Colorful Instagram

【インスタ映え】 沖縄に行くならココで撮るべし!人気のインスタ映えスポット6選

南国の太陽に亜熱帯の動植物、独特の伝統文化に美味しい食事が魅力の沖縄は、どこで撮影しても絵になるほど美しく珍しい風景が多いところです。とはいえ、人気の写真スポットはしっかり押さえて、たくさんの「いいね」をゲットしたいですよね。そこで今回は、インスタグラムで人気がある沖縄の撮影スポット6選をお届けします。

フサキビーチ

フサキビーチは石垣港から車で20分ほどの場所にあります。フサキリゾートホテルに隣接しているビーチですが、宿泊客以外でも自由に利用することが可能です。どちらかといえば泳ぐよりもマリンアクティビティを楽しむのに適したビーチで、日中は多くの人で賑わっています。また、西向きのビーチなので日没の時間に散策するのもおすすめです。石垣島有数のサンセットスポットとして人気があり、海に沈む美しい夕陽の写真を撮ることができます。

【名前】フサキビーチ
【住所】沖縄県石垣市新川1625(フサキリゾートヴィレッジ)
【電話】0980-88-7000

オキナワサン

沖縄本島北部にある古民家を改装したカフェです。お店の内部はパステルカラーで彩られていて、とてもキュートです。ここでは沖縄の新鮮な食材をふんだんに使用した料理やドリンクを味わうことができます。おすすめメニューは沖縄そば各種と、ピンクドラゴンフルーツを使ったスムージー。ブーゲンビリアのようなピンク色が青空に映えて、沖縄らしい記念撮影にぴったりです。

【名前】オキナワサンスムージー
【住所】沖縄県国頭郡本部町備瀬224
【電話】090-9473-0909
【営業時間】
水~金・土 :12:00〜17:00 (定休:月・火・日その他不定休あり)

 

民謡居酒屋ちゃんぷるー

沖縄本島北部に位置する沖縄民謡居酒屋で、グルクンの唐揚げやアグー豚のしゃぶしゃぶなど、沖縄の食材を使った料理がメインメニューとなっています。このお店のピンク色の外壁に描かれた天使の羽などのウォールアートがあり、ラブリーな写真が撮れるスポットとしてインスタグラムで話題になりました。夏は日没が遅いので、美ら海水族館や今帰仁城址に行った帰りに立ち寄っても素敵な写真を撮ることができます。

【名前】民謡居酒屋ちゃんぷるー
【住所】 沖縄県国頭郡今帰仁村字与那嶺524
【電話】0980-56-5858
【営業時間】
月~土:17:30~24:00

太陽の鐘

沖縄本島南部に位置する南城市は、ハート型をしていることから「ハートの町」と呼ばれています。そんな南城市のあざまサンサンビーチにあるのが、ピンク色のハートが付いた「太陽(てぃーだ)の鐘」。鳴らすと恋が成就すると言われているので、恋する女性やカップルなどが訪れる人気のパワースポットとなっています。真っ青な海と空にピンクのハートがよく映えるので、インスタ映え間違いなしの写真が撮れそうです。

【名前】太陽の鐘
【住所】沖縄県南城市知念安座真1141−3
【電話】098-948-3521(あざまサンサンビーチ)

 

BLUE SEAL ICE PARK

沖縄本島中部の浦添市にあるブルーシールアイスクリーム体験型ミュージアムです。建物外壁もアイスクリームをコンセプトにデザインされており、記念撮影に最適です。約70年に及ぶブルーシールアイスクリームの歴史に関する展示やアイスクリーム製造工場の見学以外に、アイスバーを自分のセンスでデコレーションする体験ができます。カラフルでたくさんのフレーバーがあるアイスクリームもインスタ映えしそうですね。

【名前】BLUE SEAL ICE PARK
【住所】沖縄県浦添市牧港5丁目5−6
【電話】098-988-4535
【営業時間】10:00~21:00

chillma(チルマ)

沖縄の恋愛パワースポットとして忘れてはならないひとつが、「恋島」の別名を持つ古宇利島。チルマはそんな古宇利島を望むロケーションに立つ小さなリゾートプライベートヴィラで、全室がオーシャンビューとなっています。崖の上にあるインフィニティプールは海とつながっているかのように見え、写真を撮るにも絶好のスポットです。また、チルマは本島の西側に位置しているので、刻々と色合いを変えていく美しいサンセットを眺めることができます。

【名前】chillma(チルマ)
【住所】沖縄県国頭郡今帰仁村運天
【電話】050-5810-3978
【営業時間】11:00~17:30(フロント受付時間。17:00以降に到着の場合はセルフチェックインが可能)

 

さいごに

沖縄でインスタ映えする写真を撮る時のコツは、色のコントラストやダイナミックな構図を意識することです。それから、沖縄は海風が強いため雲が流れやすく、天気が変わりやすいことにも注意してください。同じスポットでも時間帯やお天気によって雰囲気が変化するので、可能なら違ったタイミングで何度か撮影してみてはいかがでしょうか。