柏レイソルでインスタをしている注目選手6人!

千葉県柏市をホームとする柏レイソルには人気や実力のあるイケメンの選手が多数所属しています。選手の中にはインスタをしている人も多く、プライベート写真は試合中に見られない素顔やチームメイトとの関係などが読み取れて興味深いですよ。気になる6人の選手の日常や誕生日、結婚祝いなどのイベント写真からピックアップしてまとめてみましたので、ぜひチェックしてくださいね!

伊東純也

柏レイソルで気になる選手といえば伊東純也選手です。ほぼ無名だった高校3年で複数大学からのスカウトで神奈川大学へ進学し、大学の2部リーグで2013年に得点王、2014年にアシスト王で2年連続ベストイレブンに選ばれました。ヴァンフォーレ甲府へ入団し、わずか1年でオファーがあり2016年に柏レイソルに移籍。持ち味のスピードや突破力を生かして頭角を現し2017年にはJリーグで優秀選手賞を受賞、日本代表として「EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017」にも出場しました。2016年から始めた伊東選手のインスタには仲の良いチームメイトとリラックスしている写真が多いのでほっこりします。投稿が2016年で止まっているので、ファンは投稿を待っていることでしょう。今後も「(ファン曰く)イケメンながら素朴」な魅力をどんどん発信して欲しいですね。

小池龍太

柏レイソルに2016年に移籍した小池龍太選手は決して歩みを止めない選手です。JFAアカデミーへ進学し福島と御殿場で6年学ぶも卒業時にオファーがなく、2014年JFLだったレノファ山口FCでアマチュア契約を選択。週3でサッカーコーチで生計を立てる自炊生活でしたが、1年目から17試合に出場しJ3への昇格を担いました。翌年30試合の出場でJ2昇格に貢献しプロ契約となり結婚、2016年42試合フル出場で活躍し柏レイソルへの移籍が決まりました。2017年は32試合に出場しレギュラーをつかんで伊東純也選手とのコンビも期待されていますが、小池選手ならさらなる飛躍を見せてくれるでしょう。インスタにはチームメイトや地元美容師さんとの交流、家族やアカデミー時代の仲間や福島への想いなど、小池選手の人脈や魅力が詰まっているので要チェックです!

古賀太陽

柏レイソルの古賀太陽選手は、レイソルの下部チームでU-15からU-21とずっと代表に選ばれ続けてきました。2014年の高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグEASTの優勝に貢献、2016年にトップチームに2種登録され、ついに2017年トップチームに昇格。3月4日にプロデビューを果たし、9月20日天皇杯4回戦でファンに待望の初ゴールを見せてくれました。AFC U-23選手権ではウズベキスタンと戦い0-4で大敗しましたが、悔しさを忘れず必ずリベンジを見せてくれることでしょう。古賀選手のインスタは柏レイソルu18の卒団時期の2016年12月から始まっていますが、まだ10件しか投稿がありません。今のところインスタに新しいチームメイトとの交流や素顔は見えてきませんが、きっと活躍が増えるにつれインスタも充実してくるはず。期待して待ちましょう!

大津祐樹

2008年に柏レイソルに入団した大津祐樹選手は高校時代無名で大学進学を考えていましたが、練習試合で柏レイソルのスカウトの目に止まりプロ入りしました。2009年には33試合で6得点をあげましたが、ケガが続きブラジルで治療と肉体強化に取り組むことに。ドイツのボルシアMGやオランダのVVVフェンロへの移籍を経て、2014年12月に柏レイソルに復帰を発表。2015年からはインスタを始め、公私ともに柏レイソルの10番を背負い中心的な存在感を示しています。インスタでファンからはイケメンと称され髪型や洗練されたファッションも注目の的。また、ファンサービスの姿勢や後輩の面倒みがよさも見逃せません。2018年1月3日、インスタ上で横浜F・マリノスへの完全移籍を発表。また、1月5日に久冨慶子アナウンサーと元日に結婚したことを発表しています。「居心地がよい柏レイソル」を出て成長を目指す大津選手に今後も注目です!

菅野孝憲

元柏レイソルの菅野孝憲選手は2007年オフに柏レイソルへ移籍し、2008年にGKは4人体制になりました。特に南と菅野の正GK争いは注目を集め、柏レイソルの守護神は菅野選手に。また、翌2009年には日本代表に選ばれ、2月のキリンチャレンジカップなどでベンチメンバー入を果たします。中村航輔選手がアビスパ福岡レンタル移籍から復帰すると、菅野選手は2016年1月にJ2・京都サンガF.C.への完全移籍を発表しました。さらに2018年1月、北海道コンサドーレ札幌に期限付き移籍を決めました。「すべての結果は自分の行動に起因帰結する」という菅野選手らしい選択ですが、目的を達成できなかったと京都サンガF.Cのサポーターにも惜しまれて京都を去りました。仲間からの信頼が厚く、チームが変わってもレイソルの仲間との付き合いが続いているのがインスタからも分かりますよ。今年の活躍も楽しみですね。

渡部博文

元柏レイソルの渡部博文選手は2010年に柏レイソルに正式加入しJ2の35節サガン鳥栖戦で公式戦に初出場。2011年には栃木SCへ期限付きで移籍し、レギュラーでリーグ戦33試合に出場し3得点を記録しました。2012年に再び柏へ復帰しリーグ戦に5試合出場、第92回天皇杯の決勝で負傷した近藤直也選手に代わり先発出場し前半で決勝点をあげ37年ぶりの優勝に貢献。2015年1月にベガルタ仙台への完全移籍を発表しレギュラーとして定着。2017年からヴィッセル神戸へ所属。インスタには監督のサプライズバースデーにレイソル時代の仲間からのメッセージ動画あり、一緒にプレーした仲間は離れても仲間なんですね。またいつも支えてくれる家族は家族への感謝も素敵です。

さいごに

柏レイソルの選手はファンのコメント通り仲良しで茶目っ気たっぷりのイメケン揃いでした!
そして、いつかチームメイトと離れて移籍をしてもライバルでありながらずっと仲間として繋がってお互い切磋琢磨して応援しあう関係が素晴らしいです。サポーターも柏レイソルの選手が移籍しても活躍を応援し、移籍先のサポーターも移籍した選手を受入れ支えてくれる温かいコメントにも感動しました。また、選手を支えてくれる家族への感謝が素敵です。
柏レイソルの選手のインスタには魅力が詰まっています。ぜひチェックしてみてくださいね。