大人気女優板谷由夏のインスタグラムがおしゃれすぎる!!

板谷由夏とは

ご機嫌な木曜日 インタビューをうけると自分が見えて面白い。 ありがたいことです。

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


板谷由夏さんは1975年6月22日生まれ、福岡県出身の女優さんです。
女優としての映画やドラマなどの出演はもちろん、ニュース番組のキャスターやラジオ番組のパーソナリティ、バラエティ番組の出演など、数多くの活動をしています。
女優としての演技力には定評があり、1999年のデビュー作である「アベック・モン・マリ」でヨコハマ映画祭を受賞、その後2005年には「運命じゃない人」で毎日映画コンクール女優助演賞を受賞、さらに2007年には「サッド・ヴァケイション」で高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞しています。
この賞を受賞した2007年に、スタイリストである吉田ひろひこさんと結婚。現在は2児の母となっています。

板谷由夏のインスタグラム

沈丁花がもうすぐ

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


板谷由夏さんのインスタグラムは、同世代の女性から非常に高い人気があります。彼女のライフスタイルや自然な感情を表現した投稿は、非常に多くの方からの共感を集めています
特に、自宅の庭に咲いた花の紹介や、庭で採れた果物などで作る食事などのオーガニックなライフスタイルが子育て中の女性からの憧れにもなっています。
今回は、板谷由夏さんのこれまでの活躍や、最近のおしゃれな日常を、インスタグラムを通してご紹介していこうと思います。

板谷由夏はヒップホップをしていた!?

ぬはー!!

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


板谷由夏さんは、1994年から、地元である福岡の短大に通いながらモデルとして活動していました。
そして、1995年に現在の博多華丸さんや、おたこぷーさんと一緒に「SO.TA.I」というヒップホップのCDを発売しています。これは、前年の1994年に発売され大ヒットしたEAST END×YURIの「DA.YO.NE」の大ヒットに続いて制作された「DA.YO.NE」のローカル版です。大阪弁バージョンの「SO.YA.NA」や北海道弁バージョンの「DA.BE.SA」、広島弁バージョンの「HO.JA.NE」など全国で6作品が作られました。
ちなみにこの中で「SO.TA.I」は、オリコンチャート最高順位41位でした。この「DA.YO.NE」から派生したシリーズの中では2番目の順位となっています。

 

板谷由夏は有村架純の憧れの女優

差し入れの団子団子団子〜〜

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


「あまちゃん」でブレイクし、現在は「ひよっこ」に主演している有村架純さんは、実はこの板谷由夏さんの大ファンなのだそうです。2015年のドラマ「海に降る」の完成披露試写会で有村架純さんは、板谷由夏さんに対して「大好きです」と伝え、板谷由夏さんは「告白されちゃった」と照れ笑いをするという1シーンがありました。
有村架純さんは、板谷由夏さんに対して「女性として、女優として共に憧れを抱いてる」のだそうです。

板谷由夏さんが立ち上げた新ブランド「SINME」

さぁ、どんな出会いがあり、どんな初日になるかしら。本当に楽しみ! #sinme

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


板谷由夏さんは、2015年にデニムブランドである「SINME」を立ち上げました。大人の女性向けのシンプルで必要最小限なアイテムをプロデュースするために作られたブランドです。
デニムというベーシックなアイテムと板谷由夏さんというナチュラルなキャラクターがマッチして、大人の女性から高い支持を得ています。
公式サイトには
「大人とは無駄のないこと。大人とは確かな自信。大人とは遊び心。シンプルで良質の服をきたとき、生き方が美しさとなって顕れる。いくつになっても新芽(SINME)は生まれる」
という、ブランドからのメッセージが書かれています。これは、板谷由夏さんの生き方も表しているのではないでしょうか。

板谷由夏さんの旦那さんはどんな人

今夜は餃子

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


板谷由夏さんの旦那さんは、吉田ひろひこさんというメンズファッションのスタイリストです。若者への影響力が強く、あの有名な雑誌「smart」のファッションスナップなどによく登場します。現在は、藤木直人さんのスタイリングも手掛けているそうです。
ちなみに年齢は板谷由夏さんの12歳年上なのだとか。
2人は板谷さんが20歳のときに仕事で出会い、そこから10年以上友人関係を続けていたそうですが、2005年から交際をスタート。そして1年半後に結婚されたそうです。2人とも誕生日が6月22日で同じということから、運命的なものを感じたのかもしれません。
ちなみに、残念ながら板谷さんのインスタグラムに旦那さんは登場しません。

「NEWS ZERO」のキャスター

今夜はZEROです

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


女優としての板谷由夏さんを知らない方でも、「NEWS ZERO」のキャスターとしての板谷由夏さんをご存知の方は多いのではないでしょうか。
40代で2児の母という目線から生まれた様々な疑問を解いていく「LIFE」というコーナーを担当しています。2017年の4月には盲導犬の仕事について、切り込んだ取材を行いました。不定期で出演中です。

 

ラジオのパーソナリティーも


板谷由夏さんは、毎週土曜日15時から15時30分までの「コスモポップスステーション」というラジオ番組のパーソナリティーを務めています。「カーライフに寄り添う音楽空間」というテーマのもと、板谷由夏さんがおすすめのドライブに合う洋楽を流してくれます。ちなみに、2017年6月10日にオンエアした際に板谷さんがセレクトしたのはジョニ・ミッチェル「Big Yellow Taxi」です。番組の中で板谷由夏さんはこの曲の歌詞を紐解いています。実はこの楽曲の歌詞は「農薬を撒かないで」「自然を壊して建物を建てないで」というジョニ・ミッチェルのメッセージソングであると解説してくれました。

2017年のオリーブアンバサダーに板谷由夏さんが起用

どっひゃい!! 意味なし!!

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


オリーブアンバサダーとは、オリーブオイルの素晴らしさを世の中に伝えるオリーブオイル大使のようなものです。板谷由夏さんは日頃からオリーブオイルを愛用しており、日本オリーブオイルソムリエ協会からはそのオリーブオイルに向ける真摯な眼差しと、それを人々に伝える発信力が評価され、起用されたようです。

アカデミー賞レッドカーペットのレポーターに

大好きなイザベルユペール こういう年の重ねかたをしたい

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


板谷由夏さんは、WOWOWの情報番組「映画工房」で俳優の斎藤工さんと一緒にMCを務めています。WOWOWは、例年アカデミー賞授賞式を独占生中継していますが、2017年はこの「映画工房」の2人のMCが評価され、レッドカーペットレポーターとして2人が現地からレポートしてくれることになりました。
アカデミー賞授賞式を間近で体験できるという機会に板谷由夏さんは「すごいことだと思います」とワクワクしていたようです。
そしてアカデミー賞当日は世界的に有名な俳優さんたちに物怖じせず、マイクを向け果敢にレポートをしていました。

石田ゆり子さんと仲良し

久しぶりのマイダーリン てか、ぢどりじょゆう、下手すぎ

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


「逃げるは恥だが役に立つ」でその演技が評判になった石田ゆり子さんですが、実はプライベートでは板谷由夏さんと仲がいいということで有名です。2人は2015年の「医師たちの恋愛事情」で共演したことをきっかけに仲良くなったそうです。石田ゆり子さんは45歳、板谷由夏さんは40歳と同世代の女性であるということ、そして2人ともしっかりと自分を持った女性であるということで気が合ったようです。

井川遥さんがママ友

はい、遥さん。 図らずも

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


板谷由夏さんは井川遥さんともデビュー当時から仲良く、結婚するタイミングや出産のタイミングも一緒だったそうです。そして現在はママ友として育児が終わったら2人で飲みに行ったりする関係のようです。
このインスタグラムはそんな2人のプライベートが垣間見れる自然な笑顔。井川遥さんは自身のSNSアカウントが存在しないため、このプライベートな表情が見れるインスタグラムは非常に貴重なものだったようです。

 

ドラマ「ファーストクラス」のメンバーは中が良い


アパレル業界での熾烈な女性たちの戦いを描いた「ファーストクラス」というドラマで、板谷由夏さんは沢尻エリカさんや菜々緒さんと共演していました。この「ファーストクラス」の出演メンバーは、ドラマが終了しても新年会をするほど仲が良いそうです。
そして、2017年4月から放送されている「母になる」で板谷由夏さんは沢尻エリカさんと再び共演。その撮影時に、たまたま別のドラマでスタジオが隣だった菜々緒さんと再会し、撮影されたインスタグラムがこちらです。現在でも仲良しのようですね!

7月からのドラマ「セシルのもくろみ」絶賛撮影中!

次の現場が始まるよ‼️ ワクワクどきどき #セシルのもくろみ

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


「母になる」に続き、2017年の7月から始まる「セシルのもくろみ」というドラマにも板谷由夏さんは出演します。小説が原作のドラマで、大人の女性たちの嫉妬や不倫などというどろどろとした部分をいかに描かれるのかに注目が集まっています。

母親としての考え方

母の日はたくさん遊んだ あたしには全身ツボ押しになる 遊具であった

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


板谷由夏さんは、マイナビニュースのインタビューで「子育てについて悩まないお母様どこにもいない。むしろ悩んでていい」と言い切っています。
板谷由夏さん自身も、仕事と子育ての両立が難しく、常に戦っているそうです。
そんな日常の中でも、このようにお子さんとたくさん遊んでいる一場面が、見ている人の気持ちをほっこりさせてくれます。

庭に生っているベリーを収穫!

幼稚園から帰宅してまず ジューンベリーを収穫する 食いしん坊

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


こちらはお子さんが庭のジューンベリーを収穫している様子です。
「庭ですか!すごーい!」「なんて素敵なんでしょう。子育ての理想が詰まっていますね」などと、庭に関するコメントが多数寄せられていました。

家に帰ったらバラが!?


家に帰ったら庭にあったはずのバラが活けられていたそうです。旦那さんがされたのでしょうか。
こんな経験なかなかないですよね。

まとめ

さて日曜日 今日も楽しく‼️

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –


こちらは板谷由夏さんの庭の様子が垣間見れるインスタグラムです。非常に自然が豊かでオシャレな庭ですよね。
常に仕事も全力・子育ても全力の板谷由夏さんに多くの女性が憧れるのもうなずけます。
これからも変わらず常に笑顔でパワフルに活躍してくれるよう、応援していきたいですね!