【インスタグラム】Facebookと連携&解除する方法は?メリットや注意点などを解説!


近年、SNSは無料で使える上に、その集客力やターゲティング性能、ビジュアル訴求などマーケティング戦略において企業も積極的に活用するようになりました。

その中でもインスタグラムの普及率は著しく、2019年には親サービスであるFacebookを追い抜き、アクティブユーザー数3300万人にまで達しています。

そんなインスタグラムは、Facebookと連携することで使える便利な機能があります。

今回、当記事ではインスタグラムとFacebookを連携&解除する方法やメリット・注意点なども解説していきます。

インスタグラムとフェイスブックを連携するメリットは?

皆さんは、インスタグラム・Facebookを利用していてこんなことを思ったことはありませんか?

「投稿を更新するのがめんどくさい…」
「拡散力をアップさせたい…」
「フォロワーを増やしたい…」

インスタグラムとFacebookを連携することで、4つのメリットがあり上記の悩みを解決することができます。

メリット

・同時投稿が行える
・拡散力のアップに繋がる
・相乗効果によりフォロワーが増えやすい
・ショッピング機能が使えるようになる

例えば、インスタグラムとFacebookを連携することで、「同時投稿」が可能になり、投稿に費やす手間を大幅に短縮できたり、シェア機能がなく拡散力が低いインスタグラムの弱点をFacebookのシェア機能で補えインスタグラムとFacebookの連携の画像るなどですね。

では、実際にメリットの内容について一つずつ解説していきたいと思います。

メリット①InstagramとFacebookの連携で同時投稿ができるようになる

インスタグラムとFacebookの連携で得られる大きなメリットの一つは、「同時投稿」を設定することができ、投稿に費やす時間と労力を1/2に削減できる点です。

インスタグラム・Facebookでビジネス的な利用をするのであれば『更新頻度』はとても重要なポイントになります。

ですが、日々複数のSNSアカウントでそれぞれ投稿するのは大変ですよね…。

そこでインスタグラムとFacebookを連携し、一つの投稿を同時にシェアすることで、投稿作業の削減や空いた時間で投稿内容のクオリティをさらに高めたり、更新頻度を増やしたりすることが可能になります。

メリット②拡散力のアップに繋がる

インスタグラムの特徴としては、写真や動画がメインのSNSであり、他のSNSに比べビジュアル訴求に優れていますが、Facebookの「シェア機能」やTwitterの「リツイート」の様な『拡散機能』がないため拡散力が低いという点が挙げられます。

そこで、インスタグラムとFacebookを連携することで同時投稿を行い、Facebookの「シェア機能」でインスタグラムの拡散力を底上げをすることができます。

Facebookのシェアでは、友達が「いいね」した投稿としてタイムラインに表示されます。

これは興味のあるユーザー同士の親密度などから分析され、友達の友達(知らない人)にも投稿内容を見てもらえるので、インスタグラムだけの投稿よりも投稿が拡散されやすいため大きなメリットと言えるでしょう。

メリット③相乗効果によりフォロワーが増えやすい

インスタグラムとFacebookを連携することで、相乗効果が起きフォロワーアップが期待できます。

理由としては、メリット②の内容と少し重複しますが、インスタグラムは「拡散機能」が搭載されていないため他のSNSに比べて拡散力が低いですが、Facebookと連携することで、シェア機能での拡散ができフォロワーアップに繋がります。

逆にFacebookでは、インスタグラムで編集したオシャレな写真や動画がFacebookにも同時に投稿されるのでビジュアル訴求を強化することができます。

また、双方のアカウントを連携させていると、フェイスブックでの友達・フォロワーがインスタグラムを使用していた場合、彼らのインスタグラム「おすすめアカウント欄」にアカウントが表示されるようになります。

これらの相乗効果により、双方のアカウントでのフォロワーアップが期待できます

メリット④Instagramのショッピング機能が使えるようになる

インスタグラムとFacebookページを連携することで、インスタグラムから直接ECサイトへ誘導することができる『ショッピング機能』が使えるようになります。

ショッピング機能とは、投稿内に値段と商品名を表示するタグが貼り付けられており、投稿をタップすると商品の情報が表示され、タップするとそのままサイト(商品詳細ページ)へ遷移できる機能のことです。

ショッピング機能のカタログ管理は、Facebook上でできるので、商材の管理や編集が簡単に行えます。

ネットでの販促に非常に効果的な機能なので、EC運用者や企業アカウントとして運用している方は、ぜひアカウントの連携をしてみましょう。

インスタグラムとフェイスブックを連携する方法は?

インスタグラムから連携する場合は「アプリ」から、Facebookから連携する場合は「ブラウザ」からでないと連携出来ないので注意してください。

今回はインスタグラムのアプリからFacebookとの連携を行います。

1.プロフィール画面の【メニューバー】をタップ
2.【設定】をタップ
3.【アカウント】をタップ

まずは、インスタグラムのプロフィール画面を開いたら画面右上のメニューバーをタップします。表示された項目の設定を開きアカウントを選択します。

4.アカウント画面の【他アプリへのシェア】をタップ
5.Facebookアカウントを選択して、自動投稿の内容を選択

アカウント画面の他のアプリへのシェアをタップしたら、Facebookアカウントを選択して、「Instagramストーリーズ」「Instagram投稿」の2つから自動シェアするものを選んでチェックを入れたら連携は完了です。

連携して同時投稿する方法

基本的に、上の写真の様にFacebookアカウントを選択して、「ストーリーズ」「投稿」にチェックが入っていれば、自動的にシェアすることができます。

インスタグラムとフェイスブックの連携を解除する方法は?

インスタグラムとFacebookの連携を解除する方法は、連携する方法の逆をたどればいいだけなので簡単にできます。

1.プロフィール画面のメニューバーをタップ
2.【設定】をタップ
3.【アカウント】をタップ

インスタグラムのプロフィール画面を開いたら、画面右上のメニューバーをタップします。表示された項目の設定を開き、アカウントをタップします。

アカウントの設定画面の他のアプリへのシェアを選択して、「自動的にシェア」の項目のチェックを外したら完了です。

インスタグラムとフェイスブックを連携する際の注意点は?

インスタグラムとFacebookを連携することで、たくさんのメリットが得られますが、逆に注意しなくてはいけないデメリットも存在しています。

アカウントの連携を考えているユーザーは、きちんとデメリットも理解した上で、インスタグラムとFacebookを連携、運用を行いましょう。

では、実際にインスタグラムとFacebookを連携することで起こるデメリットをご紹介していきます。

注意①2つのSNSはユーザー層が違う

まずインスタグラムとFacebookは、真逆といっていいほどユーザー層とユーザー特性が違います。

インスタグラムとFacebookを連携するメリットのひとつとして、「同時投稿」ができることをご紹介しましたが、インスタグラムとFacebookでは、ユーザー特性が違うので、注意しなければ逆にフォロワーの離脱に繋がってしまう可能性があります。

出典:social media Lab

上記のグラフは(左)インスタグラム(右)Facebookのユーザー層とユーザー構成のグラフです。

グラフを見ていただくとわかるように、インスタグラムでは、「20代~40代の女性ユーザー」がメインで、Facebookでは「40代~50代の男性ユーザー」がメインであることが分ると思います。

投稿スタイルにしても、インスタグラムは「写真・動画」がメインで、Facebookでは「テキスト」がメインです。

このことから、インスタグラムとFacebookを連携して投稿をシェアした場合、すべてのユーザーに共感してもらうには、両SNSのユーザー特性を意識した投稿を心がける必要があることが分ります。

注意②ユーザーの離脱に繋がる

相手をフォローするという行為は、「あなたのファンです!」「あなたの投稿を継続してみたいです!」という意味合いがあります。

故にあなたの投稿一覧を見て興味を持ち、今後の投稿に期待してあなたを「フォロー」します。

なので、インスタグラムとFacebookの連携による同時投稿は、投稿にかかる手間と時間を削減できる反面、投稿自体が機械的になることから、フォロワーの離脱に繋がってしまう可能性があるので注意が必要です。

前述の注意①で紹介した、ユーザー特性の違いにも考慮して投稿内容を考えましょう。

注意③アカウント乗っ取りのリスクが増す

アカウント乗っ取りの手口のひとつにパスワードリストアタックと呼ばれるものがあります。

インスタグラムとFacebookのアカウント情報を連携する場合は、アカウント情報がどれか一つのでも流失してしまったら、そこからパスワードリストアタックという手法で芋づる式に乗っ取られてしまう危険性があります。

なので、インスタグラムとFacebookを連携する場合は、それぞれのサービスでログイン情報を使い分けるなどの乗っ取り防止策を施しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

インスタグラムとFacebookを連携することで、同時投稿での時間と労力の削減や拡散力アップ、ショッピング機能が使えるようになる、など様々なメリットが得られます。

ですが、ユーザー特性の違いやアカウント乗っ取りのリスクなど、連携するデメリットも存在しているので、注意して運用しましょう。

以上で、インスタグラムとFacebookの連携&解除する方法は?メリットや注意点などの解説を終わります。