【下北沢エリア】フォトジェニックで可愛いカフェ6選!

更新履歴
-2019-7-18-最新の情報を元に加筆修正

おしゃれなカフェや古着屋さんに劇場など、楽しめるスポットがたくさんある下北沢エリア。一息つきたいときの為に、必ずチェックしておくべきフォトジェニックカフェを6店舗厳選してご紹介します!まずは、季節を問わず食べたくなるソフトクリームと、薫り高いコーヒーのペアからご覧下さい!

MELTING IN THE MOUTH

1.まるで作り物!?マンガみたいなソフトをパシャリ!

普通のソフトクリームだけど、普通じゃないと感じてしまうのは、そのフォトジェニックな見た目にあります!まるで作り物のように、みごとにキレイすぎるソフトクリームは、ミルク感たっぷり!お口の中でほどけるから、濃厚なのにサッパリと美味しいのです!

そんなソフトクリームが食べられるのは、渋谷区広尾に店舗がある「MELTING IN THE MOUTH(メルティング・イン・ザ・マウス」です。体に良いとされる素材を使用したコーヒーに合うお店オリジナルドーナッツも、見た目と味も最高のお味!

「コーヒー」と「ソフトクリーム」と「ドーナッツ」

この3つだけのシンプルなメニューであることがポイント。こだわりの淹れ方で提供される季節にあわせたコーヒーと、相性抜群の自家製ドーナッツと、ソフトクリームの融合を心ゆくまで楽しんでいただきたいというお店の心遣いも嬉しいですね!

店名:MELTING IN THE MOUTH(メルティング・イン・ザ・マウス)

住所:東京都渋谷区広尾5丁目17番10号 1階

電話番号:03-6459-3838

営業時間:10:30~20:30

定休日:不明

Les Grands Arbres

2.インスタ映え必須!おしゃれなお店の外観にも注目!

これは、木?本当にお店なの?どこかの森に迷い込んだかのような、インスタ映えする外観にかなりインパクトのある「Les Grands Arbres(レ・グラン・ザルブル)」は、港区南麻布にあります。

この店名の意味は「大きな木」。名前通りの、ナチュラルな雰囲気で思わず入ってみたくなるお店です。

インスタグラムでのお客様からのコメントには「名前が覚えられない」「素敵なお店だった」、ライトアップされた異空間も楽しむには「夜がオススメ」など、素直な意見もたくさんあります。

選ぶのに迷いそうな7種類あるランチメニューのお値段は、1,230円から。お野菜もふんだんに使われているので、たっぷりビタミンチャージしたい人には「おまかせヘルシーデリプレート」もおオススメです!

店名:Les Grands Arbres(レ・グラン・ザルブル)

住所:東京都港区南麻布5-15-11 3階・屋上

電話番号: 03-5791-1212(Cafe)

営業時間:月曜~土曜11:00~15:30(ランチタイム)、15:30~18:00(ティータイム)、18:00~22:00(ディナータイム)/日曜・祝日11:00~19:00(ランチメニューのみ)、祝前日の日曜(月曜~土曜の営業時間と同じ)

定休日:不明

Captain Cook Tokyo

3.リピート率の高し!「激うま」英国カフェめし!

本格的なイギリスの「アフタヌーンティー」を、心ゆくまで堪能できるカフェ「Captain Cook Tokyo(キャプテンクックトーキョー)」が、港区南麻布にあります!

「イギリス料理」と聞くと、先入観で「そんなに美味しくなんじゃないかな」と思っている人の意識を180度変えてくれるほど、Captain Cook Tokyoのお料理は評判がとても高いのです!

「また来ちゃった」というコメントもある「イングリッシュブレックファースト(900円~)」は「激うま」で何度も食べに行きたくなります。ひとつのプレートに、ブリティッシュ・ソーセージと、目玉焼きにベーコン、ベイクド・トマト、マッシュルーム、お豆が載せられているイギリス定番の朝ご飯!

「ヘルシーブレックファースト」を選べば、グルテンフリーのパンケーキに、卵白のみのオムレツ、ターキーにアボカドなど、オーガニックな一皿がいただけます。

お料理と一緒に提供される紅茶は、どれも「Twinings of London(トワイニングス・オブ・ロンドン)」で、もちろん味と香りの保証つきです。一度味わったら、やみつきになること間違いなしのイギリス料理を楽しみましょう!

店名:Captain Cook Tokyo(キャプテンクックトーキョー)

住所:東京都港区南麻布5-2-37

電話番号:03-6277-3-2308

営業時間:火曜~日曜8:30~2200、平日11:30~14:30、週末8:30~15:30(ブランチ)、毎日14:30~17:30(アフタヌーンティー)、毎日17:30~(ディナー)

定休日:不明

「AND THE FRIET(アンド ザ フリット)」フレンチフライ専門店

4.厳選された6種のお芋フライは極上のごちそう!

自家製の「黒トリュフマヨネーズ」「トマトケチャップ」などのディップを10種類から、フレンチフライの芋の品種やカットもお好みのものを選べる。ここまでポテトを大切に考えているお店は、他に類を見ないのではないでしょうか?

これまで、脇役としてしか注目されていなかった「フライドポテト」を、主役級のごちそうとして提供してくれるのが「AND THE FRIET(アンド ザ フリット)」!店舗は、渋谷区広尾にあります。

お客様のコメントに「店員さんが素敵すぎる」とあるように、お店の雰囲気もとても良好です!インスタ映えする揚げたての熱々のポテトは、種類によってほくほく食感やサクトロ食感も楽しめます。大好きなディップをたっぷりと豪快につけて、今日だけはダイエットの定休日にしましょう!?

店名:「AND THE FRIET」フレンチフライ専門店(アンド・ザ・フリット)

住所:東京都渋谷区広尾5-16-1北村60館1階

電話番号:03-6409-6916

営業時間:11:00~21:00、土曜・日曜・祝日10:00~21:00

定休日:不定休

SWEET TWIST

5.ピンクで女子心をくすぐるジェラート専門店!

店頭のショーケースに、常時8種類の冷たくて美味しいジェラートやソルベがずらりと並ぶ「SWEET TWIST(スイートツイスト)」は、世田谷区北沢にあるジェラート専門店です。

コーンかカップが選べるメニューは、シングル430円、ダブル530円、トリプル630円(カップのみ)があります。果物そのものを食べているようなソルベや、ミルクの味を研究し尽くされて作られている「こだわり牛乳」に、「プレミオ・ピスタチオ」も絶品!

可愛い店内で、ジューシークリーミーなジェラートと一緒に写真を撮れば、インスタ映えもねらえます!

店名:SWEET TWIST(スイートツイスト)

住所:東京都世田谷区北沢3丁目26-3

電話番号:03-6873-6230

営業時間:13:00~20:00(売り切れ次第終了)

定休日:水曜日

On the WAY, coffee&cupcake

6.ロゴの「カンマ」に込められたお店の思い

「道中で、ほっと一息つく」、「昼夜を問わず人をつなげる場所にしたい」店名に対して、こういった気持ちが込められている「,(カンマ)」が使われているお店「On the WAY, coffee&cupcake(オン・ザ・ウェイ・コーヒー・アンド・カップケーキ)」は、世田谷区下北沢にあります。

オリジナルマグカップや、カップケーキのボックスにもあしらわれた、小さな「,(カンマ)」をモチーフにした可愛いロゴマークも特徴的で、立ち寄ったインスタグラマーからも、フォトジェニックな写真が投稿されています。

こちらもインスタ映えするカラフルポップで可愛い「カップケーキ」は、どれも甘さ控えめな美味しさで、丁寧に淹れられた美味しい香りの「コーヒー」と優しくマッチします。季節によっても変化が楽しめるカップケーキの味は、秋冬では「サツマイモとアーモンド」も人気!

カメラを向けると、気さくに応じてくれる素敵な店員さんのいる「道ばたのコーヒーとカップケーキの可愛いお店」の前で、ちょっと立ち止まって一息してみませんか?

店名:On the WAY, coffee&cupcake(オン・ザ・ウェイ・コーヒー・アンド・カップケーキ)

住所:東京都世田谷区北沢2-16-2Aフラット1階

電話番号:03-6805-5736

営業時間:10:00~19:00

定休日:火曜日

まとめ

東京で住みたい街の、いつも上位にランクインされている「下北沢エリア」のカフェをご紹介しました。

どのお店も、お客様の気持ちをくみ取って、お料理やスイーツ、コーヒーや紅茶を提供してくれる温かな印象があります。人と人のつながりを大切にするこの街の特徴が「住みたい街」のトップクラスに位置している理由のひとつなのでしょう!