筋肉美と素の表情が魅力!男子柔道選手たちを要チェック!

日本が発祥とされる柔道。男子柔道は1964年の東京オリンピックから正式種目として長らく採用されています。
ところが、男子柔道選手、と言われてもパッと思いつかない、記憶にあるのはシドニーオリンピックで金メダルを獲得した井上康生選手が最後…という方もかなり多いのではないでしょうか?でも実は今、男子柔道界は若いエースが揃い踏み、とてもアツいんです!
今回はそんなアツい男子柔道界の選手たちのInstagramをご紹介していきます。格闘家好き、マッチョ好きの女子は特に必見ですよ!

羽賀龍之介

リオ五輪で銅メダルを獲得した、男子柔道界の若きエース羽賀龍之介選手のInstagramです。2014年から旭化成に所属している羽賀龍之介選手は、1991年宮崎県生まれ。階級は100kg級、身長186cmと大柄の選手で、Instagramでよく投稿されているトレーニング写真の肉体美は圧巻です。
血液型はO型。男子柔道仲間や、仲の良いトレーナーさんとの写真も多数アップされていて、気さくであたたかな人柄が垣間見えます。試合などで世界各地を回っている方なので、旅先のおしゃれな風景写真や、美味しそうな料理の写真も時々アップされていて楽しませてくれます。”

高野直寿

ナインティナインの岡村さんに似ているイケメンだとネットで話題、パーク24所属の高藤直寿選手です。身長160cm、階級は60kg級と小柄ながら、インターハイ二連覇にリオ五輪で銅メダル獲得と、確かな実力を持った男子柔道界を背負って立つ選手です。
Instagramでは日々のトレーニングや男子柔道の試合の様子が主ですが、若くして二児のパパさんでもあるので、お子さんや愛犬と仲睦まじく過ごす様子も頻繁にアップされていて、微笑ましい気持ちにさせてくれます。オリンピックに出場するほどの有名選手がプライベートな姿まで見せてくれることはあまりないので、ファンの方にはうれしいですね。動画の投稿も多めです。

 

永山竜樹

1996年生まれ、北海道出身の永山竜樹(りゅうじゅ)選手です。階級は60kg級。身長158cmと、前述の高藤選手よりも小柄な選手ですが、数々の世界大会でメダルを獲得している、男子柔道の若きエースです。
Instagramでは若い男の子らしく、友達とワイワイ飲んだり、たこ焼きパーティーをしていたりする楽しげな写真がたくさんアップされています。そして、焼肉やステーキなどの肉料理や、スイーツの投稿が多めなのも、可愛い男の子という感じがします。グランドスラム東京2016では、大学の先輩で男子柔道元世界チャンピオンの高藤直寿選手に勝ち、優勝した永山選手。今後の活躍にも期待です。

橋本壮市

筋肉が凄いイケメンと話題の橋本壮市選手は静岡県出身で、2014年からはパーク24に所属しています。1991年生まれ、身長170cm、階級は73kg級。2018年2月の時点で世界ランキング1位と、期待の選手です。
筋肉が凄い男子柔道選手とネットで話題になる選手だけあって、Instagramでは鍛えあがった肉体美を披露している写真が多め。そういった写真にはひっそりとハッシュタグに「アベンジャーズ」と付いているのもお茶目で素敵です。その他には臨場感あふれる男子柔道の試合写真もたくさんアップされていて、どれも格好よく必見です。

 

大野将平

リオ五輪で金メダルを獲得したことも記憶に新しい大野将平選手も、Instagramをやっています。山口県出身の大野将平選手は、1992年生まれ、身長17cm、階級は73kg級。血液型はO型です。同じく男子柔道の羽賀龍之介選手と同級生であり、大学を卒業後の2014年からは同じ旭化成に所属しています。
Instagramを見てみると、さすが男子柔道のオリンピック金メダル選手だけあって、著名人とのツーショットやTV出演、雑誌の取材を受けている様子など、柔道以外の仕事もいろいろされているんだなとわかる華やかな写真が多めです。コメント欄も英語やその他の言語での書き込みが多く見られ、日本を代表して世界の第一線で活躍されている選手なのだと、誇らしく感じられます。

さいごに

リオ五輪のメダリストたちの活躍から、再び盛り上がりを見せている男子柔道界。どの選手もストイックに自分を鍛え、戦う姿が本当に格好いいですね。そんな彼らの素の顔やリラックスした様子が見られるのも、またInstagramの大きな魅力です。

今回ご紹介した中では、羽賀龍之介選手、高藤直寿選手、永山竜樹選手、橋本壮市選手は2020年の東京五輪の男子柔道代表選手にも選出されています。オリンピックでの活躍にも要注目ですね!