーディネートや、スタイリッシュにまとめたスタイル、甘さとクールさのバランスが絶妙なミックススタイルなど、オン・オフ問わず、さまざまな着こなしが楽しめます。今回紹介したコーディネートは、あくまでも例です。手持ちのファッション小物と組み合わせるなどして、ぜひ変化のある新しい着こなしに挑戦してみてください。