【イタリア】インスタ映え間違いなし!フォトジェニックスポットまとめ!

日本からは飛行機で約13時間。ローマやミラノなど、その地名を聞くだけでもおしゃれで洗練されたイメージがわくイタリアは、日本からの観光客も多く訪れる人気の観光スポットです。

歴史のある街並みは見るだけでもじゅうぶんに楽しめ、ショッピングをするにもカワイイお店が建ち並び、毎日どこかでお買い物をしたくなってしまう、魅力あふれる国イタリア

知らない人はいないんじゃないかというほど有名な観光名所もあちこちにあり、それらすべてがフォトジェニックな国イタリア。なかでも、今回ご紹介するのはインスタ映え間違いなしのスポット6件です。

定番中の定番から、日本人はまだあまり足を運んでいない穴場スポットまで一挙公開!イタリアのフォトジェニックスポット、さっそく見ていきましょう。

リオマッジョーレ

街そのものがフォトジェニックなイタリアにある小さな街、リオマッジョーレ。フィレンツェからだと、電車で約2時間の場所にあります。リグリア海に面したこの街は、世界遺産に登録されたことでハイシーズンには多くの観光客が訪れますが、普段は人口1500人ほどが暮らす、静かな街です。

断崖絶壁に建つカラフルな建物は、言うまでもなくフォトジェニック。思わず「カワイイ!」と声が出てしまう街並ですね。

街全体を眺めたいなら、メインストリートの坂を上ったところにある教会「Church of San Giovanni Battista」まで行くのがおすすめ。この協会から、眺める街の景色はまるで絵画を見ているような美しさです。

ワインの製造を主産業としている街なので、おいしいワインも飲めますし、魚介料理を始め料理もおいしいと料理も評判の街なので、観光に訪れたらぜひおいしいイタリアンを堪能してみてくださいね!

【名前】リオマッジョーレ
【住所】イタリア共和国リグーリア州ラ・スペツィア県
【MAP】

Varenna

コモ湖に面した人口800人ほどの小さな街ヴァレンナミラノの中心地から車で1時間ほど、電車だと2時間ほどで行くことができます。湖を挟んで向かいの街には船で往来しており、港町のような雰囲気もある街ですよ。船から見る街もとっても美しいので、訪れた際にはぜひ船からの景色も楽しんでください!

ヴァレンナは、カラフルな建物や湖面の美しさなど、街全体が絵画のようで、とてもフォトジェニックです。建物と自然の色がうまく融合していて、写真を撮ると誰でもフォトグラファーのように素敵な写真が撮れてしまう街。構図を考えず、思いのままに撮影を楽しめるので、とっても楽しいですよ。

細い路地を曲がればレトロな看板のお店があったり、小さな階段沿いに咲く花がやたらとかわいく見えたり、いちいちインスタ映えする、とっても素敵な街です。小さな街ですが宿泊施設や商店、レストランに教会などもあり、観光するにも便利な街です。

ヴァレンナまでの道のりはトンネルが多いので、道中を写真に撮りたい場合はトンネルを抜けたらすぐ撮影ができるようにスタンバイしておくと良いでしょう。道中の景色も自然がたくさんあって素敵ですよ。

【名前】Varenna(ヴァレンナ)

【住所】イタリア共和国ロンバルディア州レッコ県

サン・ピエトロ大聖堂

イタリアに行ったら、一度は観光で足を運ぶ機会もあるさまざまな協会。その中でも最も有名なのが、バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂ではないでしょうか。

ここはカトリック教の総本山として、世界最大級の大きさを誇る教会建物です。大聖堂前のサン・ピエトロ広場や北側のバチカン宮殿と合わせて見学をするのがスタンダードなコースとなっています。

世界で最も小さい国にある、世界最大級の大聖堂。その姿は荘厳で威厳があり、遠くからでもかなりの存在感を放っているので、到着するまでに見えてくる景色もフォトジェニック。写真に収めておきたい景色です。

近くで見ると装飾の美しさや、歴史を感じる柱一つ一つに魅了されます。写真からでも伝わる威厳と迫力をぜひインスタグラムで発信してみてください!

ちなみに、バチカン市国は神聖な場所なので基本的に軽装はNGです。行くときにはある程度きちんとした服を着て行ってください。とはいえ最近は比較的カジュアルな人も目立ちますので、あまり気を使いすぎる必要はありません。安心して観光して下さい。

【名前】サン・ピエトロ大聖堂

【住所】Piazza San Pietro, 00120 Città del Vaticano, ローマ教皇庁 (バチカン)

【電話】+39 06 6982

トレヴィの泉

こちらもイタリアの超有名観光地。映画「ローマの休日」に登場したことで、世界中で一気に知名度も上がり、今なお世界中からの多くの観光客でにぎわうスポットです。ローマに行ったらぜひ写真を撮りたい場所ですよね!

トレヴィの泉は、後ろ向きにコインを投げ入れると願い事が叶うといわれており、コインを投げ入れる人の姿も良く見られます。ちなみに願い事はコインの枚数で異なるようで、1枚だと「もう一度ローマに来ることができる」、2枚だと「大切な人とずっと一緒にいられる」、3枚だと「恋人や夫・妻と別れることができる」といわれていますよ。

2015年に大規模修繕が終わり、いっそう美しさの増したトレヴィの泉。願い事もかなえられ、フォトジェニックな写真も撮れる、観光には外せないスポットです。

ただし、とにかく人の多いスポットなので、ほかの観光客が写真に写りこんでしまう可能性が高かったり、いい写真を撮るのは困難です。インスタ映えする素敵な写真を撮りたいなら、ねらい目は人が少ない朝か夕刻。広角写真が撮れるカメラを使うとよりきれいに撮れますよ。

それから注意点をもうひとつ。コイントスをする場合にはスリに注意です!!残念ことですが、観光名所ゆえに悪い人も多いようで、トレヴィの泉はスリ多発スポットでもあるんです・・・。撮影に気をとられて油断しないようにしてくださいね。

【名前】トレヴィの泉

【住所】Piazza di Trevi, 00187 Roma RM, イタリア

【MAP】

San Gimignano 1300

サン・ジミニャーノ1300は、サン・ジミニャーノという街にある歴史博物館です。2010年オープンと比較的新しい博物館ですが、教育的価値が高いとイタリア・ユネスコ国内委員会からの評価も受けており、イタリア人だけでなく外国人観光客からも注目の高い博物館なんですよ。

サン・ジミニャーノ自体が世界遺産に登録されている街なので、街を見学に来た人たちが博物館にも足を運んでいるようです。

博物館の特徴は、中世のサン・ジミニャーノの街並をミニチュアで再現しているという点。ミニチュアは当時の生活の様子も再現されるなど精巧な作りになっており、規模も大きいため迫力があります。写真に撮れば街全体を映したパノラマ写真のようになりインスタ映えも期待できます!

この街の歴史を知らなくても楽しめますが、ここを訪れてから町を散策すれば街の形状を感じながら観光できてより楽しめますよ。

【名前】San Gimignano 1300(サン・ジミニャーノ1300)

【住所】Via Costarella, 3, 53037 San Gimignano SI, イタリア

【電話】+39 327 439 5165

【営業時間】10時00分~17時00分

【定休日】無休

まとめ

イタリアのフォトジェニックスポット、いかがでしたか。建物や街並みが本当にきれいで、いちいち写真を撮りたくなってしまいますよね。ヨーロッパには美しい街並みの国がたくさんありますが、カラフルな色使いはやはりイタリアが一番ではないでしょうか。

インスタ映え間違いなしのイタリアのフォトジェニックスポットは、世界中から多くの人が足を運ぶスポットでもあり、世界中の人がインスタにアップしている場所です。イタリアに行ったらフォトジェニックスポットインスタ映えする写真を撮って、世界に発信しちゃいましょう!!