Colorful Instagram

中野栄には東北の歴史と自然に触れ合えるスポットがいっぱい

東北は宮城県仙台市にある中野栄。自然も豊かで静かな地方ですが、水族館やビール・笹かまぼこの工場など楽しめるスポットがたくさんあります。歴史上、貴重な文化財である城跡や寺跡もあり、これらについて詳しく学べる博物館などもあります。海や山の自然に触れる喜びが味わえて、東北の歴史についても学べる、楽しめる要素いっぱいの中野栄です。

仙台うみの杜水族館

中野栄駅の南にある仙台うみの杜水族館は、「人」と「水の流れ」をイメージしたシンボルマークが示す通り、「海と人」のつながりをテーマに運営されています。魚たちが泳ぐ姿を間近に見られる大水槽や、ペンギンやアシカたちとの触れ合い体験ゾーンなど、海に住む生物たちの魅力を満喫できる空間です。中野栄駅からは徒歩なら約15分ほどで到着しますし、便利な無料シャトルバスなら約10分です。

【名前】仙台うみの杜水族館
【住所】宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6番地
【電話】022-355-2222
【営業時間】
9:00~17:30(11/6〜3/16)
9:00~18:30(3/17〜5/2、5/7〜7/8)
8:00~18:30(5/3〜5/6)

 

キリンビール 仙台工場

中野栄駅から仙台港パークをはさんだ南に、キリンビール仙台工場があります。ビールの原料であるホップに触れたり、製造工程を見学して、キリンビールの美味しさの秘密を知ることが出来ます。ビール好きには堪らない試飲コーナーも。アルコールが飲めない人やお子様にはソフトドリンクも用意されています。中野栄駅からは車で約10分、JR仙石線多賀城駅からは無料シャトルバスも運行されています。

【名前】キリンビール仙台工場
【住所】宮城県仙台市宮城野区港2丁目2−1
【電話】022-254-2992
【営業時間】
火〜日:9:00~16:40
休館日:月 (祝日の場合は営業し、次の平日が休館)

東北歴史博物館

東北歴史博物館は中野栄駅から砂押川を渡った北にあります。1974年開設の東北歴史資料館が移転整備され、1999年に開設された博物館です。東北・宮城の歴史と地域文化について学べるよう、旧石器時代から近現代まで、東北地方の歴史・美術工芸品・民俗文化などについて詳しく展示されています。中野栄駅からは車で約7分ほどで到着します。

【名前】東北歴史博物館
【住所】宮城県多賀城市高崎1丁目1−22−1
【電話】022-368-0106
【営業時間】
火〜日:9:30~17:00
休館日:月 (祝・休日の場合は営業し、その翌平日)、年末年始 (12/29〜1/4)

 

多賀城跡

中野栄駅から車で約10分、東北本線をはさんだ北側に広がる史跡が多賀城跡です。多賀城(多賀柵)は国の特別史跡に指定されている、日本の古代城柵です。重要文化財である多賀城碑から徒歩で5〜10分圏内に、館前遺跡、外郭南門跡などが点在しているので、山野の風景も楽しみながら訪ね歩くのがおすすめです。アクセスには中野栄駅からの他、JR東北本線国府多賀城駅からも車で約5分ほどで便利です。

【名前】多賀城跡
【住所】宮城県多賀城市市川城前 市川字田屋場 (国指定重要文化財 多賀城碑)
【電話】022-364-5901 (多賀城市観光協会)

鐘崎笹かま館

鐘崎笹かま館は、中野栄駅から車で約15分ほど南東へ行った所にあります。笹かまぼこが作られている工場が見学できたり、仙台七夕まつりに特有の「七つ飾り」などの展示物を鑑賞できたり、東北地方の文化に触れられるコーナーがたくさんあります。さらに、笹かまぼこや七つ飾りを作る体験も出来ます。色鮮やかな影絵が楽しめる「藤城清治メルヘンサロン」もある鐘崎笹かま館、中野栄に来たら必ず立ち寄りたくなる面白さ満載のスポットです。

【名前】鐘崎笹かま館
【住所】宮城県仙台市若林区鶴代町6-65
【電話】022-238-7170
【営業時間】
月〜日:10:00~18:00 (1〜2月は17:00まで)
定休日:1/1,1/10,1/24,2/7

 

多賀城廃寺跡

多賀城廃寺跡は多賀城と同時期に建てられた付属寺院跡で、中野栄駅から車で約10分ほどの所にあります。東側に三重の塔を、西側に金堂を配置するなど、福岡にある太宰府の付属寺院観世音寺の配置とよく似たつくりになっています。寺跡の周囲には自然が広がっていて、四季それぞれの花や生き物が見られます。訪れる時期によって異なる風景を楽しめるので、中野栄に旅行に来た際には少し足を伸ばして散策してみるのも良いかも知れません。

【名前】多賀城廃寺跡
【住所】宮城県多賀城市高崎1丁目15
【電話】022-364-5901 (多賀城市観光協会)

さいごに

中野栄駅を中心に、まるで予め設計されたかのように広がる様々なお楽しみスポットたち。名産品や史跡など、東北の現在と過去がひしめき合っているような感じです。工場見学や史跡の散策など、楽しみながら東北地方の文化と歴史について学べるのが良いですね。周囲の自然も楽しみながら、四季おりおりに訪れてみたい中野栄です。

  • Tags: