【関東】2018年横浜のおすすめお花見スポット6選!!

神奈川県横浜市2018年おすすめお花見スポットをご紹介します。

春の花木である桜の開花はもちろん、異国情緒あふれる港町の夜景や、豪華に咲き誇るイングリッシュガーデンのバラの数々もお楽しみください!

お花が喜ぶ季節は、まだまだ寒い!しっかり防寒対策をしてお出かけしましょう!

三渓園桜

1.桜はもちろん1年中お花が楽しめる!

神奈川県横浜市にある「三渓園」の桜は、ソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ヤマザクラなどの種類があります。

毎年恒例の「観桜の夕べ」は、2018年3月31日(土)から4月8日(日)にかけて催されます。夜桜と旧燈明寺が同時にライトアップされた荘厳な風景は、フォトジェニック!

三渓園では桜のほかに、季節ごとに咲く桜草や、さつき盆栽、花菖蒲などの展示も年間を通して開催されています。5月下旬から6月上旬にはホタルの夕べも。

・入園料:大人(高校生以上)700円(600円)、小中学生200円(100円)、横浜市在住65歳以上の方200円/(カッコ)内料金は10名以上の団体料金/教職員の引率による学生団体入園料金(高校生以上)300円

・回数券5枚綴り:大人3000円、小中学生500円

・年間パスポート:大人2500円、小中学生700円、横浜市在住65歳以上の方700円

・前売り券:大人(高校生以上)600円

・障害者手帳などをお持ちの方は、同伴者1名と共に無料、教職員の学校行事による引率と下見は無料、毎月第2・第4土曜日は小中高校生無料

2018年お花見スポット:三渓園桜

住所:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58

電話番号:045-621-0635

営業時間:9:00~17:00(入園は閉園30分前まで)

定休日:12月29日~31日

大岡川桜祭り

2.桜の美しさを隅々まで堪能!

神奈川県横浜市に流れる「大岡川」では、2018年4月7日(土)・8日(日)に「大岡川桜祭り」が行われます。地元の方々や企業の協力による生バンドによる「桜桟橋台船ステージ」でのライブのほか、多くのイベントが企画されます。

大岡川沿いに一斉に咲き乱れる桜は、まるで紅色の雲海!ハラハラと舞い落ちる花びらが、水面で流れに乗り「桜の川」へと変貌します。船による川を渡っていくボートイベント「大岡乗船大会」「Eボート桜クルーズ」も風流でインスタグラムでも話題!

・「大岡乗船大会(25人/1船)予約無し」:乗船場所「日の出桟橋」、受付12:00~15:00、運行時間12:30~16:00、中学生以上1,000円、小学生以下無料

・「Eボート桜クルーズ(8人/3艇)予約無し」:乗船場所「桜桟橋会場」、受付15:00まで、運行時間11:00~16:00、1人1,500円(漕ぎ手あり)

2018年お花見スポット:大岡川桜祭り

住所:神奈川県横浜市中区

電話番号:不明

営業時間:17:00~24:00(大岡川桜祭り)

定休日:不明

根岸森林公園の桜

3.梅や桜の開花が見事な公園!

神奈川県横浜市に移住されたインスタグラマーは、一番良かったことは「根岸森林公園の桜」を、好きなときに見ることができることだとコメントしています。

昭和52年9月に公開された「根岸森林公園」では、2018年2月3日(土)・4日(日)には、お琴や野点が行われる「梅祭り」も予定されています。ちなみに梅の木は310本!

根岸森林公園の梅林の隣では、小高い山に咲く350本の桜がこんもりと咲く様子が見事なことでも有名です。桜の見頃は、3月下旬から4月上旬で、桜木の種類はソメイヨシノ。

24時間開放されている美しい公園ですが、夜間のライトアップなどは行われていません。自由に行き来できる分、公共のマナーは守って美しい自然を保っていきたいものですね!

2018年お花見スポット:根岸森林公園の桜

住所:神奈川県横浜市中区根岸台1-2

電話番号:045-663-0065(Flower Garden Cafe)、045-641-9185(公園事務所)

営業時間:24時間開園

定休日:無休

横浜山下公園

4.ロマンティックな海浜公園!

神奈川県横浜市にある「山下公園」からは、横浜ベイブリッジや港に着く船の景色がロマンティックな海浜公園です。海風が爽やかな晴れた日は、横浜で一番といって良いほどのすがすがしさを感じられます!

カップルはもちろん、家族連れの観光客や犬の散歩にと、多くの人が美しい港の眺めに癒やされています。「カモメの水兵さん」「赤い靴をはいた女の子」など、いにしえより横浜が海外との交流があったことを伝える「歌碑」が建てられています。

春になると、インスタグラムには桜の写真が一斉にアップされて話題に。山下公園は、実は「バラ」の花でも有名で、春と秋には花を愛でる人たちの目を楽しませています。

2018年お花見スポット:横浜山下公園

住所:神奈川県横浜市中区山下町279

電話番号:045-671-3648(横浜市都心部公園担当)

営業時間:24時間開園

定休日:無休

野毛山動物公園

5.動物と植物が共存する公園!

神奈川県横浜市にある「野毛山動物公園」の入園料はなんと無料!かなり良心的な施設です。無料とは思えないほどのクオリティの高さに驚く口コミもあるほど施設は充実しています!

小動物たちとの「ふれあいコーナー」や、申込制の「動物病院ガイドツアー」「動物園の台所ツアー」などの各種イベントも開催。動物や植物の自然形態を、子供たちに五感で経験させることができることで家族連れには大人気!授乳室も完備されています。

インスタグラムには、春の時期の野毛山動物公園に咲く美しい桜の写真もアップされて、公園は、お花見を楽しむ人で賑わいます。

動物たちにエサを与えない、フラッシュ撮影や自撮り棒などで動物を驚かせる行為はしないことはもちろん、花木に対しても美化に協力するなど公園内でのルールを守りながら、ピクニックや散策を楽しみましょう!

・テニスや自転車、スケボーや花火などの遊具は危険なので、公園内への持ち込みは禁止されています。

園内入り口には、ライオンが目印の「募金箱」が設置されていて、動物たちの飼育環境改善や、園内を利用する方々の利便性を図るためにも「野毛山動物公園募金」に参加することができます。

2018年お花見スポット:野毛山動物公園

住所:神奈川県横浜市西区老松町6-3-10

電話番号:045-231-1307(公益財団法人横浜市緑の協会)

営業時間:9:30~16:30(入園は16:00まで)

定休日:月曜日(祝日に当たる場合は翌日/5月・10月無休)、12月29日~1月1日、臨時閉園することもあります

港の見える丘公園

6.バラが香る!イングリッシュガーデン!

インスタグラムには見頃の春・秋に、ふんわりと咲くバラの姿が多く投稿され、話題を呼んでいるのは「港の見える丘公園」!昭和37年神奈川県の横浜市に開園されました。

園内には、イギリスの領事館跡であった「イギリス館」やフランス領事館跡の「フランス山」「山手資料館」などの施設が地区ごとに設置されています。

イギリス館の前にある「イングリッシュローズの庭」には、およそ150種野バラが1,200株!「香りの庭」に、約100種、500株、「バラとカスケードの庭」では、約80種が500株など、園内合計およそ330種が2,200株も植えられて、花の最盛期には良い香りでいっぱいに!

バラ好きであれば必ず行くべきフォトジェニックなスポットですが、季節ごとにほかのお花も一緒に楽しめるのが「港の見える丘公園」です。冬が終わると、ソメイヨシノが温かい春の風にゆられ、花びらがフワフワと舞っています。

フォトジェニックでおすすめなのは、港に向かうアングルのキラキラな夜景!日没から24:00にかけて、定期的に各10分間ライトアップされる横浜ベイブリッジは圧巻です!

2018年お花見スポット:港の見える丘公園

住所:神奈川県横浜市中区山手町114

電話番号:045-671-3648(南部公園緑地事務所・都心部公園担当)

営業時間:不明

定休日:年末年始(フランス山を含む)、第2水曜日(イギリス館)、第4水曜日(山手111番館)

まとめ

神奈川県横浜市のおすすめお花見スポットを6つご紹介しました!横浜市の港町に咲く桜やバラなどのお花には、日本にいながらどこかグローバルな香りを感じます。

入園料を無料にしている野毛山動物公園など、コストパフォーマンスの高いスポットもありました!動物や植物との共存を大切にしている横浜市。これからもその美しさが続いていくように、お花見のルールも大切に守りながら楽しみたいですね!