Colorful Instagram

夏に絶対行きたい!インスタ映え確実な国内ビーチ5選

日本のビーチ

ビーチリゾートといえば海外、日本では沖縄しかイメージできない、という方は多いかもしれません。
実は、日本には全国各地に美しいビーチリゾートが存在するんです。
今回は、特にインスタ映えするフォトジェニックな景色を楽しめる、国内の絶景ビーチをご紹介します。

白い砂浜は幻の存在「百合ヶ浜(鹿児島県)」

鹿児島県の与論島にあるビーチで、一定の条件の元でしか現れない白い砂浜は、幻のビーチと呼ばれるほどの特別な場所なんです。
太陽の光を反射してキラキラと光る砂浜と海に身を任せれば、海外のビーチにいるかのような気分に浸れます。

白い砂浜は中潮から大潮の夏によく出現し、夏の間は特に観光客で賑わいます。
しかし、実は条件が揃えば一年中白い砂浜を楽しめるので、ゆったりと静かにビーチタイムを過ごしたいなら、あえて夏の観光シーズンを外して訪れると良いでしょう。
年間の砂浜出現スケジュールは、ヨロン島観光ガイドのホームページに目安が書かれています。

白い建物が多いのは、与論島がギリシャのミコノス島と姉妹都市だからだそうです。
ギリシャの観光地も同じように、ビーチ沿いには白い建物がたくさん建てられています。
異国の地のビーチでバカンスを楽しんでいるような感覚で、時間を忘れて過ごせるでしょう。

まるでセブ島の美しいビーチ「ヒリゾ浜(静岡県)」

伊豆半島にある手つかずの自然が残っているビーチ、ヒリゾ浜です。
夏の間だけ、それも船でしか行けない特別感たっぷりのビーチで、水質調査では国内ナンバーワンを誇り、透明度の高い海水が特徴になっています。
訪れる人は、伊豆ではなくセブ島にいるかのような気分で束の間のビーチバカンスを楽しみます。

水質が綺麗なヒリゾ浜の海には、珍しい魚がたくさん生息しています。
ヒリゾ浜は有数のシュノーケリングスポットとしても知られており、シュノーケリングで海の中の世界をじっくりと堪能できますよ!

島の中を散策するのもヒリゾ浜の楽しみ方の一つです。
南国リゾートのような雰囲気、自然豊かな島の空気を吸えば癒されること間違いなしでしょう。
島散策には日焼け止めを忘れずに!

どこまでも続くクリアブルーの海「ニシ浜ビーチ(沖縄県)」

沖縄県の波照間島(はてるまじま)にあるニシ浜ビーチは、時間帯や日によって海の色が変わるのを楽しめる特殊なビーチです。
空に溶け込むような海の色は、通称「ハテルマブルー」と呼ばれており、世界中どこを探してもないクリアブルーに見惚れるでしょう。

ニシ浜ビーチでぜひ楽しんでほしいのが、シュノーケリングやダイビングといったマリンスポーツです。
海に潜れば、どこまでが海でどこからが空なのかわからなくなるほど、透き通った海の世界を楽しめます。

陽の光の加減で海の色が変化し、様々なブルーカラーの海の景色を楽しめます。
ビーチでは夜に星空を眺めたり、南十字星が観測できたりと、ロマンチックな時間も過ごせますよ。

名前の通り透明度の高い海「水晶浜(福井県)」

サーフィンなどマリンスポーツ好きが集まる福井県の海水浴場、水晶浜です。
輝く海は水晶のように透明度が高く、キラキラまぶしく輝く景色は、きっとあなたの目に焼きつくでしょう。

美浜町には合計8つの海水浴場があり、その中でも特に人気なのが水晶浜です。
夏季の海水浴シーズンには、毎年15万人の観光客が訪れます。
海は海底が見えるほどクリアで、まるでカリブ海のビーチのようです。

サラサラときめ細かい砂の上を歩くだけで癒されそうですね。
水晶浜は日中の海の美しさだけではなく、日が暮れてからも美しい景色が続きます。
特に美しい夕暮れの景色は、見惚れるほどの美しさです。
恋人と二人でゆったり夕焼けの海を眺めながら、ビーチを散歩できますよ。

まるでプライベートビーチのように楽しめる「はての浜(沖縄県)」

沖縄にあるビーチの中でも特に人気が高いのが、はての浜です。
映画やCM、ドラマなど海のシーンでは撮影に使われることが多いそう。
久米島近くにある砂浜だけの無人島で、360度エメラルドグリーンの海に囲まれています。
ホテルなど宿泊先で船を予約しなければ訪れられないため、ビーチは限られたお客さんしかいなく、プライベートビーチ感覚で広々とした砂浜を楽しめるんです。

美しい海に生息するというサンゴは、はての浜にたくさん生息しているのです。
浜に打ち上げられているサンゴを拾ったり、グラスボートの船内からは海中のサンゴ礁を鑑賞できます。
はての浜にあるのは、美しいエメラルドグリーンの海と輝く白い砂浜、そしてサンゴ礁や熱帯魚などの生き物だけです。
インスタ映えするカフェなどはありませんが、自然の雄大な景色だけで十分フォトジェニックですよ!

見渡す限りに広がるエメラルドグリーンの海と、澄み切った青い空は、まるで地上の楽園のようです。
運が良ければウミガメにも出会えます。
海と砂浜しかないはての浜で、特別なビーチバカンスを楽しみませんか。

日本にだってフォトジェニックなビーチはたくさん!

ビーチといえば海外の有名リゾート地をイメージしますが、日本にもたくさん美しいビーチはあります。
日本国内なので交通費も海外に比べれば格安なので、夏の間に色々なビーチを訪れ、インスタ映えする写真をたくさん撮れますよ!
女子旅や恋人とのバカンス、家族旅行など、様々なシーンでビーチバカンスを楽しんでください!