川崎フロンターレで活躍するトッププレイヤー6人のインスタ

川崎フロンターレは東京と横浜の中間に位置する都市、川崎市を拠点に活動するサッカーチームです。
サッカーの盛んな川崎市民から根強い人気があり、元日本代表の大久保嘉人選手をはじめとしたトッププレイヤーも所属しています。
地元サポーターから絶大な支持を得ている川崎フロンターレの人気選手6人のインスタ写真をピックアップしてみました。

大久保嘉人

元日本代表大久保嘉人選手は今となっては川崎フロンターレの顔のような存在です。
ポジションはフォワード、日本最強ストライカーともいわれ多彩な能力を発揮する天才プレイヤーとの呼び名が強いです。
攻めるフォワードにありながらボランチやミッドなど、どこを守っても強力なマルチプレイヤーとして選手たちからも高評価を得ています。
セレッソ大阪やヴィッセル神戸などといったチームを得て現在の川崎フロンターレに所属しています。
爽やかで俳優のような外見とオシャレなファッションも持ち味で、芸能事務所に所属するなど活動的な一面もあり、私生活では4人の男の子を持つ父親としても有名。
抗がん剤治療中だった妻を勇気づけるために3人の息子たちと坊主にしたエピソードなど、心の優しい一面もあります。

谷口彰悟

日本代表としても活躍する谷口彰悟選手は、川崎フロンターレの特別指定選手として在籍しています。
筑波大学で大型ボランチとして注目され、その後各チームと競合のうえフロンターレに在籍しました。
ポジションはミッドフィルダー、センターバックも器用にこなすなど器用なディフェンダーとして評価が高く、その実力はデビュー1年目にして当時多くの注目を集めました。
2017年のサガン鳥栖戦では過密スケジュールの中通算100試合を達成し、チームで唯一全試合フル出場を果たしました。
守りのセンターバックでありながら7得点をマークするなど、若さ溢れるパワフルな活躍ぶりが目立ちます。
川崎フロンターレのスタメンとして欠かせないとして、選手たちからも一目置かれる存在です。

チョンソンリョン

韓国代表として長年活躍してきたチョンソンリョン選手は川崎フロンターレの正ゴールキーパーとして、チームを失点から守る鉄壁としてチームに貢献しています。
2012年までKリーグにてキーパーとして活躍をするも、正キーパーになれずベンチ入りしたこともあるなど、順風満帆とはいえないときもありました。
しかし2016年に川崎フロンターレ移籍後は安定した活躍を見せ、ゴールを死守する存在として絶大な信頼を得ています。
2008年の北京オリンピック代表選ではゴールキックがそのまま相手のゴールに入ってしまうという驚きのエピソードの持ち主であり、私生活では元ミスコリアの妻がいます。

小林悠

大久保嘉人選手と共に川崎フロンターレのツートップとして活躍する、小林悠選手も同じく日本代表選手として現在も活躍しています。
高校時代より2年連続で全国高校サッカー選手権大会に出場するなど、その実力が認められ大学在学中に特別指定選手として水戸ホーリックに所属し、スタメンで活躍するなど早い時期から才能を見せ始めていました。
2010年に現在の川崎フロンターレに移籍し、2014年に日本代表に選出されてからも、チームの得点王として確実なストライカーの地位を築き上げ、クラブをリーグ戦初優勝に導くなど貢献してきました。

武岡優斗

武岡優斗選手は川崎フロンターレのミッドフィルダーとして活躍するディフェンダーです。
国士舘大学在学時に主将を務め、プロの鹿島アントラーズをPK戦にまで持ち込むなど大きく活躍しました。
その後サガン鳥栖に入団し中心選手として大きく貢献するも、信頼する監督を追って横浜FCに移籍し大けがで1年間出場できなかったという挫折体験もあったほどです。
ケガからの復帰後はチームをJ1昇格にするための主力選手として大活躍しましたが、2014年には川崎フロンターレに完全移籍し、現在に至っています。
一対一の試合に強い選手として、サポーターからは認知されています。

井川祐輔

井川祐輔選手は元日本代表のディフェンダーで、2006年から2017年まで川崎フロンターレに所属し、その後香港プレミアムリーグ東方足蹴隊に移籍しました。
ガンバ大阪ユース時代よりポスト宮本恒靖と呼ばれ期待されていましたが、途中からサンフレッチェ広島に移籍しチームのJ1昇格に貢献しました。
以後名古屋グランパスエイトから川崎フロンターレに期限付きで移籍したものの、スタメンの谷口彰悟選手の活躍などでベンチにいる時間が長くなり、またシーズン終盤にケガをしてしまいそのまま契約終了に至ってしまいました。
髪型を頻繁に変えることで有名、私生活ではモデルでグラビアアイドルだった妻がいます。

さいごに

川崎フロンターレの6人のスタープレイヤーたち、各選手それぞれ個性があって輝かしい実績を残してきました。
フィールドでの勇ましい姿は子どもたちが憧れる華やかでかっこいいサッカー選手たちですが、私生活では普通の人と変わらなかったり、いいお父さんだったり、違った一面も垣間見れてそのギャップに惹かれるファンもたくさんいます。
そんな川崎フロンターレは、ますます応援したくなるチームですね。